船橋市とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 地名 > 船橋市の意味・解説 

船橋市

読み方:フナバシシ(funabashishi)

所在 千葉県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

船橋市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 09:27 UTC 版)

船橋市(ふなばしし)は千葉県北西部の葛南地域に位置する2003年(平成15年)4月1日中核市へ移行しており、2012年(平成24年)4月1日熊本市政令指定都市への移行以後は中核市最大の人口を擁する[2]。 また、千葉市に次いで千葉県では人口第2位である。東京都特別区部への通勤率は35.7%(平成22年国勢調査)。




  1. ^ “「市の花」2つを制定 船橋 ヒマワリ カザグルマ 全国都市緑化フェアを記念”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2007年10月8日) 
  2. ^ “船橋、最大の中核市に 熊本市の政令移行で”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2012年4月3日) 
  3. ^ 「東京ウォーターフロント原風景 最後の浅瀬船橋浦三番瀬も埋め立ての危機」、『週刊読売』1991年6月30日、読売新聞社1991年6月30日、 18-19頁。
  4. ^ “東京湾最大の干潟「三番瀬」 埋め立て認める方針 千葉県の諮問機関”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 30. (1995年11月5日) 
  5. ^ a b “市川の三番瀬埋立て計画 補足調査期間延長へ 検討委員会 魚類54種など生息確認”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1996年8月28日) 
  6. ^ a b “「三番瀬」を歩く 豊富な魚介類目の当たり 県環境会議を前にして 市川・船橋の沖合”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1992年5月30日) 
  7. ^ a b “海洋生物いっぱい 埋め立て問題で揺れる東京湾「三番瀬」 生態系研究で裏付ける”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1. (1991年11月30日) 
  8. ^ “コアジサシわざわざ東京湾に 魅力いっぱい三番瀬の環境”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 28. (1994年8月25日) 
  9. ^ “水鳥舞う湿地永遠に ラムサール条約指定求め高まる保護運動”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 1 夕刊. (1992年12月5日) 
  10. ^ ““三大聖域”で探鳥会 水鳥の生態などを解説 三番瀬 谷津干潟 小櫃川河口”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27. (1994年9月17日) 
  11. ^ “谷津干潟 三番瀬 シギ類のエサ相互補完 開発すれば双方に影響”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 9 夕刊. (1993年5月10日) 
  12. ^ “浅瀬の二枚貝が海水浄化 三番瀬、わずか数日で 国立環境研が調査”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2000年11月21日) 
  13. ^ “環境異変 海に忍び寄る影 1 江戸前アサリがピンチ 突如現れたエイリアン/悪化する東京湾の病”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 18. (2008年7月1日) 
  14. ^ a b “青潮、不気味に東京湾染める 心配なアサリ被害 酸欠の水塊”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1. (1992年9月9日) 
  15. ^ a b c d “東京湾の干潟・三番瀬 市川で初のミーティング 「震災被害の修復を」 地域住民ら70人が訴え 海底に起伏確認 東西3キロ間に最大60センチ アサリ・ノリ漁に影響も 市民団体が調査結果”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2011年11月15日) 
  16. ^ a b “震災で干潟半減 水深も平均27センチ増す 三番瀬”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2012年6月15日) 
  17. ^ a b “青潮発生、アサリ漁打撃 長期化で大量死滅か 2日にも対策会議 船橋漁協”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2012年9月30日) 
  18. ^ a b “アサリ漁「今季不可能」 船橋市漁協、来季も厳しく 青潮被害”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2012年10月18日) 
  19. ^ a b “青潮でアサリ3880トン死滅 東京湾三番瀬”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2014年10月9日) 
  20. ^ 気象庁・気象統計情報
  21. ^ “三番瀬のラムサール登録などを県に要望 船橋など地元3市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2001年7月14日) 
  22. ^ “三番瀬 国際認知へ大きな1歩 ラムサール条約事務局長が視察”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2001年9月3日) 
  23. ^ 「資料紹介 明治天皇駐蹕記念碑資料」、『船橋の地名』第5巻第4号、船橋地名研究会、2001年10月、 17頁。
  24. ^ 天下井恵「明治天皇の習志野原賜名 第9回研究会報告」、『首都圏形成史研究会会報』第18号、首都圏形成史研究会、2004年3月、 1-4頁。
  25. ^ 天下井恵「習志野原と鎌ヶ谷 明治天皇の習志野原賜名」、『鎌ケ谷市史研究』第20号、鎌ケ谷市郷土資料館、2005年3月、 28-49頁。
  26. ^ 牧野光男「資料紹介 「習志野原」の命名について」、『史談八千代』第19号、八千代市郷土歴史研究会、1994年11月、 63-64頁。
  27. ^ 昭和44年と昭和45年の船橋市内における地盤沈下量は、最大で24.3cm、及び24.1cmと激しい沈下量を示している。近年沈下量は鈍化傾向にあり平成17年の最大沈下量は0.80cmである。
  28. ^ a b “船橋市と米ヘイワード市が姉妹提携”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1986年11月8日) 
  29. ^ a b “ワンパク王国 好調のスタート 船橋 小雨の中、一万人集結”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1987年11月16日) 
  30. ^ “新木場―蘇我間が開業 京葉線・延伸”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1988年12月2日) 
  31. ^ a b c “オーデンセ市 きのう姉妹都市調印 船橋市 日本の都市と初の提携”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 11,15. (1989年4月7日) 
  32. ^ “緑豊かな福祉社会へ 街づくり都市宣言 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1992年9月15日) 
  33. ^ a b “中国・西安市と船橋市 「友好都市」を締結”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1994年11月3日) 
  34. ^ “21世紀に向け“発進” 東葉高速鉄道 盛大に開業祝う”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1996年4月28日) 
  35. ^ a b “アンデルセン公園開所 19世紀デンマークを再現 駐日大使ら記念式典 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1996年10月26日) 
  36. ^ “「中核市・船橋」きょう誕生 保健・福祉などきめ細かな対応 地域特性を生かしたまち”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2003年4月1日) 
  37. ^ a b “市の人口60万人突破 船橋 副市長に松戸氏”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2009年9月30日) 
  38. ^ “さようなら 船橋オート ファンや市民 別れ惜しむ 発祥の地 65年最後のレース”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 29. (2016年3月22日) 
  39. ^ “「船橋の未来へ」訓示 松戸徹市長2期目スタート”. 東京新聞. (2017年6月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201706/CK2017062102000190.html 2017年7月28日閲覧。 
  40. ^ “藤代七郎氏が死去 元船橋市長”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (1999年5月27日) 
  41. ^ “船橋市長に藤代[孝七]氏初当選 大橋氏の5選阻止 多選批判票取り込む”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1997年6月23日) 
  42. ^ “藤代市長が初登庁 「開かれた市政に」 地区単位で市民と懇談会 船橋市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1997年7月23日) 
  43. ^ “藤代 船橋市長が退任”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2013年7月19日) 
  44. ^ “船橋市長選を終えて 親子2代の市長誕生 初当選の藤代孝七氏抱負を語る”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1997年6月24日) 
  45. ^ “藤代元市長の市葬取りやめ 長男の現市長の意思尊重 船橋市が決定”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1999年6月10日) 
  46. ^ “船橋市長に松戸氏 現職後継 5新人破る”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2013年6月24日) 
  47. ^ 一方で、ラスパイレス指数が、地方公務員の給与水準を示す基準としては不適切であり、近年は国の給与水準の方が地方よりも高い傾向であると指摘する総務省の見解もある(平成20年9月6日現在)。 ソース:http://www.soumu.go.jp/iken/kyuyo.html
  48. ^ “「東葛飾・葛南地域4市政令指定都市研究会報告書」”. 東葛飾・葛南地域4市政令指定都市研究会(市川市・船橋市・松戸市・鎌ヶ谷市). (2009年3月). http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisei/keikaku/0005/p013363_d/fil/4shihoukokusyo.pdf 2015年8月12日閲覧。 
  49. ^ “「東葛飾・葛南地域4市政令指定都市研究会報告書(概要版)」”. 東葛飾・葛南地域4市政令指定都市研究会(市川市・船橋市・松戸市・鎌ヶ谷市). (2009年3月). http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisei/keikaku/0005/p013363_d/fil/4shihoukokugaiyouban.pdf 2015年8月12日閲覧。 
  50. ^ “船橋スクエア21 南口市街地整備の“起爆剤”に 再開発ビルが完工”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1993年1月11日) 
  51. ^ “JR船橋駅北口 地下駐車場と広場整備 八角形のバス乗降場設置”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 27. (1990年4月19日) 
  52. ^ “JR船橋駅北口駐車場オープン 市長らテープカット”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年11月27日) 
  53. ^ “待望の駐車場完成 JR船橋駅北口 地下2階、563台収容”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年11月22日) 
  54. ^ a b “船橋の新しい“顔” 再開発ビル「FaCe」 市民らが落成祝う”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2003年4月17日) 
  55. ^ “習志野学校跡地は1日から 毒ガス問題で環境省調査”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (2004年2月21日) 
  56. ^ “国、毒ガス調査開始 習志野、船橋の旧陸軍学校跡地”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2004年3月2日) 
  57. ^ “6地点大気「異常なし」 習志野の毒ガス調査”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (2004年3月10日) 
  58. ^ “毒ガス成分は不検出 旧陸軍習志野学校跡地 03年度 調査結果を公表”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (2004年5月1日) 
  59. ^ “今年度の環境調査開始 習志野[学校跡地]毒ガス問題 第一次は9月まで”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (2004年8月1日) 
  60. ^ “毒ガス成分検出されず 習志野の旧陸軍学校跡地 地下探査は今後発表へ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (2004年10月20日) 
  61. ^ 防衛省:習志野演習場に係る旧軍毒ガス弾等の環境調査について
  62. ^ 千葉習志野事案
  63. ^ “房総の魅力五百選 初夏の旅 船橋県民の森(船橋市) 気軽に森林浴や探鳥”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1991年5月13日) 
  64. ^ “県消費者センター 来月、船橋市に開設 千葉・松戸の施設を統合”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1990年6月20日) 
  65. ^ “船橋市に県民の生活守る総合拠点 県消費者センターが完成 知事迎え開所式”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年7月1日) 
  66. ^ “再開発ビルに公益施設 JR船橋駅南口「FaCe」7階”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2003年1月30日) 
  67. ^ a b 平成27年中に予定される選挙/千葉県
  68. ^ “海の男の伝統行事「水神祭」 船橋漁港 “安全と大漁”祈る”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1989年4月4日) 
  69. ^ “大漁、安全お願いします 船橋漁港で伝統行事の水神祭”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1991年4月4日) 
  70. ^ “海の男の「水神祭」 船橋漁港 神楽やモチまき春漁到来告げる”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1993年4月4日) 
  71. ^ a b “船橋漁港内に 直売所開店”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2013年9月3日) 
  72. ^ “ブランド化で全国展開へ 独自技術「船橋瞬〆すずき」 水揚げ直後の鮮度食卓に 漁業関係者・市が連携”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (2015年11月3日) 
  73. ^ 「船橋浦のアサリとハマグリ」、『資料館だより』第49号、船橋市郷土資料館1990年3月、 1頁。
  74. ^ “ホンビノスガイ名物に 初の大食い大会開催 木更津”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2014年10月4日) 
  75. ^ “風前のノリ養殖場 埋め立て迫る千葉沿岸”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 1. (1993年4月4日) 
  76. ^ a b ““三番瀬”知名度生かせ 船橋ブランドののり発売 生産者の収入安定目指す”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2006年4月26日) 
  77. ^ a b “日本橋三越で三番瀬ノリPR きょうから船橋市漁協”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2006年10月21日) 
  78. ^ “北総開発鉄道の不動産処分 フジタ工業が購入へ 船橋 工業団地開発を計画”. 朝日新聞 (朝日新聞): p. 27. (1989年11月30日) 
  79. ^ “民間初の工業団地開発 フジタが「船橋ハイテクパーク」 “住工混在”解消へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 1. (1993年1月4日) 
  80. ^ “石井食品社長 石井健太郎さん 船橋市”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 19. (1993年8月18日) 
  81. ^ “累計26億食を突破 船橋の石井食品 ミートボールキャンペーン展開”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 5. (2001年10月14日) 
  82. ^ 「県内企業紹介 パンとお菓子の”国” 船橋食品株式会社」、『ニューライフちば』第76号、千葉県広報協会、1969年7月、 34頁。
  83. ^ “食品専門商社「ユアサ・フナショク」 水産物事業から撤退 米現地法人の債務超過で”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 28. (1990年4月26日) 
  84. ^ “売上高2・9%減 主力の商事部門低迷 フナショク”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2010年2月9日) 
  85. ^ “フナショク[船橋市]も減収減益 ホテル事業は回復の兆し 4~12月期”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2012年2月7日) 
  86. ^ “船橋製鋼を吸収合併 来年4月に合同製鉄”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (1990年8月31日) 
  87. ^ “船橋製鋼を吸収合併 来年4月 合同製鉄、業界8位に”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 8. (1990年8月31日) 
  88. ^ “コンピューター駆使 サッポロビール千葉工場がしゅん工 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1988年6月21日) 
  89. ^ “ビール工場内で製缶 サッポロビール製缶”. 読売新聞 (読売新聞): p. 11. (1988年3月2日) 
  90. ^ a b “製缶会社を設立し醸造から一貫生産”. 朝日新聞 (朝日新聞): p. 11. (1988年3月2日) 
  91. ^ “アルミ缶造りも自前で サッポロビール千葉工場に併設”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1988年3月5日) 
  92. ^ “モロゾフが船橋に生産移管 仙台工場を閉鎖”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 5. (2011年4月12日) 
  93. ^ a b “15年度にニュータウン 新船橋駅前の旭硝子跡地”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 7. (2011年12月30日) 
  94. ^ “旭硝子が船橋工場閉鎖 国内需要の低迷で 来年末までに 跡地利用方法は未定”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2002年1月30日) 
  95. ^ “最大で基準7300倍のヒ素 旧旭硝子船橋工場 跡地から高濃度有害物質 2~3年で浄化処理”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (2005年5月28日) 
  96. ^ “岩城硝子[船橋市]と東芝硝子[静岡県吉田町]がグループの枠超え合併 来年1月”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1998年4月23日) 
  97. ^ a b “旭硝子、船橋から撤退へ 子会社の中山工場 来年末までに閉鎖”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (2007年3月17日) 
  98. ^ “船橋工場、7月末に閉鎖 伊藤ハム6工場に集約へ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2011年2月1日) 
  99. ^ “船橋工場を9月閉鎖 食肉加工のスターゼン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2013年7月11日) 
  100. ^ 『船橋市5千一人の群像-明治から平成 まちの歩みと人』河口洋一著 船橋市民新聞社(2005年)
  101. ^ “船橋東武と東武百貨店合併 9月1日付で船橋店に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1988年7月12日) 
  102. ^ a b “楽しい児童書無料で貸し出し 子ども図書館が10周年 イトーヨーカドー船橋店”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1991年10月1日) 
  103. ^ a b “開館10周年 きょう記念の催し イトーヨーカドー船橋店「こども図書館」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 25. (1991年10月10日) 
  104. ^ “地域密着へ日常利用強化 輸入食品など新規4店 パルコ津田沼店 春の改装”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2012年2月28日) 
  105. ^ “京成ストア 田原屋 「エポカ高根台」を開店 駐車は300台、食品を充実”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 33. (1995年11月14日) 
  106. ^ “ビビットスクエア開業 船橋に大型商業施設 歓迎姿勢も渋滞を懸念 ららぽーと”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2004年12月2日) 
  107. ^ ““ららぽーと2”オープン 専門店多数、一大ショッピング街 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1988年3月26日) 
  108. ^ ““「ららぽーと2」あすオープン 国内最大規模の“映画街” 船橋”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 25. (1988年3月24日) 
  109. ^ ““「ららぽーと」増設 360店、装いも新た 25日オープン”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 22. (1988年3月9日) 
  110. ^ “船橋に世界初 屋内スキー場オープン 若者ら初滑り楽しむ”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1,13. (1993年7月16日) 
  111. ^ “40万人を突破 人口スキー場「ザウス」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27. (1993年11月9日) 
  112. ^ “「ザウス」閉鎖へ 船橋市の屋内人工スキー場 来場者減で業績低迷”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2002年3月2日) 
  113. ^ “船橋のスキー場「ザウス」閉鎖 世界最大級も客足遠のき 9年間の営業に幕”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 3. (2002年10月1日) 
  114. ^ “ザウス解体着々と 船橋 来春にも工事完了”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 3. (2003年11月9日) 
  115. ^ a b “船橋 ザウス跡地計画固まる 北側 外資系家具1号店 南側 千戸超マンション”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2003年9月19日) 
  116. ^ “「期待持てる」船出 船橋市に開店 大型家具店「イケア」 日本再進出 組立式普及、課題も”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2006年4月25日) 
  117. ^ “十字屋、11店閉鎖へ 千葉、船橋、浦安店など 人員も2割削減”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (1996年2月21日) 
  118. ^ “来年1月、店舗閉鎖へ 市民に愛された39年に幕 長崎屋船橋店”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2001年11月13日) 
  119. ^ “中山競馬場改築祝う 関係者ら800人集い竣工式”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年11月27日) 
  120. ^ “積極的なファンサービスで盛り返す 船橋競馬 特別観覧席を全面改修 きょうオープン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 19. (1987年12月28日) 
  121. ^ “深夜バスを空港乗り入れ 西船橋から早朝LCC接続 成田空港交通”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (2012年11月30日) 
  122. ^ “渋滞緩和へ期待 京葉道路船橋IC 千葉方向入り口開通”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1995年10月27日) 
  123. ^ “東関道 谷津船橋IC 習志野市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2013年9月21日) 
  124. ^ “葛南港区の施設のご案内・船橋ボートパークについて”. 葛南港湾事務所(千葉県県土整備部の出先機関). http://www.pref.chiba.lg.jp/kendo/katsunan/katsunankowan/facility/bpark.html 
  125. ^ a b “お勤め帰りに読書のススメ 船橋市の3図書館 週に2回、2時間延長”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 27. (1988年4月5日) 
  126. ^ a b “船橋の3図書館 閉館時刻を2時間延長 あすから毎週、2日間実施”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 25. (1988年4月4日) 
  127. ^ “安全祈願し定礎式 2月ごろ完成予定 本町4丁目再開発ビル 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1999年10月10日) 
  128. ^ “「ライブ2000」竣工 地域活性の期待担い 住居、図書館、スーパーが一体 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2000年2月22日) 
  129. ^ “史料集「御用留(上総)」を刊行 船橋市西図書館 江戸時代の帳簿収録”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2005年8月16日) 
  130. ^ “西図書館の長期休館続く 被災で代替施設も交渉中 船橋市”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2011年7月20日) 
  131. ^ “船橋西図書館、移転建替へ 2015年春開館目指す 震災で被害”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2011年12月3日) 
  132. ^ “近代的な「船橋北図書館」が完成 市で4館目10月1日オープン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 6. (1991年9月28日) 
  133. ^ “船橋で四番目の図書館が開所式”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24. (1991年9月29日) 
  134. ^ “「北図書館」建設へ来月着手 蔵書60万冊可能に 船橋、公民館も併設”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1989年12月24日) 
  135. ^ “蔵書数60万冊可能 船橋市最大 北図書館近く着工”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 28. (1990年1月8日) 
  136. ^ “民間図書館NPO10周年 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2014年8月31日) 
  137. ^ “Vスクエアに民間図書館 本カバーにクーポン印刷 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2011年10月17日) 
  138. ^ “民間図書館、利用10倍 リニューアルで毎日開館 船橋フェイス内”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 8. (2011年2月10日) 
  139. ^ “首都圏施設ガイド 船橋市民文化ホール”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1993年3月15日) 
  140. ^ “補聴設備を新設 改修終え新装オープン 船橋市民文化ホール”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1996年9月25日) 
  141. ^ “予約殺到、来年3月までほぼ満杯 船橋市民文化創造館「きらら」駅に近く手ごろさ好評”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2003年7月7日) 
  142. ^ “首都圏施設ガイド 船橋勤労市民センター”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1993年3月8日) 
  143. ^ “市勤労市民センター完成 県初の官民開発 船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1989年5月5日) 
  144. ^ a b “うちの逸品 縄文式土器 古代人の生活必需品 船橋市郷土資料館(薬円台)”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 29. (1993年1月19日) 
  145. ^ a b 佐藤武雄「船橋市薬円台採集の弥生式土器」、『資料館だより』第3号、船橋市郷土資料館1974年2月、 6頁。
  146. ^ “船橋市郷土資料館 歴史知る出土品を常設 船橋市郷土資料館 歴史知る出土品を常設”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1995年8月7日) 
  147. ^ 鳥光勝昭「資料紹介 D51 125号は走る」、『資料館だより』第65号、船橋市郷土資料館1990年7月、 7頁。
  148. ^ “縄文の調理場鮮明に 貴重な遺構続々と発見 船橋の飛ノ台遺跡発堀調査”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1,16. (1992年12月7日) 
  149. ^ ““日本最古の人骨”展示 史跡公園内に施設 船橋・飛ノ台貝塚遺跡”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1997年12月11日) 
  150. ^ “ワンパク王国 好調のスタート 船橋 小雨の中、一万人集結”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. [要ページ番号]. (1987年11月5日) 
  151. ^ a b “船橋市 童話の世界を建設 子ども美術館など設置 完成は7年後ワンパク王国隣接地に”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 23. (1993年4月3日) 
  152. ^ “総合体育館が完成 船橋”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27. (1994年1月21日) 
  153. ^ “まち人はなし 総合体育館が完成 船橋”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 27. (1994年1月14日) 
  154. ^ ““スポーツ健康都市”さらに充実 船橋市総合体育館 きょうオープン!!”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 17. (1994年1月13日) 
  155. ^ “千葉ジェッツ〝初飛行〟 船橋アリーナに2000人 男子プロバスケプレシーズン戦”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2011年9月4日) 
  156. ^ 筑紫哲也 『日本23時 今ここにある危機』 小沢書店、東京都、1997年5月20日(原著1997年3月14日)、初版、520-522頁(日本語)。ISBN 9784755103421OCLC 1228118952017年3月1日閲覧。「〝オヤジ狩り〟に見るこのくにの「空洞化」-1997.3.14」
  157. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 6 海老ヶ作遺跡第一次調査出土品」、『資料館だより』第8号、船橋市郷土資料館1976年3月、 7頁。
  158. ^ 「中期の土器の特色とその時代」、『船橋市郷土資料館資料観覧の手びき』第15号、船橋市郷土資料館1976年11月、 1-37頁。
  159. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 17 柏上遺跡出土品」、『資料館だより』第30号、船橋市郷土資料館1984年1月、 6頁。
  160. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 5 古和田台遺跡出土品」、『資料館だより』第7号、船橋市郷土資料館1975年8月、 6頁。
  161. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 8 佐倉道南遺跡出土品」、『資料館だより』第10号、船橋市郷土資料館1976年10月、 4頁。
  162. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 14 佐倉道南C地点出土品」、『資料館だより』第16号、船橋市郷土資料館1978年12月、 4頁。
  163. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 2 高根木戸遺跡出土品」、『資料館だより』第4号、船橋市郷土資料館1974年6月、 4頁。
  164. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 3 高根木戸北遺跡出土品」、『資料館だより』第5号、船橋市郷土資料館1974年10月、 6頁。
  165. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 4 外原遺跡出土品」、『資料館だより』第6号、船橋市郷土資料館1975年3月、 5頁。
  166. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 1 夏見台遺跡出土品」、『資料館だより』第1号、船橋市郷土資料館1974年2月、 5頁。
  167. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 11 夏見大塚第二次調査出土品」、『資料館だより』第13号、船橋市郷土資料館1978年1月、 4頁。
  168. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 12 夏見大塚第二次調査出土品」、『資料館だより』第14号、船橋市郷土資料館1978年3月、 4頁。
  169. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 13 宮本台遺跡出土品」、『資料館だより』第15号、船橋市郷土資料館1978年8月、 4頁。
  170. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 15 新山遺跡出土品」、『資料館だより』第17号、船橋市郷土資料館1979年4月、 4頁。
  171. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 16 本郷台遺跡出土品」、『資料館だより』第29号、船橋市郷土資料館1983年8月、 6頁。
  172. ^ 「船橋市郷土資料館の収蔵資料 7 八栄北遺跡出土品」、『資料館だより』第9号、船橋市郷土資料館1976年6月、 4頁。
  173. ^ 新津健「薬円台発見の縄文前期の土器」、『資料館だより』第5号、船橋市郷土資料館1974年10月、 7頁。
  174. ^ 清水桃一「小穴城跡とその付近の変容」、『資料館だより』第33号、船橋市郷土資料館1984年12月、 1頁。
  175. ^ 景観重要建造物の指定について”. 船橋市都市計画課景観係 (2018年3月22日). 2018年8月22日閲覧。
  176. ^ 「三山の七年祭」、『資料館だより』第18号、船橋市郷土資料館1979年8月、 6頁。
  177. ^ “野田内閣が発足 震災・原発を最優先 挙党重視 信頼される政治を 森田知事 総務相交代は残念 熊谷千葉市長”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1-4. (2011年9月3日) 
  178. ^ “人 共産党の新書記局長に抜てきされた 志位和夫さん”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 3. (1990年7月14日) 
  179. ^ “志位委員長出身地で議席失う 共産、44年ぶり 四街道市議選”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 8. (2012年2月28日) 
  180. ^ “川端康成ゆかり「月廼家」公開 船橋市 中央公民館に移築 小説執筆の割烹旅館離れ家”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2007年4月11日) 
  181. ^ “時の人 第106回直木賞受賞の高橋義夫さん 温かい人間の心”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 18. (1992年1月18日) 
  182. ^ “芥川賞に松村栄子氏 直木賞 高橋義氏と高橋克氏”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 30. (1992年1月17日) 
  183. ^ “京葉・東葛 文学散歩 5 太宰治旧居跡(船橋) 初期名作を多数執筆”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2007年8月18日) 
  184. ^ “船橋ゆかりの太宰しのぶ 文学碑前にファン50人”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24. (1991年6月16日) 
  185. ^ “太宰治をしのび あす船橋桜桃忌 船橋市 中央公民館前広場”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1987年6月19日) 
  186. ^ “「船橋桜桃忌」後継いで 太宰の青春の足跡守る文学研究会 世話人が高齢で引退”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 27. (1992年6月19日) 
  187. ^ “文学みちしるべ 村上春樹と船橋 作家として地位築く 『世界の終り…』など執筆”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 11. (1989年9月18日) 
  188. ^ 鈴木普二男「俳人 斉藤その女(園女)の一つの周辺考」、『房総路』第22号、押尾孔版社、1989年12月、 23-28頁。
  189. ^ 村上昭彦「郷土の俳人「山口梅舟そして斉藤園女」」、『房総の郷土史』第33号、千葉県郷土史研究連絡協議会、2005年3月、 36-38頁。
  190. ^ “アートウオーク 「市井の絵師」の可能性探る 鈴木鵞湖展 船橋出身、幕末に活躍 千葉市美術館で25日まで”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 8. (2007年6月14日) 
  191. ^ “殺人許す教義を生んだ首謀者 真相語らぬまま死刑執行”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年7月6日). https://www.asahi.com/articles/ASL546D4XL54UTIL013.html 2018年7月15日閲覧。 
  192. ^ ““あす真打ち昇進興行 ふなっ子寄席で 船橋出身 立川談修さん”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 10. (2013年5月25日) 
  193. ^ “春の交通安全運動:始まる アイドルや園児が啓発 /千葉 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180407/ddl/k12/040/242000c 2018年4月10日閲覧。 
  194. ^ “新春ふなばしひと模様 船橋出身の十両力士 敷島関 部屋頭の重責担う”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1994年1月6日) 
  195. ^ ““さらなる出世誓う 船橋出身、市長に昇進報告 新小結・若荒雄関”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 9. (2011年12月23日) 
  196. ^ “松ヶ根部屋が土俵開き 船橋 二子山理事長ら祝う”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年2月19日) 
  197. ^ “松ヶ根部屋が土俵開き 船橋 二子山理事長ら祝う”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27. (1990年2月18日) 
  198. ^ “剪定枝を堆肥化へ 製品化向け実験続く ナシの特産地・船橋”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2003年1月7日) 
  199. ^ “「梨先進地」船橋に学べ 県内農家有志が栽培視察”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2002年6月11日) 
  200. ^ “京葉・東葛 文学散歩 6 川端康成「童謡」碑(船橋) 「三田浜」舞台に小説”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2007年8月19日) 
  201. ^ 綿貫啓一「船橋周辺の宮本武蔵伝説と史実」、『房総路』、押尾孔版社、1997年6月、 36頁。
  202. ^ 「今週の顔 映画「北京的西瓜」で史上初、画面に空白 大林宣彦監督(51)」、『サンデー毎日』、毎日新聞社1989年12月10日、 23頁。
  203. ^ “北京的西瓜より 日中友好 八百屋さん奮闘記 映画化 千葉・船橋の五十嵐さん”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 夕刊 11. (1989年11月28日) 
  204. ^ 「中国人留学生援助した「北京的西瓜」モデルの競売からの脱出」、『週刊読売』、読売新聞社1991年3月10日、 214頁。
  205. ^ NTT東日本 単位料金区域別市外局番等一覧表 04から始まる市外局番」(PDFファイル)、NTT東日本




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「船橋市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

船橋市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



船橋市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの船橋市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS