サンドドレーン工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > サンドドレーン工法の意味・解説 

サンドドレーン工法


サンドドレーン工法


サンドドレーン工法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/11 20:38 UTC 版)

サンドドレーン工法(サンドドレーンこうほう、英語: sand drain method、SD工法(エスディーこうほう))は、軟弱な粘性土地盤中にケーシングパイプを貫入し、パイプ内の砂を排出しながら引抜き、鉛直の砂杭を多数打設して排水距離の短縮を図り圧密を促進する工法である。バーチカルドレーン工法の中では最も代表的な工法で、載荷盛土工法と併用されるケースが多い。




「サンドドレーン工法」の続きの解説一覧



サンドドレーン工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンドドレーン工法」の関連用語

サンドドレーン工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サンドドレーン工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
サムシングサムシング
Copyright (c) 2019 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンドドレーン工法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS