反転とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 変化 > 反転 > 反転の意味・解説 

はん‐てん【反転】

読み方:はんてん

[名](スル)

ころぶこと。ひっくり返ること。また、ころがすこと。ひっくり返すこと。「マットの上でからだを—する」「明暗が—する」

位置方向順序などが反対になること。また、反対にすること。「台風進路を—する」

写真で陰画陽画に、また陽画陰画にすること。「ポジネガに—する」

数学で、平面上に中心O、半径rの円があるとき、O以外の任意の点Pをとり、半直線OP上にあってOPOQr2 となるような点QをPに対応させること。→鏡像2

反転の画像
「反転」に似た言葉

反転

読み方:クルベキ(kurubeki)

糸を繰る道具


反転

読み方:ハンテンhanten

ころがること


反転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 06:43 UTC 版)

反転(はんてん)とは何らかのものを逆にすること。数学化学技術の専門用語としてはそれぞれ以下の意味を持つ。


  1. ^ a b 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典-第5版」岩波書店 (1998/02)
  2. ^ 日本数学会「岩波数学辞典-第3版」岩波書店(1985/12)


「反転」の続きの解説一覧

反転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/24 14:27 UTC 版)

相変異 (細菌)」の記事における「反転」の解説

特定のリコンビナーゼを利用することにより、特定のDNA配列反転しその結果、このスイッチ内またはその隣にある遺伝子オンからオフへのスイッチ生成される多くの細菌種は、感染中の細菌利益のために特定の遺伝子の発現変化させるために反転を利用することができる。反転イベント大腸菌線毛発現のような一つ遺伝子の発現トグルを含むことによって簡単にすることができ、またはそれ以上のネズミチフスによるフラジェリン複数種類の式で複数遺伝子関与することにより、複雑である大腸菌におけるI型線毛による線毛接着は、感染段階に応じて線毛主要なサブユニットであるfimA発現調節するために部位特異的な反転を受ける。可逆要素には、方向に応じてfimA転写オンまたはオフにするプロモーター含まれています。反転は、2つのリコンビナーゼ、FimBとFimE、および調節タンパク質H-NS統合ホスト因子IHF)とロイシン応答タンパク質LRP)によって媒介される。FimEリコンビナーゼには、要素を反転し、式をオンからオフ切り替える機能ありますが、FimBは両方向の反転を仲介する

※この「反転」の解説は、「相変異 (細菌)」の解説の一部です。
「反転」を含む「相変異 (細菌)」の記事については、「相変異 (細菌)」の概要を参照ください。


反転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 08:46 UTC 版)

冠を持つ神の手」の記事における「反転」の解説

感情がある程度高まると、その感情反転させることができる。募った愛を憎に、嫌を友に変えることができる。プレイヤー感情高まり次第任意で反転を起こすことができる。対象キャラクターたちは、特定のイベントによって反転を起こす。反転はゲーム中、一人対象キャラクターに対して一度しか起こすこと出来ないひたすら憎しみあった末の衝突によって愛が芽生えるキャラクターや、ひたすら愛しあった末に見せた油断利用しなければ殺せないキャラクターなどに対しては、印象度の反転を使わない起こすことできないイベント迎えられないエンディングがある。

※この「反転」の解説は、「冠を持つ神の手」の解説の一部です。
「反転」を含む「冠を持つ神の手」の記事については、「冠を持つ神の手」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反転」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「反転」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



反転と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「反転」に関係したコラム

  • FXのダブルトップでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルトップとは、チャートが「W」の字を上下反転したように形成されていることです。ダブルトップが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルトップを形成したチャートです。ダブル...

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

  • FXやCFDの線形回帰リバースとは

    FXやCFDの線形回帰リバースとは、価格が下降すれば-1、上昇すれば+1の値になり、直前の価格よりも安くなるか高くなると数値が反転するテクニカル指標のことです。上の図はAUD/JPYの分足に線形回帰リ...

  • 株価の時系列データを取得するには

    株価の時系列データとは、ある一定期間での始値、高値、安値、終値、出来高の数値のことです。期間は日足、週足、月足で分ける場合が多く、FX(外国為替証拠金取引)で用いる1時間足、1分足といった短時間の時系...

  • FXのトレンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のトレンド(trend)とは、為替レートがしばらくの間、ある決まった方向へ推移している状態のことです。トレンドの種類には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの種類があり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

反転のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反転のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの相変異 (細菌) (改訂履歴)、冠を持つ神の手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS