新ひだか町とは? わかりやすく解説

新ひだか町

読み方:シンヒダカチョウ(shinhidakachou)

所在 北海道日高郡

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

新ひだか町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/31 04:56 UTC 版)

新ひだか町(しんひだかちょう)は、北海道日高振興局管内にある日高郡。2006年、静内町三石町が合併することによって誕生した。


  1. ^ 静内 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2024年3月29日閲覧。
  2. ^ 三石 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2024年3月29日閲覧。
  3. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》』(CSV)(レポート)総務省、2017年1月27日https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files/data?fileid=000007841019&rcount=12017年5月20日閲覧 ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  4. ^ “特例法の「恩恵」亀裂生む 新冠・静内・三石”. 朝日新聞. (2004年12月15日) 
  5. ^ 静内研究牧場”. 北海道大学. 2020年10月27日閲覧。
  6. ^ 日高線(鵡川・様似間)の廃止日繰上げの届出について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2021年1月5日。 オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210105050338/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210105_KO_hidakahaishi0401.pdf2021年1月5日閲覧 
  7. ^ 鉄道事業の一部廃止の日を繰上げる届出について』(PDF)(プレスリリース)国土交通省北海道運輸局、2021年1月5日。 オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210105055746/https://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/press/presspdf/202101/20210105.pdf2021年1月5日閲覧 
  8. ^ 日高地域広域公共バス時刻表” (PDF). 浦河町. 2021年4月21日閲覧。
  9. ^ 浅井建爾 2001, p. 127.
  10. ^ 浅井建爾 2001, pp. 132–133.
  11. ^ a b c d e 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 22–23.
  12. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 8.
  13. ^ 北海道 日高”. NHK (2022年11月4日). 2022年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月28日閲覧。


「新ひだか町」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新ひだか町」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

新ひだか町のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新ひだか町のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新ひだか町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS