春秋航空とは?

春秋航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 08:13 UTC 版)

春秋航空(しゅんじゅうこうくう、SSE: 601021)は、中国上海市に本社を置く中国航空会社である。正式名称は、春秋航空公司 (SPRING AIRLINES CO.,LTD. ) 。略称は、春航上海虹橋国際空港(第1ターミナル)を拠点としている。中国語コールサインは、春秋 (Chunqiu) 。




  1. ^ 中国・上海の春秋航空、関空を初の海外拠点に 増便に合わせ 日本経済新聞 2014年5月29日付
  2. ^ びっくり仰天!飛行機も立ち乗り可能に?!格安の春秋航空が意欲―中国
  3. ^ 中国格安航空、国際線に参入 民営初、上海万博までに第1便 日本経済新聞
  4. ^ 茨城空港:上海便、7月末に就航…春秋航空と県が合意 毎日新聞 2010年6月6日付
  5. ^ 茨城-上海、就航決定 春秋航空 今後の利用促進、課題 産経新聞 2010年6月8日
  6. ^ 春秋航空、3月末から高松/上海線を週4便に増便 FlyTeam 2014年2月16日付
  7. ^ 春秋航空の茨城=上海路線が定期便になります! 茨城県 2012年6月20日
  8. ^ 春秋航空、3月15日から関西/上海・浦東線に就航へ FlyTeam 2014年1月15日付
  9. ^ 春秋航空、大阪/関西〜上海/浦東線に2014年3月15日就航! Traicy 2014年1月15日付
  10. ^ 関西国際空港の国際定期便運航計画について 新関西国際空港(株)
  11. ^ a b c 中国LCC 「春秋航空」 中国路線を大幅拡充 新関西国際空港(株) 2014年5月28日付
  12. ^ 中国LCC 「春秋航空」 関西=武漢線に就航 新関西国際空港(株) 2014年5月21日付
  13. ^ 春秋航空が中国3路線就航 NHK NEWS WEB 大阪放送局 2014年7月18日付
  14. ^ 春秋航空 来月から上海―札幌線就航:日本経済新聞
  15. ^ 春秋航空、関空を初の海外拠点に-20年に20都市週100便めざすトラベルビジョン 2015年3月3日閲覧
  16. ^ 中国・春秋、日本でホテルチェーン 15~20カ所日本経済新聞 10月28日報道 11月6日閲覧
  17. ^ 時刻表 - 春秋航空
  18. ^ 茨城-上海便、片道4000円=中国・春秋航空 時事通信
  19. ^ 上海線、片道最安3000円に/春秋航空会長が会見”. 四国新聞 (2011年2月11日). 2011年7月22日閲覧。
  20. ^ 「1円航空券」高松便でも発売へ 中国・春秋航空”. 朝日新聞デジタル (2012年10月16日). 2012年10月18日閲覧。
  21. ^ 春秋航空「片道1円」中止 中国で「売国奴」と批判殺到”. 朝日新聞デジタル (2012年10月18日). 2012年10月19日閲覧。
  22. ^ 航空機のご紹介—春秋公式サイト”. jp.ch.com. 2019年10月22日閲覧。
  23. ^ 春秋航空について会社概要
  24. ^ 国内LCCの低価格競争過熱 中国・春秋航空、日本参入を正式発表
  25. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜高松・広島・佐賀線に2014年6月27日就航! ダイヤを発表! Traicy 2014年3月25日付
  26. ^ 中国系LCCの「春秋航空日本」も就航延期 パイロット不足で8月まで Sankei Biz 2014年6月6日付
  27. ^ 春秋航空日本、成田拠点の国内3路線を就航 YOMIURI ONLINE 2014年8月1日付
  28. ^ http://j.people.com.cn/94638/94659/8220698.html


「春秋航空」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春秋航空」の関連用語

春秋航空のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



春秋航空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春秋航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS