消費者の権利とは?

消費者の権利 consumer rights

1962年米国ケネディ大統領は安全である権利知らされる権利選ぶ権利意見反映される権利、を消費者の4つの権利として宣言した。76年に、フォード大統領消費者教育を受ける権利追加した。83年になって国際消費者機構Consumers Interna-tional)は、生活の基本ニーズ保障される権利補償を受ける権利健全な環境の中で働き活す権利加えた。消費者基本法改正消費者保護基本法)でも第2条にこの8つを消費者の権利として明記されている。

消費者の権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 19:35 UTC 版)

消費者の権利(しょうひしゃのけんり)とは、1962年に、ジョン・F・ケネディによって提唱された、消費者が持っている権利である。




「消費者の権利」の続きの解説一覧



消費者の権利と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費者の権利」の関連用語

消費者の権利のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費者の権利のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費者の権利 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS