消費者基本法とは?

しょうひしゃ‐きほんほう〔セウヒシヤキホンハフ〕【消費者基本法】

消費者利益保護増進するための行政施策規定し、国民消費生活安定・向上を確保することを目的とする法律昭和43年1968)「消費者保護基本法」として施行平成16年2004)の大幅改正とともに現在の名称に改められた。


消費者基本法


消費者基本法(保護)

消費者利益保護目的1968年制定された消費者保護基本法2004年改正され、消費者基本法となった。基本理念として「消費者の権利尊重」と「消費者自立支援」が揚げられており、消費者に対して自主的合理的な行動努めることが求められている。

消費者基本法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 08:06 UTC 版)

消費者基本法(しょうひしゃきほんほう、昭和43年5月30日法律第78号)は、消費者事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力等の格差にかんがみ、消費者の利益の擁護及び増進に関し、消費者の権利の尊重及びその自立の支援その他の基本理念を定め、国、地方公共団体及び事業者の責務等を明らかにするとともに、その施策の基本となる事項を定めることにより、消費者の利益の擁護及び増進に関する総合的な施策の推進を図り、もって国民の消費生活の安定及び向上を確保することを目的とする日本法律(第1条)。所管官庁は、消費者庁である。




「消費者基本法」の続きの解説一覧



消費者基本法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費者基本法」の関連用語

消費者基本法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費者基本法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費者基本法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS