浦河沖地震とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 自然現象 > 地震 > 日本の地震 > 浦河沖地震の意味・解説 

浦河沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 03:46 UTC 版)

浦河沖地震(うらかわおきじしん)は、1982年(昭和57年)3月21日午前11時32分06秒に北海道日高支庁浦河郡浦河町南西沖20km(北緯42度4分、東経142度36分、深さ40km)を震源として発生した。地震の規模を示すMは7.1(Mw 6.9)。




  1. ^ 新井健司(1984)、「1982年3月21日浦河沖地震に伴う地殻変動」 『地理学評論Ser. A』 1984年 57巻 12号 p.821-830, doi:10.4157/grj1984a.57.12_821
  2. ^ 武尾ほか(1983)
  3. ^ 1982年浦河沖地震港湾被害報告 港湾空港技術研究所 資料 0472 1983年12月
  4. ^ 北海道の「イワシ大量死」に大騒ぎ 大地震の予兆などの声も ZAKZAK(夕刊フジ)2014年11月11日


「浦河沖地震」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浦河沖地震」の関連用語

浦河沖地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浦河沖地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浦河沖地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS