消費者センターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 消費者センターの意味・解説 

しょうひしゃ‐センター〔セウヒシヤ‐〕【消費者センター】


消費生活センター

(消費者センター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/09 12:08 UTC 版)

消費生活センター(しょうひせいかつセンター)とは、地方公共団体が設置する行政機関で、事業者に対する消費者の苦情や相談のほかに、消費者啓発活動や生活に関する情報提供などを行う。


  1. ^ a b 「消費者ホットライン あす開始 定着には課題多く」 『産経新聞2010年1月11日付朝刊、東京本社発行15版、20面。
  2. ^ a b 「「消費者ホットライン」が全国開通」 『朝日新聞』 2010年1月12日付朝刊、東京本社発行最終版、30面。
  3. ^ 「消費者ホットライン」 福島・沖縄など5県で先行開始J-CASTニュース2009年9月14日。
  4. ^ 消費者ホットラインについて(消費者庁)


「消費生活センター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費者センター」の関連用語

消費者センターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費者センターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費生活センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS