淡水域とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 淡水域の意味・解説 

淡水域

読み方:たんすいいき

淡水湛えている水域のこと。海洋海水域に対する語。

淡水

(淡水域 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 02:41 UTC 版)

淡水(たんすい)あるいは真水(まみず)とは、第1義として、塩分濃度の低いの包括的呼称(地球を含む宇宙天体上に存在する)[2]。第2義としては、陸棲の生物生体維持のために利用可能な程度に塩分濃度が低い水のことである(地球にのみ存在する。cf. 水#生物と水)。


  1. ^ ヨーロッパで言う "drinking water fountain"、"drinking fountain"、いわゆる、飲用泉。
  2. ^ 淡水(たんすい)の意味 - goo国語辞書”. goo国語辞書. 2019年11月13日閲覧。
  3. ^ freshwater” (英語). Dictionary.com. 2010年4月7日閲覧。
  4. ^ 田中 2009, p. 12.
  5. ^ a b 横瀬久芳、2015、『はじめて学ぶ海洋学』、朝倉書店 ISBN 978-4-254-16070-3
  6. ^ 田中 2009, pp. 12-13.
  7. ^ Groundwater Glossary” (英語). (official website). Groundwater Foundation (2006年3月27日). 2006年5月14日閲覧。


「淡水」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「淡水域」の関連用語

淡水域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



淡水域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの淡水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS