磁気カードシステムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 磁気カードシステムの意味・解説 

磁気カードシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/03 13:52 UTC 版)

磁気カードシステム(じきカードシステム)とは、携帯に便利で任意情報の記録・再生機能を有する磁気カードを用いて、利用者への各種サービスを提供するシステムの総称。


[ヘルプ]
  1. ^ 湯谷昇羊 2008, p. 317, 立石一真年譜(第1刷)
  2. ^ 西條義典 2009, p. 1.
  3. ^ a b c d e f g h i 立石電機 1988, 108-116頁、152頁.
  4. ^ 湯谷昇羊 2008, pp. 192-198(第1刷)
  5. ^ 湯谷昇羊 2008, pp. 199-202(第1刷)
  6. ^ 「カードの価値を変更する方法および装置:特許出願公告昭45-003992 - 昭和41年2月出願」(発明者:赤松博夫、長田正範)
  7. ^ 「科学賞事典第1巻日外アソシエーツ, 1986年」
  8. ^ 「カード識別装置:特許出願公告昭48‐042748 - 昭和43年9月出願」(発明者:山本通隆、長田正範)
  9. ^ 「銀行などの事務データ処理装置:特許出願公告昭51‐013981 - 昭和44年3月出願」(発明者:長田正範、森正人)
  10. ^ 日立マクセルの歩み第2集』 日立マクセル株式会社社史編集委員会 編、日立マクセル株式会社、1981年
  11. ^ 「バンク・システム:特許出願公告平04-001381 - 昭和58年2月出願」(発明者:大前研一、立石一真、長田正範、高橋清隆)
  12. ^ 西條義典 2009.
  13. ^ 「カード不正使用防止方式:特許出願公告昭49-029083 - 昭和45年3月出願」(発明者:長田正範、大崎敬輔)
  14. ^ 「自動改札方法および装置:特許出願公告昭49-029083 - 昭和41年12月出願」(発明者:阿野静也、長田正範、森田忠夫)
  15. ^ 全国銀行協会 平成25年版決済統計年報
  16. ^ ゆうちょ銀行 ディスクロージャー誌 2014
  17. ^ 日本フランチャイズチェーン協会 コンビニエンスストア統計時系列データ
  18. ^ 最新版!コンビニATMの設置台数ランキング
  19. ^ 全国銀行協会 平成25年版決済統計年報
  20. ^ 総務省 都道府県,年齢(5歳階級),男女別人口-総人口(平成25年10月1日現在)
  21. ^ 湯谷昇羊 2008, pp. 205-209(第1刷)
  22. ^ 湯谷昇羊 2008, pp. 211-213(第1刷)
  23. ^ 「磁気記録および読取り方式:特許公告昭48‐041565 - 昭和43年10月出願」(発明者:田中寿雄)
  24. ^ 日立マクセルの歩み第2集』 日立マクセル株式会社社史編集委員会 編、日立マクセル株式会社、1981年
  25. ^ a b 湯谷昇羊 2008, p. 211(第1刷)
  26. ^ “自動改札機が「IEEEマイルストーン」に認定~阪大、近鉄、オムロン、阪急の4者”. livedoor NEWS. (2007年11月28日). http://news.livedoor.com/article/detail/2353176/ 2015年6月2日閲覧。 
  27. ^ 湯谷昇羊 2008, pp. 213-214(第1刷)
  28. ^ 「戦後日本のイノベーション100選」第1回発表について”. 公益社団法人発明協会. 2015年6月2日閲覧。
  29. ^ JTB時刻表2006年7月号付録「JR全線全駅駅名索引
  30. ^ JR東日本2014年度各駅の乗車人数


「磁気カードシステム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磁気カードシステム」の関連用語

磁気カードシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



磁気カードシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気カードシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS