アグネスデジタルとは? わかりやすく解説

アグネスデジタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:33 UTC 版)

アグネスデジタル1997年5月15日 - 2021年12月8日[4])は日本競走馬、種牡馬。


アグネスデジタル血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Crafty Prospector
1979 栗毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Real Crafty Lady
1975 栗毛
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Princess Roycraft Royal Note
Crafty Princess

Chancey Squaw
1991 鹿毛
Chief's Crown
1982 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Six Crowns Secretariat
Chris Evert
母の母
Allicance
1980 鹿毛
Alleged Hoist the Flag
Princess Pout
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
母系(F-No.) Aimee系(FN:22-d) [§ 3]
5代内の近親交配 なし [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アグネスデジタル 5代血統表2015年6月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com アグネスデジタル 5代血統表2015年6月30日閲覧。
  3. ^ [83]
  4. ^ JBISサーチ アグネスデジタル 5代血統表2015年6月30日閲覧。

注釈

  1. ^ 出典資料では「GI」となっているが、ジャパンダートダービーは国際的にはGI格を得ていない国内独自格付けの「JpnI」競走である。
  2. ^ アグネスデジタル、クロフネイーグルカフェアドマイヤドンモズアスコット

出典

  1. ^ AGNES DIGITAL (B602) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ 愛麗數碼 (CB602) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n アグネスデジタル(USA)”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年1月21日閲覧。
  4. ^ a b https://twitter.com/jairs_jp/status/1468492445575180288” (日本語). Twitter. 2021年12月8日閲覧。
  5. ^ アグネスデジタルの死亡について”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2021年12月8日). 2021年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月8日閲覧。
  6. ^ 優駿』、日本中央競馬会、2001年2月、 32頁。
  7. ^ 優駿』、日本中央競馬会、2002年2月、 70-74頁。
  8. ^ 優駿』、日本中央競馬会、2003年2月、 77-79頁。
  9. ^ THE 2003 INTERNATIONAL CLASSIFICATIONS (PDF)”. IFHA. 2021年9月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e 『優駿』2000年11月号、p.139
  11. ^ a b 『優駿』2002年3月号、pp.36-37
  12. ^ a b 『優駿』2001年12月号、pp.134-135
  13. ^ 『日刊スポーツ』2000年11月20日
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 『優駿』2008年2月号、pp.52-59
  15. ^ a b c d e f g 的場(2001)pp.240-244
  16. ^ a b 『優駿』2000年12月号、pp.34-35
  17. ^ 『優駿』2001年3月号、p.121
  18. ^ a b 『優駿』2001年11月号、p.119
  19. ^ 『日刊スポーツ』2001年10月29日
  20. ^ 『優駿』2000年1月号、p.46
  21. ^ a b c d e f g 『優駿』2001年12月号、pp.12-15
  22. ^ a b c d e f g h i j k 『名馬物語2001~2010』pp.119-123
  23. ^ 名馬物語 - The best selection(3)pp.18-24
  24. ^ 『優駿』2001年12月号、p.147
  25. ^ a b c d e f 『優駿』2002年2月号、pp.27-33
  26. ^ a b c 『優駿』2002年2月号、p.64
  27. ^ a b 『優駿』2002年3月号、pp.52-53
  28. ^ a b 『優駿』2002年5月号、pp.26-29
  29. ^ a b c 『優駿』2002年6月号、p.109
  30. ^ 『優駿』2013年9月号、p.60
  31. ^ 『優駿』2003年7月号、p.135
  32. ^ 『優駿』p.44
  33. ^ 『優駿』2003年8月号、p.145
  34. ^ 『優駿』2004年3月号、p.79
  35. ^ 『優駿』2004年3月号、p.84
  36. ^ 【JDD】カゼノコがV!ハッピー3冠ならず”. SANSPO.com (2014年7月9日). 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月4日閲覧。
  37. ^ アグネスデジタル 17年間の種牡馬生活を終えて「これからは元気で1日でも長く生きてほしい」”. ヤフースポーツ (2021年5月3日). 2021年5月3日閲覧。
  38. ^ 芝&ダート「二刀流」アグネスデジタル死す 放牧中の事故で|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2021年12月8日閲覧。
  39. ^ 元祖二刀流 アグネスデジタル死す 芝&ダートでG1制覇 - デイリースポーツ online 2021年12月8日
  40. ^ https://twitter.com/jairs_jp/status/1468492445575180288” (日本語). Twitter. 2021年12月8日閲覧。
  41. ^ a b 『優駿』2015年3月号、p.60
  42. ^ 『優駿』2010年8月号、p.48
  43. ^ 他の4頭は、ダートのGI競走を制した後にGI競走に限らず芝の競走で勝利を記録していない(不出走のケースも含む)
  44. ^ ドリームシグナル”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  45. ^ ユビキタス”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  46. ^ ヤマニンキングリー”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  47. ^ ダイシンオレンジ”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  48. ^ グランプリエンゼル”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  49. ^ サウンドバリアー”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  50. ^ メイショウスザンナ”. JBISサーチ. 2015年8月4日閲覧。
  51. ^ カゼノコ”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  52. ^ アスカノロマン”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  53. ^ シスターエレキング”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  54. ^ マイネベリンダ”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  55. ^ マイネルポンピオン”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  56. ^ セイリュウザクラ”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  57. ^ ドリームクラフト”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  58. ^ アートオブビーン”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  59. ^ バックアタック”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  60. ^ デジタルゴールド”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  61. ^ ドリームゴスペル”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  62. ^ サカジロタイヨー”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  63. ^ マイネルセグメント”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  64. ^ コスモエスプレッソ”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  65. ^ マイネルバルビゾン”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  66. ^ コウギョウデジタル”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  67. ^ シグラップロード”. JBISサーチ. 2015年7月4日閲覧。
  68. ^ ダンツキャッチ”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  69. ^ モンサンカノープス”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  70. ^ トランヴェール”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  71. ^ メイショウオセアン”. JBISサーチ. 2018年7月17日閲覧。
  72. ^ ベルゼブブ”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  73. ^ チャイヨー”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  74. ^ シゲルクロマグロ”. JBISサーチ. 2020年4月12日閲覧。
  75. ^ セレニティフレア”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  76. ^ トーセンガーネット|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2021年6月4日閲覧。
  77. ^ ディアドムス”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  78. ^ キヨマサ”. JBISサーチ. 2020年5月27日閲覧。
  79. ^ ブラックスピネル”. JBISサーチ. 2017年10月28日閲覧。
  80. ^ クロスウィンド”. JBISサーチ. 2019年2月16日閲覧。
  81. ^ アザワク”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年7月29日閲覧。
  82. ^ ソロユニット”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年7月29日閲覧。
  83. ^ 平出貴昭 (2019年9月18日). “『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2020年4月11日閲覧。
  84. ^ a b 平出(2014)pp.130-131


「アグネスデジタル」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アグネスデジタルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アグネスデジタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアグネスデジタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS