オグリキャップとは?

オグリキャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 02:15 UTC 版)

オグリキャップOguri Cap1985年3月27日 - 2010年7月3日)は、日本競走馬種牡馬である。「平成三強」の一頭。第二次競馬ブーム期に、ハイセイコーに比肩するとも評される[1]高い人気を得た。 1988年度のJRA賞最優秀4歳牡馬[† 1]1990年度のJRA賞最優秀5歳以上牡馬および年度代表馬[† 1]1991年JRA顕彰馬に選出。愛称は「オグリ」、「芦毛の怪物」など多数。




オグリキャップ血統ネイティヴダンサー系 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ネイティヴダンサー系
[§ 2]

*ダンシングキャップ
Dancing Cap 1968
芦毛 アメリカ
父の父
Native Dancer 1950
芦毛 アメリカ
Polynesian Unbreakable
Black Polly
Geisha Discovery
Miyako
父の母
Merry Madcap 1962
Dark Bay or Brown[209]あるいは黒鹿毛[210]
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Croft Lady Golden Cloud
Land of Hope

ホワイトナルビー 1974
芦毛 北海道新冠町
*シルバーシャーク
Silver Shark 1963
芦毛 アイルランド
Bussion Ardent Relic
Rose o'Lynn
Palsaka Palestine
Masaka
母の母
ネヴァーナルビー 1969
黒鹿毛
*ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
センジュウ *ガーサント
スターナルビー
母系(F-No.) 7号族(FN:7-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah4×5、Nearco5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBIS オグリキャップ5代血統表2015年4月29日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com オグリキャップ 5代血統表2016年8月15日閲覧。
  3. ^ JBIS オグリキャップ5代血統表2015年4月29日閲覧。
  4. ^ JBIS オグリキャップ5代血統表2015年4月29日閲覧。
[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b JRA賞の部門名はいずれも当時の名称。
  2. ^ ホワイトナルビーを繋養していた稲葉牧場については小栗に賛同して鷲見を説得した(渡瀬1992 pp.60-61)とも、そもそもダンシングキャップとの交配を提案したのは稲葉牧場だった(光栄出版部(編)1996 pp.101)とも、一旦は交配を躊躇したものの小栗に押し切られる形で同意した(山本1992 pp.61-65)ともされる
  3. ^ 笠松競馬場の調教師後藤義亮の妻が笠松競馬の馬主会の支援を受けて運営していた育成牧場。現在は閉鎖されている。
  4. ^ 地方競馬では、1990年まで馬名について促音拗音の使用が認められていなかったため。なお、発音は「オグリキャップ」である。
  5. ^ 中央競馬時代のオグリキャップの診察を担当し、その心臓がいわゆるスポーツ心臓であったと指摘している獣医師の吉村秀之は、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀 特別企画「競走馬・オグリキャップ」』でのインタビューで、このハイペースの起用がオグリキャップにスポーツ心臓を与えることになったと推測している。
  6. ^ 理由は三浦が人間関係に苦しんで厩務員を辞めたため(渡瀬1992 pp.96-97)。
  7. ^ 蹄叉腐乱はひづめの手入れを怠ったことが原因で発症する疾病であるため、川瀬は三浦を気遣い、この事実をオグリキャップの引退からおよそ15年後の2005年に出版された『#東邦出版(編)2005いま、再びオグリキャップ』において初めて明らかにした。(東邦出版(編)2005 p.71)。
  8. ^ 走破タイムは中央競馬の古馬500万下に相当するものであった。(『光栄出版部(編)1996 p.108)
  9. ^ 小栗は1994年に行われた杉本清との対談で、ダンシングキャップ産駒の特徴である発馬の悪さを理由に1200万円での売却を検討したが、交渉がまとまらなかったと述べている[20]
  10. ^ 実際に小栗はオグリキャップが優勝したレースの記念撮影に加わっている(渡瀬1992 p.404)
  11. ^ ただし鷲見は中央移籍後のオグリキャップのレースは積極的に観戦しており、ペガサスステークスを除きすべて競馬場で観戦した(東邦出版(編)2005 p.80)。
  12. ^ 調教師の瀬戸口は「期待半分不安半分」、厩務員池江敏郎は「最初だし、GIIIで2、3着に来てくれたら充分」、騎手の河内洋は「強いことは確かだと思った。でも、どこまで強いかは未知数」と思っていた(渡瀬1992 pp.137-139)。
  13. ^ なお、競馬マスコミの一部にはGIの宝塚記念古馬と戦うべきだという意見もあった(渡瀬(2002)p.153)
  14. ^ 笠松競馬場時代には、3歳時に10戦目の師走特別で古馬と対戦している。
  15. ^ 従来の記録は1972年ハイセイコーが記録した4連勝
  16. ^ この記録は2000年に重賞8連勝を達成したテイエムオペラオーによって破られた後、2018年にJRA障害競走重賞を9連勝したオジュウチョウサンによって再度更新されている。
  17. ^ 天皇賞(春)と宝塚記念
  18. ^ ただしレース10日前の12月15日には、岡部幸雄の提案により、スクーリングのために有馬記念が行われる中山競馬場調教が行われた(渡瀬1992 pp.190-191)。
  19. ^ メジロマックイーンディープインパクト (競走馬)などを管理した池江泰郎の兄。
  20. ^ 超音波治療機による治療は以後、温泉療養施設以外の場所でも常に行われた。
  21. ^ 騎乗した南井はレース後、「中距離のゆるい流れのレースばかり使っていたので、マイル戦の速い流れに苦労したのでしょう。」と回顧している。(有吉・栗原1991 p.130)
  22. ^ ただし、競馬における計時方法(計測開始時点が異なる)、計測単位(1/100秒〜1/5秒)などは国・州などによって異なる。
  23. ^ 同タイムで走破したのに敗れたことから、ホーリックスが南半球オセアニア産馬であることに引っ掛けて「北半球最速馬」と言う呼び方をしたファンもいた。
  24. ^ 体調の不安は関係者も感じており、パドックでは厩務員の池江がオグリキャップの歩く力の弱さを感じ、また笠松時代の調教師であった鷲見がオグリキャップを見て、馬主の近藤に対して「疲れきっとるようです。休ませんと可哀相です」と言った(渡瀬1992 pp.265-266)
  25. ^ 佐橋は一時、アメリカで馬主資格を取得してオグリキャップを移籍させることや、競走馬を引退させ種牡馬にすることも考えたが、断念した(有吉・栗原1991 pp.96-98)。
  26. ^ なお、佐橋と近藤の間にはオグリキャップが種牡馬となった際に佐橋が近藤に対し何らかの利益を得るという口約束も交わされており、実際にオグリキャップが引退した後、佐橋の所有する種付け権1株が近藤に無償で譲渡された(渡瀬1992 pp.204,470)。
  27. ^ 山本徹美によると1989年のジャパンカップ終了後、近藤は佐橋に翌1990年のローテーションについて相談をしている(山本1992 pp.212-213)
  28. ^ なお、近藤は購入時点で24年間中央競馬の馬主資格を保持していたが一度も重賞を優勝したことがなく、どうしても中央競馬の重賞やGIを勝ちたいということが購入の動機としてあった(山本1992 p.175、有吉・栗原1991 p.100)。
  29. ^ 栗東トレーニングセンターの競走馬診療所に勤務していた獣医師の松本実は「京都で走って、東京へ輸送して、そしてすぐにレースに臨むというのは、馬にとっては相当にこたえること」であり、「常識的に考えればちょっと過酷」と述べた。(渡瀬1992 p.234)
  30. ^ 競馬評論家の大川慶次郎は、「ああ、オグリはもう今年で終わりだな」と思ったと述べている(光栄出版部(編)1996 p.112)
  31. ^ ライターの藤井幸介は「無茶苦茶だ」、「人の欲にまみれた使い方だ」と陣営を非難した(光栄出版部(編)1996 p.56)
  32. ^ なお、2代目の馬主であった佐橋はオグリキャップの賞金獲得額を世界歴代1位にすることを目標とし、「馬に対する馬主の責任」と述べていた(渡瀬1992 p.123)。また3代目の馬主であった近藤も、10億円をクリアすれば世界一として国際的に認められると述べ、また「ルドルフに強さではかないません。でも、ルドルフができなかったことはやってみたい。ぜひ、アメリカで勝たせたい」と述べた(渡瀬1992 p.307、有吉・栗原1991 p.151)。
  33. ^ 直前になってスーパークリークは脚部の故障を理由に出走を回避した。
  34. ^ 引退論は競馬ファンやマスコミのほか、翌年から種牡馬となることが決定していたオグリキャップの種付け権を持つ者からも上がった。(渡瀬1992 p18、348-349、432、光栄出版部(編)1996 p.69)
  35. ^ 当時200人強いたとされるスポーツ紙、競馬専門紙の予想家の中でオグリキャップに本命の◎を打ったのはわずかに4人だけであった(第35回有馬記念復刻版DVD 鈴木淑子の有馬記念回顧)。
  36. ^ 競馬評論家の大川慶次郎は、この時期のオグリキャップの体調は一貫して悪かったとしており、天皇賞(秋)の前に栗東トレーニングセンターでオグリキャップを見て体調が悪いと判断し、以降一貫して予想において無印とした(大川1997 pp.147-148)
  37. ^ 鷲見昌勇は天皇賞(秋)の後栗東トレーニングセンターでオグリキャップを見た際、「馬(の体)が寂しく見えた。疲れが抜けておらんのやないか」という印象を抱いた(渡瀬1992 p.400)。
  38. ^ この年の秋は以前ほどの気迫を感じなかったと述べている(渡瀬1992 p.346)
  39. ^ ジャパンカップの前には馬がおとなしすぎる、昔ほど気合が乗ってこないと述べていた(渡瀬1992 p.417)
  40. ^ ストレスが原因で食欲が落ちているとも報道された(渡瀬1992 p.378)
  41. ^ なお、ジャパンカップの前には厩舎スタッフからの要望によりマスコミの取材は自粛され(渡瀬1992 p.416)、さらに有馬記念の前には馬主の近藤が関係者以外の厩舎への立ち入りをすべて禁止した(渡瀬1992 p.427)。
  42. ^ 「元気なころのオグリとは様子が違う」「今のオグリとなら、うちのオースミでも勝負になるような気がする」と述べた。(渡瀬1992 p.438)
  43. ^ 「なんか元気ないね。昔は怖いくらいの迫力があったもんや。それが全然感じられんもんな」と述べた(渡瀬1992 p.439)
  44. ^ 2017年にNHKで放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀 特別企画「競走馬・オグリキャップ」』でのインタビューに、吉村はサラブレッドの安静時の心拍数は一般的に30~40と言われているが、オグリキャップの場合はそれが24~27と低かったことを証言している。同時に池江がもっと伸ばしたかったという温泉療養施設での休養について「あの休養はむしろオグリの心肺機能を落とす結果になったんじゃないか」と指摘している。
  45. ^ オグリキャップがスポーツ心臓を失った原因に関して吉村は、休養の影響以外にも取材の過熱によって受けたストレスによる自律神経失調症を疑っていた(渡瀬1992 pp,407-408)。
  46. ^ 安藤によると、久々に間近で見たオグリキャップは笠松時代よりも10cmほど体高が高くなっていたという(安藤2003、p.110)。
  47. ^ 安藤によると、当初は1周する予定であったが、あまりの乗り味の良さに2周したという(安藤2003、p.111)。
  48. ^ 施行条件は、かつてオグリキャップが優勝したマイルチャンピオンシップと同じ京都競馬場芝1600m。
  49. ^ 種牡馬登録自体は抹消されておらず、去勢もされていない。種付け料はプライベートとなっていた。
  50. ^ ミンナノアイドル
  51. ^ 2015年以降種付けは無いが、2017年度も種牡馬登録は続行している
  52. ^ 4月29日には後述のオグリキャップ記念と、「芦毛伝説オグリキャップ賞」と銘打たれた芦毛馬限定のレースが開催された。
  53. ^ オグリキャップが見学再開。見学マナーの厳守を![リンク切れ]
  54. ^ 初めて調教で騎乗した時に「4歳なのに古馬のようなどっしりした落ち着きがある」と感じた(渡瀬1992 p.137)
  55. ^ 「ひとつ年齢が違うみたいに落ちついていて利口な馬」と評した(渡瀬1992 p.191)
  56. ^ このことについてヤエノムテキの厩務員(持ち乗り調教助手)の荻野功は「オグリキャップみたいな馬は信じられん」と述べている。(渡瀬1992 p.319)
  57. ^ タマモクロスの管理調教師であった小原伊佐美は、タマモクロスとオグリキャップを比較して「タマモクロスは神経が細くて、やんちゃな馬だけど、向こうはドシッとして落ち着きがある。年齢とは反対に、オグリが中学生としたらうちのクロスは小学生みたいに見えた」と評価し、「二頭のうちどちらに乗りたいかと聞かれたら、迷わずオグリキャップと答えるでしょう」と述べた。(渡瀬1992 p.200)
  58. ^ 1989年のジャパンカップでホーリックスに騎乗したランス・アンソニー・オサリバンは、オグリキャップがゴール板を過ぎた後もホーリックスの前へ出ようとする様子を見て、「あの勇気、真の意味で、レースホースと呼べるでしょう。ベスト・ルッキング・ホースであり、ベスト・レース・ホースです。一度でいいから、あんな馬に乗ってみたい」と評した。(渡瀬1992 p.252)
  59. ^ バンブーメモリーの管理調教師であった武邦彦は、オグリキャップを「オグリはレースに出ればいつでも一生懸命に走る。そこが偉い」と評した。(渡瀬1992 p.355)
  60. ^ 笠松競馬場在籍時に主戦騎手を務めた安藤勝己は、最初から人の意思や競馬の仕組みを理解していたと述べている(安藤2003、pp.110-111)。
  61. ^ 笠松時代の担当厩務員(2代目)であった川瀬友光は、運動をさせるときはおとなしく利口で、なんと扱いやすい馬かと思ったと述べている(渡瀬1992 p.97)。
  62. ^ オグリキャップの調教を担当した調教助手の辻本光雄は、同馬の一番の長所として学習能力の高さ(同じ物に二度物見をしない、一度叱られると同じことをしない、など)を挙げた。(東邦出版(編)2005 pp.114-115)
  63. ^ 栗東トレーニングセンターでオグリキャップの診察を担当していた獣医師の吉村秀之は、オグリキャップが厩舎の馬房の隅でじっと動かずにいることが多かったことについて、無駄な労力を使わないためであり賢さの現れとしている。(渡瀬1992 pp.160-161)
  64. ^ 中央競馬時代の担当厩務員であった池江敏郎はオグリキャップについて、池江が厩舎に通勤する時に乗っていた車のエンジン音を聞き分けるなど賢い馬だったと述べている(渡瀬1992 p.286)。
  65. ^ 出血の予防と治療のために厩務員の池江は常にかかとに薬を塗っていた。
  66. ^ 時期はニュージーランドトロフィー4歳ステークス出走後。以降対策として爪の成長を促すためゼラチンが投与された。
  67. ^ 調教助手の荻野功は「サラブレッドは一度故障したらもろいもんやけどね、それが立ち直って、いつも全力投球しとるんやから頭が下がる」、「あのタフさは、怪物どころやないよ。化け物や」と評した。(渡瀬1992 p.358)
  68. ^ 調教師の高松邦男は、過密なローテーションで出走するオグリキャップについて「よく壊れないものだと感心させられ(る)」、「オグリの持っている生命力そのものが凄い」と評した。(渡瀬1992 p.349)
  69. ^ 通常調教は騎手や調教助手が行うが、ダンシングキャップの産駒はゲート試験(ゲートをスムーズに出られるかどうかの試験)を合格しないものが多かったため、鷲見自ら行うこととした。
  70. ^ 競馬場の改装のために入場制限が行われていた1988年、1989年の有馬記念、前年の施行競馬場が異なる1989年のオールカマーについては比較対象から除外
  71. ^ 当時、中京競馬場の電光掲示板には9億9999万9900円まで表示が可能であったが、10億を超える(最終的な売上額は10億9088万3300円)売り上げを記録したことによる。
  72. ^ 1988年の京都4歳特別、ニュージーランドトロフィー4歳ステークス、毎日王冠、天皇賞(秋)、有馬記念、1989年のオールカマー、天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップ、有馬記念、1990年の安田記念、宝塚記念、天皇賞(秋)
  73. ^ 例えば武とオグリのコンビが初めて実現した1990年の安田記念では、女性の観客が前年の約2倍の1万3488人に増え(山本1992 p.229)、同年の有馬記念当日は総入場者数17万7779人中、全体の10%近くを占める1万5375人の女性客が入場した(駿を愛する会(編)1991 )。これは有馬記念史上初の記録で(ありがとうオグリキャップ、p.42)、その2年前はわずか2%であった(駿を愛する会(編)1991 )。また東京競馬場で行われたオグリキャップの引退式当日(1991年1月27日)の女性の入場者数は前年比385.5%増の9456人であった(東邦出版(編)2005 p.28)。
  74. ^ 株式会社アバンティー。佐橋はオグリキャップの競走馬名を商標登録し、さらに形態を意匠登録したため、ぬいぐるみ以外のグッズの商品化の権限もアバンティーが握っていた。(渡瀬1992 pp.370,390。山本1992 pp.209-211)
  75. ^ 対象はJRA賞の投票委員、引退した中央競馬の調教師、競走馬生産者、JRA職員OB、競馬ファンの著名人
  76. ^ 高橋は研修のため、青木は脱臼のため。
  77. ^ 野平は具体的な理由として、逃げたダイナカーペンターを深追いし速いペースで走行したことと、スタート後手綱をしごいてまで2番手につけた結果折り合いを欠いたことを挙げた
  78. ^ 安田記念のパドックでは武に対し「オグリのこと嫌いだったんじゃないのか」という罵声が浴びせられ(渡瀬1992 p.300)、「武は降りろ。オグリを南井に返せ」という横断幕が掲げられた(サラブレ編集部(編)2007 p.227)。
  79. ^ ただしスーパークリークはレース1週間前に故障を発症して出走を取り消し、レース当日はシンウインドに騎乗した。
  80. ^ ハツ子は増沢の初勝利馬ワンスターの馬主でもあった。

出典

  1. ^ a b 関口2003 p.15
  2. ^ 光栄出版部(編)1996 pp.103-104、競馬ボロボロ読本 pp.102-103
  3. ^ 山本1992 pp.60-63
  4. ^ 渡瀬1992 p.62
  5. ^ 渡瀬1992 p.63。
  6. ^ 渡瀬1992 p.64
  7. ^ 渡瀬1992 pp.66-67
  8. ^ 渡瀬1992 p.67
  9. ^ 渡瀬1992 pp.84-85
  10. ^ 渡瀬1992 p.86
  11. ^ 渡瀬1992 p.88
  12. ^ 渡瀬1992 p.89
  13. ^ 光栄出版部(編)1996 p.18
  14. ^ 渡瀬1992 p.93、光栄出版部(編)1996 p.18
  15. ^ 東邦出版(編)2005 p.69
  16. ^ 東邦出版(編)2005 pp.70-71
  17. ^ 渡瀬1992 p.117
  18. ^ 渡瀬1992 p.107
  19. ^ 光栄出版部(編)1996 p.108
  20. ^ 「杉本清の競馬対談(116) ゲスト 小栗孝一さん」、『優駿』、日本中央競馬会、1994年11月、 83頁。
  21. ^ 渡瀬1992 pp.112-115,118-119、有吉・栗原1991 p.20
  22. ^ 山本1992 pp.131-132
  23. ^ 渡瀬1992 pp.117-118
  24. ^ 東邦出版(編)2005 p.71
  25. ^ a b 渡瀬1992 p.139
  26. ^ 渡瀬1992 pp.142-144、光栄出版部(編)1996 pp.34-35
  27. ^ 光栄出版部(編)(1996)pp.36-37
  28. ^ 有吉・栗原(1991) p.45
  29. ^ 光栄出版部(編)(1996)pp.38-39
  30. ^ 渡瀬1992 pp.158-159
  31. ^ 有吉・栗原1991 pp.62-63
  32. ^ 渡瀬1992 pp.165-166
  33. ^ 渡瀬1992 p.166
  34. ^ 渡瀬1992 p.178
  35. ^ 渡瀬1992 p.178
  36. ^ 有吉・栗原1991 pp.72-73,76
  37. ^ 渡瀬1992 pp.188-190
  38. ^ 渡瀬1992 p.186
  39. ^ 渡瀬1992 pp.144-145
  40. ^ 渡瀬1992 p.150
  41. ^ 渡瀬1992 p.153
  42. ^ 東邦出版(編)2005 p.103
  43. ^ 光栄出版部(編)1996 pp.34-35
  44. ^ 渡瀬1992 pp.205-208
  45. ^ 渡瀬1992 p.210、有吉・栗原1991 pp.102-103
  46. ^ 有吉・栗原1991 p.106
  47. ^ 木村幸1997、43頁。
  48. ^ 渡瀬1992 p.218
  49. ^ 渡瀬1992 pp.218-219
  50. ^ 光栄出版部(編)1996 pp.52-53
  51. ^ a b ありがとうオグリキャップ、p.42
  52. ^ 渡瀬1992 p.237
  53. ^ サラブレ編集部(編)2007 pp.220-229
  54. ^ 渡瀬1992 pp.259-260
  55. ^ 渡瀬1992 pp.273-274
  56. ^ 渡瀬1992 pp.162-163
  57. ^ 有吉・栗原1991 pp.99-100、山本1992 pp.174-176
  58. ^ 競馬ボロボロ読本 p.107
  59. ^ 渡瀬1992 pp.203-204
  60. ^ 有吉・栗原1991 p.101
  61. ^ 有吉・栗原1991 pp.100-101
  62. ^ 渡瀬1992 p.203、有吉・栗原1991 p.98
  63. ^ 有吉・栗原1991 p.107
  64. ^ 瀬戸1997 、第5話
  65. ^ 渡瀬1992 p.239
  66. ^ 渡瀬1992 p.240
  67. ^ 渡瀬1992 p.239
  68. ^ 渡瀬1992 p.239
  69. ^ a b c ありがとうオグリキャップ、p.46
  70. ^ 木村幸1997、47頁。
  71. ^ 渡瀬1992 p.275
  72. ^ 渡瀬1992 pp.307-308
  73. ^ 有吉・栗原1991 pp.152-154
  74. ^ 渡瀬1992 pp.342-344
  75. ^ 渡瀬1992 p.347、山本1992 p.251
  76. ^ 渡瀬1992 p.19、山本1992 p.256
  77. ^ 渡瀬1992 p.24
  78. ^ 阿部2003、82頁。
  79. ^ 渡瀬1992 p.346
  80. ^ 渡瀬1992 p.390
  81. ^ 藤野1994、p.193
  82. ^ 渡瀬1992 p.376
  83. ^ 渡瀬1992 p.497
  84. ^ 木村幸1997、14頁。
  85. ^ 藤野1994、p196
  86. ^ 渡瀬1992 p.136
  87. ^ 渡瀬1992 pp.407-408,429-430
  88. ^ 渡瀬1992 pp.389,466
  89. ^ 渡瀬1992 p.448
  90. ^ 渡瀬1992 p.469
  91. ^ 武・島田2007、pp.31-32・50-51
  92. ^ 大川1997 pp.149-150
  93. ^ 関口2003 p.18
  94. ^ 有吉・栗原1991 p.178
  95. ^ 有吉・栗原1991 p.175
  96. ^ 渡瀬1992 p.466
  97. ^ 渡瀬1992 p.459
  98. ^ 安藤2003、pp.110-111
  99. ^ 渡瀬1992 p.459
  100. ^ オグリキャップの競走成績”. netkeiba.com. 2016年7月15日閲覧。
  101. ^ 渡瀬1992 p.348
  102. ^ 河村2003、228頁。
  103. ^ 木村光1998 pp.169-171
  104. ^ 名馬オグリの子、最後の現役が姿消す[リンク切れ]
  105. ^ 読売新聞 2009年6月1日
  106. ^ ホッとニュース「オグリ『最後の子』 金沢競馬で現役」” (日本語). 北國新聞 (2012年1月24日). 2012年7月2日閲覧。
  107. ^ ホッとニュース「オグリ現役最後の息子、安楽死 金沢競馬、レース中故障」” (日本語). 北國新聞 (2012年7月2日). 2012年7月2日閲覧。
  108. ^ 登録審査の概況報告(静内地区)
  109. ^ http://www.sponichi.co.jp/gamble/yomimono/bloodtopic/kiji/K20140910008901980.html
  110. ^ 東邦出版(編)2005 p.166
  111. ^ オグリキャップ号が死亡[リンク切れ]
  112. ^ オグリさらば…アイドルホース25歳で死す
  113. ^ オグリキャップ急死…さらば芦毛の怪物[リンク切れ]
  114. ^ 芦毛の怪物オグリ死す、放牧中骨折で安楽死[リンク切れ]
  115. ^ Death of Japan's 1980s legend Oguri Cap - レーシングポスト 2010年7月19日閲覧。
  116. ^ 笠松場内に「オグリキャップたてがみ記念碑」完成” (日本語). KEIBA.GO.JP. 2014年8月29日閲覧。
  117. ^ オグリキャップ号への献花・ご記帳について” (日本語). 岐阜県地方競馬組合. 2010年8月19日閲覧。[リンク切れ]
  118. ^ オグリキャップ、デビューの笠松に献花台 惜別にファン続々” (日本語). ZAKZAK (2010年7月5日). 2010年8月19日閲覧。[リンク切れ]
  119. ^ オグリキャップ号お別れ会にご参加頂き誠にありがとうございました” (日本語). 岐阜県地方競馬組合 (2010年7月19日). 2010年8月19日閲覧。[リンク切れ]
  120. ^ a b オグリキャップ号 追悼行事のお知らせ” (日本語). JRAニュース. 日本中央競馬会 (2010年7月7日). 2010年8月19日閲覧。[リンク切れ]
  121. ^ a b オグリお別れ会で安藤勝「楽しい相棒だった」” (日本語). netkeiba.com (2010年7月29日). 2010年8月19日閲覧。
  122. ^ オグリキャップ専用放牧地の前に献花台が用意される” (日本語). JBBA. 2010年8月19日閲覧。
  123. ^ 門別競馬場でオグリキャップ追悼競走を実施” (日本語). JRAニュース. 日本中央競馬会. 2010年8月19日閲覧。[リンク切れ]
  124. ^ 勝馬投票券に「オグリキャップ追悼」の文字を記載” (日本語). 馬産地ニュース. JBBA. 2010年8月19日閲覧。
  125. ^ 「門別でもオグリキャップの追悼競走を実施」ほか” (日本語). 日経ラジオ社 (2010年7月16日). 2010年8月19日閲覧。
  126. ^ オグリキャップのお別れ会が行われる” (日本語). netkeiba.com (2010年7月29日). 2010年8月19日閲覧。
  127. ^ 有馬記念当日はオグリキャップメモリアルデー!【第5回中山競馬 オグリキャップメモリアルイベント】” (日本語). JRAニュース (2010年11月26日). 2010年11月26日閲覧。[リンク切れ]
  128. ^ 芦毛の雄姿再び オグリ一周忌で銅像除幕式 - スポーツニッポン、2011.7.3
  129. ^ 渡瀬1992 p.60
  130. ^ 渡瀬1992 pp.134,299
  131. ^ 渡瀬1992 pp.93-95
  132. ^ 渡瀬1992 pp.265-266
  133. ^ 山本1992 pp.180-181
  134. ^ 渡瀬1992 p.342
  135. ^ 渡瀬1992 pp.219-220
  136. ^ 東邦出版(編)2005 p.89
  137. ^ a b 優駿増刊号 TURF p.14
  138. ^ 渡瀬1992 pp.94-95
  139. ^ 有吉・栗原1991 pp.77-78
  140. ^ 有吉・栗原1991 pp.81,122
  141. ^ 安藤2003、p.104
  142. ^ 渡瀬1992 pp.135-136
  143. ^ 光栄出版部(編)1996 p.105
  144. ^ 有吉・栗原1991 pp.18-19
  145. ^ 渡瀬1992 p.92
  146. ^ 東邦出版(編)2005 p.68
  147. ^ 光栄出版部(編)1996 p106
  148. ^ 光栄出版部(編)1996 p.106
  149. ^ 有吉・栗原1991 p.18
  150. ^ 渡瀬1992 p.181。山本1992 p.152
  151. ^ 渡瀬1992 p238
  152. ^ 渡瀬1992 pp.197,238,310、有吉・栗原1991 p.108
  153. ^ 渡瀬1992 p.181
  154. ^ 有吉・栗原1991 p.83
  155. ^ 有吉・栗原1991 pp.88,91
  156. ^ 東邦出版(編)2005 p.101
  157. ^ 大川1997 pp.149-150
  158. ^ 渡瀬1992 p.168
  159. ^ 有吉・栗原1991 p.63
  160. ^ a b ありがとうオグリキャップ、p.43
  161. ^ 武・島田2007、p.31
  162. ^ 大川1997 p147、大川1998 p310
  163. ^ 大川1997 p.146
  164. ^ 光栄出版部(編)1996 p.113
  165. ^ 東邦出版(編)2005 p.57
  166. ^ 有吉・栗原1991 pp.88-89
  167. ^ 岡部2006 p.10
  168. ^ 市丸1994 pp.30-34
  169. ^ サラブレ編集部(編)2007 pp.220-229
  170. ^ 東邦出版(編)2005 p.132-133
  171. ^ ありがとうオグリキャップ、p.49
  172. ^ 渡瀬1992 p.10
  173. ^ 東邦出版(編)2005 p.139
  174. ^ ありがとうオグリキャップ、p.13
  175. ^ 岩手競馬の現状について、1頁。
  176. ^ 大川1998 p.306
  177. ^ 瀬戸1997 、第1話
  178. ^ 東邦出版(編)2005 pp.117-122
  179. ^ 渡瀬1992 p.154、有吉・栗原1991 pp.48-49
  180. ^ 朝日新聞論説委員室2011、18頁。
  181. ^ 渡瀬1992 p.266
  182. ^ 地方競馬場所属の名馬たち- オグリキャップ号” (日本語). 地方競馬まるごと. 2010年8月13日閲覧。
  183. ^ 渡瀬1992 pp.243-244
  184. ^ 駿を愛する会(編)1991
  185. ^ 山本1992 pp.207-211
  186. ^ 関口2003 p.18
  187. ^ 光栄出版部(編)1995 p.145
  188. ^ 光栄出版部(編)1995 p.131
  189. ^ サラブレ編集部(編)2007 p.228
  190. ^ 有吉・栗原1991 p.168
  191. ^ 渡瀬1992 pp.103-104
  192. ^ 渡瀬1992 pp.415-416
  193. ^ 渡瀬1992 pp.188-190
  194. ^ 渡瀬1992 p.214
  195. ^ 渡瀬1992 pp188-190、有吉・栗原1991 pp.89-90
  196. ^ 渡瀬1992 p.350
  197. ^ 渡瀬1992 p.292
  198. ^ 有吉・栗原1991 p.147
  199. ^ 渡瀬1992 p.297、光栄出版部(編)1996 pp.62-63
  200. ^ a b 武・島田2004、109頁。
  201. ^ 木村幸1997、48頁。
  202. ^ 武・島田2007、p.30
  203. ^ 渡瀬1992 p.447
  204. ^ 渡瀬1992 p.309
  205. ^ 有吉・栗原1991 pp.161-162、山本1992 pp.240-241
  206. ^ 渡瀬1992 p.314
  207. ^ 増沢1992 pp.69-70
  208. ^ 木村幸1998 p.66
  209. ^ EQUINELINE Merry Madcap”. EQUINELINE.com. 2016年7月15日閲覧。
  210. ^ JBISサーチ - オグリキャップ5代血統表”. 日本軽種馬協会. 2016年7月15日閲覧。
  211. ^ 光栄出版部(編)1996 p.92、有吉・栗原1991 p.12





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オグリキャップ」の関連用語

オグリキャップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オグリキャップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオグリキャップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS