積丹半島沖地震とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 積丹半島沖地震の意味・解説 

積丹半島沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/22 23:12 UTC 版)

積丹半島沖地震(しゃこたんはんとうおきじしん)(別名:神威岬沖地震)とは、1940年8月2日0時8分に発生した。積丹半島沖の日本海を震源とするM7.5(Mw7.4-7.6)の地震で、震央は北緯44°21.53’ 東経139°49.03’の忍路海山付近である[1]。この地震の後、付近では1943年積丹半島北西沖地震(M6.1)や、1947年留萌西方沖地震(M6.7)などが発生している。更に、南の領域では1993年北海道南西沖地震(M7.8)も発生した。




  1. ^ 1940/08/02の地震 気象庁震度データベース
  2. ^ 過去に発生した道内各地域の主な地震被害 北海道庁
  3. ^ 島村英紀、森谷武男 『北海道の地震』 北海道大学図書刊行会、1994年、p43。
  4. ^ 積丹半島沖地震(1940年) 内閣府 北海道南西沖地震教訓情報資料集[リンク切れ]
  5. ^ 池原研、板木拓也、保柳康一、深海底タービダイトからみた 1940 年積丹半島沖地震震源域周辺の地震発生間隔 日本地質学会学術大会講演要旨 110, 27, 2003-09-10


「積丹半島沖地震」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「積丹半島沖地震」の関連用語

積丹半島沖地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



積丹半島沖地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの積丹半島沖地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS