阪急バスとは? わかりやすく解説

阪急バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/03 06:50 UTC 版)

阪急バス株式会社(はんきゅうバス、英称Hankyu Bus Co.,Ltd.)は、大阪京都兵庫の2府1県で路線バスを展開している大手バス事業者。阪急阪神東宝グループの一員で、阪急阪神ホールディングスの連結子会社である。


注釈

  1. ^ 他に三田駅から宝塚市西谷地区方面への路線(東部三田線)もあった。こちらは阪急田園バス運行時代から神姫バスと共同運行であったが2021年3月31日廃止され、神姫バスの宝塚市への乗り入れも無くなった(神姫バスは三田市内のみ存続)。
  2. ^ 現在の近鉄バス鳥飼営業所管内。阪急バスとの共同運行路線(エキスポシティ線、過去には柱本線)もある。
  3. ^ その際は当社も協力し、日の出バスを一時的に買収してから高槻市へ円満に譲渡している。
  4. ^ 阪急宝塚本線岡町駅 - 豊中駅間の高架下で伊丹豊中線との交点近く。最寄り停留所は克明小学校前。
  5. ^ 管轄エリアは異なるものの、両営業所とも千里中央に乗り入れるため、千里中央では両方の「豊」が見られた(豊中営業所の千里中央乗り入れは2020年10月5日で廃止された)。なお、豊中営業所が大阪営業所に移転したため、重複も解消した。
  6. ^ 京都市下京区七条御所、1975年5月廃止し路線は向日営業所(現・向日出張所)に移管[11]
  7. ^ 尼崎市猪名寺、1979年8月、伊丹営業所へ移転[12]。跡地は兵庫県立尼崎稲園高等学校
  8. ^ 芦屋市楠町、1982年9月、芦屋浜出張所を芦屋浜営業所に昇格の上、同所へ統合[13]
  9. ^ 神戸市灘区、2004年廃止、芦屋浜営業所へ統合。
  10. ^ 豊中市夕日丘、1970年廃止。千里営業所に統合[14]
  11. ^ 豊中・池田・宝塚・西宮・芦屋の各市内線と千里ニュータウン線の全区間および吹田市内線の一部。
  12. ^ 大阪シティバス(旧・大阪市交通局)、伊丹市交通局阪神バス(旧・尼崎市交通局)・尼崎交通事業振興神戸市交通局
  13. ^ 神戸市バスにおける「普通区」の区間。
  14. ^ 距離が短いなどの理由で、これら市域でも同調させていない区間も存在する。
  15. ^ 阪神バスは運賃が210円(尼崎・大阪・神戸市内の特区)または220円(特区外の全線)のため、左記運賃区間以上のhanica定期券であれば利用可能である。また、阪神バス尼崎市内線(旧・尼崎市交通局の路線)を共同運行する尼崎交通事業振興の便も対象となる。
  16. ^ 阪神バス尼崎市内線と尼崎交通事業振興の路線は210円区間以上のhanica定期券で利用可能だが、尼崎市内同調定期券では利用不可[21]
  17. ^ 伊丹市、大阪市内の運賃同調区間定期券はそれぞれ伊丹市交通局、大阪シティバスでは利用不可[22][23]
  18. ^ 阪急バスのほか京都市バス京阪バス京都バス京阪京都交通京都京阪バス西日本JRバスヤサカバス京北ふるさとバス
  19. ^ なお、共通化で回数カードの割引率が阪急バスと同等に変更されたため、4,620円相当のカードを発売していた阪神バスにおいては、実質的な値上げになった(参考)。
  20. ^ 唐櫃営業所管内とオレンジゆずるバス、および阪神バスでは引き続き利用可能であったが、これら各社・営業所・路線でも利用を終了している。
  21. ^ この方式は近鉄バスをはじめ、関西圏の事業者では多く採用例が見られる。
  22. ^ 先のディベロッパー補償についても「阪急バス方式」と称されることがある。いずれも阪急バスが最初に本格的に開始したものだからである。
  23. ^ アルナ工機はかつて存在した阪急系のメーカー。その後、鉄道車両部門は路面電車のみに縮小しアルナ車両に、トラック架装はアルナ矢野特車に、アルミ製品・車両用ドア・サッシ等はアルナ輸送機用品に分割し解散(アルナ車両を除く2社は阪急の系列外となった)。
  24. ^ 参考画像
  25. ^ ただし、元はかつて300・400番台もいすゞ車だった。
  26. ^ 元は3桁から番号が進んでおり、1000番台に入ったのは1967年、2000番台に入ったのは1986年、3000番台に入ったのは2012年である。
  27. ^ 2020年現在では三菱ふそうが200・800番台、日野が300・500・900番台、いすゞが750 - 760番台。小型(日野)は1 - 2桁。UD車は在籍がなくなっている[41]

出典

  1. ^ a b c d e f 阪急バス株式会社 第115期決算公告
  2. ^ a b 京阪バス株式会社/編 『京阪バス五十年史』1972年、89-94頁。 
  3. ^ 交通系ICカードの全国相互利用開始について
  4. ^ a b c 大阪空港交通と阪急観光バスの合併および阪急バスの高速路線の移管に関するお知らせ (PDF)”. 阪急バス (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  5. ^ 阪急バス” (日本語). 阪急バス. 2019年3月9日閲覧。
  6. ^ 【2020年7月20日より】加島線(梅田~十三~加島駅前~西川) 路線廃止について”. 阪急バス (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  7. ^ a b 阪急バス豊中営業所および本社の移転について (PDF)”. 阪急バス (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  8. ^ 【4月1日(木)より】宝塚市北部(西谷地域)、三田市域 運行内容の変更について (PDF)”. 阪急バス (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  9. ^ 配置の有無についての出典はBJエディターズ 編 『BJハンドバックシリーズ V104 阪急バス』BJエディターズ発行/星雲社発売、2020年、25頁。ISBN 978-4-434-27806-8 
  10. ^ 阪急バス株式会社 『阪急バス最近10年史 1978 - 1988』阪急バス株式会社、1988年、99頁。 
  11. ^ 阪急バス株式会社社史編集委員会 『阪急バス50年史』阪急バス株式会社、1979年、369頁。 
  12. ^ 阪急バス株式会社 『阪急バス最近10年史 1978 - 1988』阪急バス株式会社、1988年、100頁。 
  13. ^ 阪急バス株式会社 『阪急バス最近10年史 1978 - 1988』阪急バス株式会社、1988年、104頁。 
  14. ^ 阪急バス株式会社社史編集委員会 『阪急バス50年史』阪急バス株式会社、1979年、362頁。 
  15. ^ アーカイブ
  16. ^ 深夜急行バスの運行について (PDF)” (日本語). 阪急バス (2017年3月7日). 2017年4月5日閲覧。
  17. ^ 京都エリア一般路線バスの運賃改定について (PDF)”. 阪急バス (2022年4月12日). 2022年4月15日閲覧。
  18. ^ hanica定期券のご利用可能区間”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  19. ^ hanica(ICカード)”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  20. ^ hanica通勤定期券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  21. ^ 尼崎市同調区間定期券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  22. ^ 伊丹市同調区間定期券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  23. ^ 大阪市同調区間定期券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  24. ^ hanica阪急スクールパス”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  25. ^ hanica阪急スクールパス運賃表”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  26. ^ hanica阪急スクールパス運賃表”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  27. ^ 長岡京・淀線共通定期券(京阪バスとの共通)”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  28. ^ 鉄道連絡定期券(通勤/通学)”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  29. ^ 京都市域共通回数券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  30. ^ 大阪市同調区間回数券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  31. ^ a b 大阪市内専用回数券の発売終了について (PDF)”. 阪急バス (2021年4月26日). 2021年5月2日閲覧。
  32. ^ 1日乗車券”. 阪急バス. 2020年12月17日閲覧。
  33. ^ 鈴木文彦「歴史編 阪急バスのあゆみ」 『バスジャパンハンドブックシリーズ V104 阪急バス』BJエディターズ星雲社発売)、2020年、51頁。ISBN 978-4-434-27806-8 
  34. ^ 鈴木文彦「歴史編 阪急バスのあゆみ」 『バスジャパンハンドブックシリーズ V104 阪急バス』BJエディターズ星雲社発売)、2020年、50頁。ISBN 978-4-434-27806-8 
  35. ^ 遊休農地を活用したバイオディーゼル燃料(BDF)利用バスが発進!(第2報)(大阪府報道発表資料 2007年12月4日) - ウェイバックマシン(2007年12月5日アーカイブ分)
  36. ^ 当社社員食堂及び阪急阪神第一ホテルグループの一部ホテルの使用済み食用油から生成されたバイオディーゼル100%バスを運行いたします。(阪急バスニュースリリース 2008年12月12日) - ウェイバックマシン(2010年3月26日アーカイブ分)
  37. ^ 阪急バス株式会社75周年記念誌編纂委員会 編 『ハートフルネットワーク 阪急バスこの15年』阪急バス株式会社、123頁。 
  38. ^ 西日本新聞
  39. ^ バス・スポット・パークとは 豊中ロマンチック街道オフィシャルサイト
  40. ^ a b c 浅野修「1970年代の阪急バス」『バスグラフィック』No. 28、ネコ・パブリッシング、2016年7月、 pp. 83、 ISBN 978-4-7770-1974-8
  41. ^ a b c d 「バス事業者訪問217 阪急バス」『バスラマ・インターナショナル』No. 181、ぽると出版、2020年9月、 pp. 27-29, 80-85、 ISBN 978-4-89980-181-8
  42. ^ a b 古川智規(バスマガジン編集部) (2022年4月10日). “阪急バスが電気バスを一般路線に投入開始!”. バスマガジンWeb. 講談社ビーシー. 2022年4月27日閲覧。
  43. ^ a b c 「ユーザー訪問16 阪急バス株式会社」『バスラマ・インターナショナル』No. 19、ぽると出版、1993年9月、 pp. 49、 ISBN 4-938677-19-9
  44. ^ a b 「バス事業者訪問99 阪急バス」『バスラマ・インターナショナル』No. 95、ぽると出版、2006年9月、 pp. 51、 ISBN 4-89980-095-9
  45. ^ 『バスジャパンハンドブックシリーズ R68 阪急バス』BJエディターズ星雲社発売)、2009年、28頁。ISBN 978-4-434-13295-7 
  46. ^ グループ一覧”. 阪急バス. 2022年8月6日閲覧。



阪急バス(宝塚駅停留所)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:12 UTC 版)

宝塚駅」の記事における「阪急バス(宝塚駅停留所)」の解説

0番のりば空港宝塚線清荒神線)90系統 大阪国際空港 行(宝塚市立病院前・野経由朝夕のみ運行81系統 阪急逆瀬川駅 行(宝塚市立病院玄関前)・宝塚市役所経由平日日中のみ運行宝塚市立病院止の便あり) 清荒神清澄寺 行(2022年4月1日9月30日の期間は運休) [臨時] 清荒神参道入口 行 (例年1月休日運行1番のりば宝塚すみれガ丘線)181・182183系すみれガ丘東 行御殿山四丁目経由183系宝塚営業所前 行宝塚市立病院経由深夜バス すみれガ丘東 行御殿山四丁目経由2番のりば有馬線長尾山霊園線96系統 有馬温泉太閤) 行(蓬萊峡・舟坂・白水墓園経由30系長尾山霊園 行(毎月第4日曜運行彼岸お盆期間臨時便あり) 3番のりば有馬線40系統 山口営業所前 行JR西名塩北六甲台経由41系統 山口営業所前 行JR西名塩北六甲台・名来経由) 43系統 山口営業所前 行JR西名塩北六甲台下山口すみれ台経由44系統 山口営業所前 行JR西名塩北六甲台下山口すみれ台岡場駅経由45系統 有馬温泉太閤) 行(JR西名塩北六甲台下山口中野経由56系統 読売ゴルフ場 行(JR西名塩経由74系統 岡場駅 行(JR西名塩丸山下下山口すみれ台経由75系統 有馬温泉太閤) 行(JR西名塩丸山下下山口中野経由

※この「阪急バス(宝塚駅停留所)」の解説は、「宝塚駅」の解説の一部です。
「阪急バス(宝塚駅停留所)」を含む「宝塚駅」の記事については、「宝塚駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「阪急バス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

阪急バスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阪急バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阪急バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宝塚駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS