町とは?

ちょうちやう [1] 【町】

(「丁」とも書く)距離の単位条里制では、一町六尺一歩とする六〇歩であったが、太閤検地の際六尺三寸一間とする六〇間となり、その後六尺一間とする六〇間となった。メートル条約加入後、1891年明治24)1.2キロメートル一一町と定め一町は約109.09メートルとなった。
土地面積の単位条里制では一辺長さ一町正方形面積中世一町三六〇〇歩であったが、太閤検地の際、三〇〇〇歩となった。メートル条約加入後、1891年に、120ヘクタール一二一町定め一町は約0.99ヘクタールとなった。一町は一〇段、三〇〇〇坪。町歩。 →
地方公共団体の一。市と中間に位し、都道府県属する。まち。
平城京平安京における街区一辺長さおよびその一区画面積。四〇〇尺、および四〇〇尺平方
御町おちよう」に同じ。江戸吉原のこと。

【ちょう】[漢字]

【丁】 ちやう
⇒ てい〔丁〕 [漢]
【弔】 てう [音] チョウ
【庁(廳)】 ちやう [音] チョウ
役所。 「庁舎・庁費・庁務官庁県庁退庁登庁府庁警視庁文化庁
【兆】 てう [音] チョウ
きざし。前触れ。 「兆候吉兆凶兆瑞兆いちよう前兆
数えきれないほど多い。 「兆民億兆
数の単位。億の1万倍。 「一兆円」
はか。墓地。 「兆域
【町】 ちやう [音] チョウ
原義は、田を区切るあぜの意〕
市街地。まち。 「町家町人
地方公共団体の一。まち。 「町議町制町税町長市町村
【長】 ちやう [音] チョウ
ながい。とおい。 「長歌長期長久長駆長寿長身長征長蛇長短長嘆長途長髪長命
のびる。のばす。 「延長消長助長増長
大きくなる。 「生長成長
年をとっている。 「長上長幼長老年長
最年長である。 「長兄長子長女長男
責任者。かしら。 「長官長者駅長校長首長所長
まさる。すぐれる。 「長所一長一短
ながさ。また、たけ。高さ。 「身長全長体長
長門ながと国」の略。 「長州薩長さつちよう・征長」
【挑】 てう [音] チョウ
いどむ。しかける。そそのかす。 「挑戦挑発
かかげる。 「挑灯ようちん
【重】
⇒ じゅう〔重〕 [漢]
【 凋てう [音] チョウ
かれる。しぼむ。生気衰える。 「凋残凋衰凋弊凋落枯凋
【帳】 ちやう [音] チョウ
とばり。たれぎぬカーテン。 「帳下帷帳いちよう開帳几帳きちよう玉帳紙帳緞帳どんちよう
ものを書くための冊子ノート。 「帳簿帳面記帳台帳通帳出納すいとう帳・筆記帳
【張】 ちやう [音] チョウ
はる。のばす。ひろげる。 「拡張緊張伸張
強くいう。おおげさにいう。 「誇張主張
【彫】 てう [音] チョウ
ほる。ほりきざんで飾りをつける。 「彫金彫刻彫塑彫像彫琢ちようたく木彫
【眺】 てう [音] チョウ
ながめる。遠くを見渡す。ながめ。 「眺望
【釣】 てう [音] チョウ
をつる。 「釣果釣竿ようかん釣魚釣具
【頂】 ちやう [音] チョウ
頭の最上部。 「灌頂かんじよう丹頂
いちばん高いところ。いただきてっぺん。 「頂上頂点山頂絶頂天頂顱頂ろちよう
てう [音] チョウ
【朝】 てう [音] チョウ
ひととき。日。一日。 「一朝
天子政治を行うところ。 「朝威朝賀朝貢朝臣朝廷朝敵朝命朝野廃朝
同一系統天子統治していること。治世また、その天子。 「清朝唐朝南朝北朝平安朝
天子統治する国。 「異朝本朝
日本。 「帰朝来朝
朝鮮」の略。また「朝鮮民主主義人民共和国」の略。 「日朝
【 脹ちやう [音] チョウ
ふくれる。 「脹満膨脹
はれる。体の一部が異常に盛りあがる。 「腫脹しゆちよう
【貼】 てふ [音] チョウ ・テン
はる。はりつける。 「貼付ちようふてんぷ)・貼用」 〔「テン」の音は慣用
【超】 てう [音] チョウ
基準限界をこえている。 「超過出超入超
かけ離れている。はるかにすぐれている。 「超越超人超絶超俗超脱超凡
端な。 「超高速超短波超弩級ちようどきゆう超満員超国家主義
【 牒てふ [音] チョウ
文書をしるしたふだ。かきつけ文書。 「牒状移牒通牒
【腸】 ちやう [音] チョウ
消化器一つ。 「腸管灌腸かんちよう小腸大腸脱腸断腸盲腸十二指腸
こころ。精神。 「愁腸心腸
【跳】 てう [音] チョウ
とぶ。はねる。 「跳馬跳舞跳躍
のさばる。 「跳梁ちようりよう
【徴( 徵 )】 [音] チョウ
召し出す。とり立てる。 「徴収徴集徴税徴発徴兵徴募徴用増徴追徴
前触れ。きざし。しるし。 「徴候徴証象徴特徴
【 暢ちやう [音] チョウ
草木がのびる。 「暢茂
のびのびしている。滞らない。 「暢達流暢
【 肇てう [音] チョウ
はじめる。はじめ。 「肇国肇造
【 銚てう [音] チョウ
飲食物あたためるための器。 「銚子
【嘲】 てう [音] チョウ
あざける。ばかにして笑う。 「嘲笑嘲罵ちようば嘲弄ようろう自嘲
【澄】 [音] チョウ
などがすきとおっててきれいである。 「澄明清澄明澄
【潮】 てう [音] チョウ
おのみちひき。しお。うしお。 「潮汐ようせき潮流海潮干潮満潮
時代支配する一般的傾向。 「思潮風潮
【調】 てう [音] チョウ
ととのえる。まとめる。 「調合調剤調進調製調整調節調達調停調髪調味調理調律協調同調
ならす。訓練する。 「調教調馬調練
はずみ。いきおい。 「調子好調・順調・低調
音階。 「移調短調長調転調
しらべる。調査調書
律令制の税の一。みつぎ。 「調布貢調こうちよう租庸調
しつらえる。 「新調
【 諜てふ [音] チョウ
さぐる。うかがう。 「諜者諜報間諜
【聴(聽)】 ちやう [音] チョウ
きく。熱心にきく。 「聴講聴取聴衆聴聞謹聴敬聴傾聴視聴静聴拝聴傍聴
【懲( 懲 )】 [音] チョウ
こらす。こらしめる。 「懲役懲戒懲罰勧善懲悪
【 寵 】 [音] チョウ
めぐむ。いつくしむ。かわいがる。 「寵愛寵姫ちようき寵幸寵児寵妾ちようしよう寵辱寵臣恩寵

まち [2] 【町・街】

原義
人が多く集まり住んでいる所。 「 -に働きに出る」
商店多く並んだ区域。にぎやかな街区。 「 -へ買い物に行く」 「ファッションの-」
地方公共団体の一。「ちょう(町)」に同じ。 《町》 「 -役場
市や区を構成する小区画。 《町》 「千代田区こうじ-」
市街地で、道路で囲まれた一区画。 「 -ひとつに檜皮大殿・廊・渡殿・倉・板屋など、いとおほく建てたる/宇津藤原
宮殿邸宅内の一区画。 「姫君のおはします-はいと異に何の草木様異に/寝覚 5
等級階級。 「かみの-も上﨟とて/源氏 宿木
市場また、店舗。 「 -にを買に遣つ/今昔 12
区画した田地。田の区画。 〔和名抄


一つ領域(301-2)内では、人口いろいろな種類集成体 1とか集合体 1を表すのに、時として人口集合 1人口群 1、あるいはより一般的に地域集団 1として知られるいくつかの用語が用いられている。農村地域では、最小単位小集落 2と呼ぶことがあり、これは通常非常に少数の家からなる。これよりほんの少し大き人口集合 3であり、これは普通小さコミュニティーであって主として農業人口から成り立つことが多い。町 4または市 4通常農業従事している人数少なく人口がもっと大きい集合だが、から町または市へ移行する場合基準定めるのは難しく、国によって異なる。領域(305-6の意味における)の政府所在地はその首都 5呼ばれる。郡では、地方政府所在する場所は郡都 6または郡の首都郡庁の所在地) 6呼ばれる。町や市はさらに、地区 7小区域 7と、選挙のための区 7細分される。


読み方:チョウchou

古代以来使用された里程および土地広さ単位


読み方:マチmachi

(1)田の区画宮殿邸宅内の一区画
(2)建物の集っている場所。
(3)都城条坊制の一。
(4)市街地道路小区分した地域特定の職業勤める人の居住地域。
(5)遊里の内に対してその外。

別名 街、坊、区


作者ジョルジュ・ローデンバッハ

収載図書街の狩人
出版社沖積舎
刊行年月1987.10


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7





地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
ちょう
まち
やなまち
やまぎまち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/24 05:50 UTC 版)

(まち)は、市街地やその区画。小規模な都市や、あるいは都市の一部の狭い区画についていうことが比較的多い。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 「町」の読み方 ちょ~まちまち 「まち」か「ちょう」か徹底調査 西日本新聞、2016年4月8日(2016年4月13日閲覧)。[リンク切れ]
  2. ^ 平成の大合併以前は、広島県や大分県の町でも「~まち」と「〜ちょう」の両方の読み方が存在した。大合併以降、前者は「~ちょう」のみ、後者は「~まち」のみとなっている
  3. ^ a b 永野征男『都市地理学研究ノート』 2009 , 25頁。


「町」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/01/08 14:20 UTC 版)

発音

名詞

  1. まち集落で、よりも規模大きいもの。一般的に複数商業設備有する
  2. 行政 まち又はチョウ地方公共団体のひとつで、より大規模で、よりも小規模のもの。
  3. チョウ尺貫法における長さの単位。1町=60≒109m。
  4. チョウ尺貫法における面積の単位町歩。1町=3000≒99301ha()。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





町と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「町」の関連用語

町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS