丘陵地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 地盤用語 > 丘陵地の意味・解説 

丘陵

(丘陵地 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 14:05 UTC 版)

丘陵(きゅうりょう)とは、なだらかな起伏や小山()の続く地形。ただし、形態的には非常に広汎な地形を含んでおり、地形学的に明確に定義されているわけではない[1]




「丘陵」の続きの解説一覧

丘陵地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:44 UTC 版)

花見山公園」の記事における「丘陵地」の解説

個々の花木への日照時間多くなるよう、花卉園芸傾斜地である丘陵地中腹において行われまた、個々の花木重ならないよう少しずつずらして植えられている。このため花見シーズンの頃は視野全体に花が広がり個々の花木樹形手伝って、花の密集度が非常に高い風景生まれたまた、丘陵地にあるため春の晴れた日には、坂の途上で雪を頂く吾妻連峰吾妻小富士雪うさぎ遠くに眺められる

※この「丘陵地」の解説は、「花見山公園」の解説の一部です。
「丘陵地」を含む「花見山公園」の記事については、「花見山公園」の概要を参照ください。


丘陵地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 00:35 UTC 版)

東京都立赤塚公園」の記事における「丘陵地」の解説

武蔵野台地崖線にあたる幅70mの丘陵地が、2.3kmに渡って延びている。丘陵地を覆う自然林にはニリンソウ自生し一部バードサンクチュアリ野鳥保護区になっている自然林主な樹木 - ムクノキ・アカメガシワ・エノキ・イヌシデ・シロダモ・エゴノキ・ヌルデ 保護区主な野鳥 - コジュケイ・シジュウカラ・ヒヨドリ・コゲラ

※この「丘陵地」の解説は、「東京都立赤塚公園」の解説の一部です。
「丘陵地」を含む「東京都立赤塚公園」の記事については、「東京都立赤塚公園」の概要を参照ください。


丘陵地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 22:29 UTC 版)

デープリング」の記事における「丘陵地」の解説

デープリングウィーンの森多くの丘が横切っている。多くニーダーエスターライヒ州近隣地区との境界横切っている。一番高いものは、ヘルマンスコーゲル (Hermannskogel) で標高542 mであるが、デープリングシンボルとなるのは484 mのカーレンベルク (Kahlenberg) と、その近くにある427 mのレオポルドベルクである。他の地区にもそれぞれ丘が横切っており、丘上からウィーン市街地を望むことができる。

※この「丘陵地」の解説は、「デープリング」の解説の一部です。
「丘陵地」を含む「デープリング」の記事については、「デープリング」の概要を参照ください。


丘陵地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 23:31 UTC 版)

日野市」の記事における「丘陵地」の解説

市域南部多摩丘陵広がっていて、昭和30年代まではハイキング客などで賑わっていたが、その後宅地化進み後述地区以外は基本的に緑が失われたこのように丘陵地帯基本的に宅地となったが、関東三大不動のひとつとして知られる高幡山金剛寺通称高幡不動尊)の寺域である高幡山の周辺程久保南平地区にある都立多摩動物公園七生公園市立南平丘陵公園付近公園として緑が残されていて、都立七生公園では完全に刈らないといったことも実施されている。 百草倉沢地区周辺では環境意識増加などにより、小沢緑地京王線多摩市境の内側中心に倉沢里山愛する会」や市民らの協力によって森林保全しており、一部では緑地内に遊歩道存在する。この区画内は一部田畑があり、農業が行われている、他に市内唯一の酪農なども行われている。

※この「丘陵地」の解説は、「日野市」の解説の一部です。
「丘陵地」を含む「日野市」の記事については、「日野市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「丘陵地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「丘陵地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

丘陵地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丘陵地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サムシングサムシング
Copyright (c) 2022 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丘陵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの花見山公園 (改訂履歴)、東京都立赤塚公園 (改訂履歴)、デープリング (改訂履歴)、日野市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS