洪積台地とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 台地 > 洪積台地の意味・解説 

洪積台地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/13 02:22 UTC 版)

洪積台地(こうせきだいち、英語:diluvial upland)とは、更新世(洪積世)において形成された平坦面が、その後隆起したことで形成された扇状地三角州台地の総称。一般に小規模であり、牧之原台地には標高が200mに達する部分があるなど例外もあるが、標高も低い。基本的に水はけがよく、比較的平坦かつ地盤特性が良好で洪水の心配もないため、建築基礎地盤として好条件にあることが多い。水田には適さないため、畑作や果樹園、茶畑などに利用されることが多い。






「洪積台地」の続きの解説一覧





洪積台地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洪積台地」の関連用語

洪積台地のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レンゲウミウシ

ヘリオス2号

トゲイギス

セビリア カテドラル

鏡

9mm拳銃

楔状骨

New Beetle Cabriolet





洪積台地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洪積台地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS