紀伊大和地震とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 紀伊大和地震の意味・解説 

紀伊大和地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 09:09 UTC 版)

紀伊大和地震(きいやまとじしん)とは、1899年明治32年)3月7日に発生したマグニチュード6.9 - 7.0の地震である[1]。奈良県・三重県の県境付近の深さ40 - 50km程のフィリピン海プレート内での地震であったとされている[2][3]




  1. ^ 神田克久,武村雅之:南海トラフ沿いの沈み込むスラブ内で発生した歴史地震の震度による地震規模推定 歴史地震・第28号(2013) (PDF)
  2. ^ 三重県の地震活動の特徴”. 地震調査研究推進本部(文部科学省管轄). 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 奈良県の地震活動の特徴”. 地震調査研究推進本部. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 三重県在住の皆様へ | 都道府県別の地震発生状況”. 東京海上日動. 2017年12月22日閲覧。
  5. ^ 東南海地震から50年 尾鷲市役所


「紀伊大和地震」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紀伊大和地震」の関連用語

紀伊大和地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紀伊大和地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紀伊大和地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS