更新世とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 時間表現 > 時間 > 時代 > 地質時代 > 更新世の意味・解説 

こう しんせい かう- [3] 【更新世】

新生代第四紀前半。約 258 万年前から約 1 万 1700 年前までの期間。この時代には汎世界的に 4 回の氷期と 3 回の間氷期認められている。人類出現した時期氷河時代最新世洪積世こうせきせい)。 〔従来170 万年前から始まったとされていたが、2009 年 6 月国際地質科学連合IUGS)により、新しい定義が批准された〕 → 第四紀完新世


更新世

170万年前~約1万年前までの期間。
洪積紀洪積世

更新世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/16 23:11 UTC 版)

更新世(こうしんせい、Pleistocene)は地質時代の区分の一つで、約258万年前から約1万年前までの期間。第四紀の第一の。かつては洪積世(こうせきせい、Diluvium)[注 1]ともいい、そのほとんどは氷河時代であった。




注釈

  1. ^ 洪積世の名は地質学に時期区分が導入された17世紀にこの時代の地層がノアの洪水の反映と信じられたことによる。現在では神話に結びつけることは望ましくないため、この区分名は使われなくなった。
  2. ^ mya、m.y.a.とは million years ago の略で、百万年前のこと。英語版Wikipedia参照 ⇒ mya (unit)
  3. ^ 千葉県市原市養老川沿いに、この時期に発生した地磁気逆転の痕跡の残る露頭があることから。 小湊鐵道公式ウェブサイト. “市原のパワースポット(地球磁場逆転地層)のご案内”. 2017年11月16日閲覧。
  4. ^ 地域によって異なった名称が与えられている。以下の名称はアルプス地域名(北アメリカ)(リチャード・サウスウッド著、垂水雄二訳 『生命進化の物語』 八坂書房 2007年 301ページ)より。

出典

  1. ^ 「始生代」の新名称、日本地質学会が2018年7月に改訂
  2. ^ a b c INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART (国際年代層序表) (PDF)”. 日本地質学会. 2015年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  3. ^ 日本第四紀学会#第四紀学最新情報#第四紀と更新世の新しい定義に関連する地質時代・年代層序の用語について 2010年9月17日 (金) 16:57 (UTC)閲覧
  4. ^ “地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る”. 産経新聞. (2017年11月13日). http://www.sankei.com/life/news/171113/lif1711130023-n1.html 2017年11月13日閲覧。 
  5. ^ リチャード・サウスウッド著、垂水雄二訳 『生命進化の物語』 八坂書房 2007年 299-300ページ
  6. ^ リチャード・サウスウッド著、垂水雄二訳 『生命進化の物語』 八坂書房 2007年 301ページ


「更新世」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「更新世」の関連用語

1
氷河期 国語辞典
92% |||||

2
76% |||||



5
32% |||||

6
32% |||||

7
32% |||||

8
32% |||||



更新世のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



更新世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サムシングサムシング
Copyright (c) 2019 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの更新世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS