北京原人とは? わかりやすく解説

ペキン‐げんじん【京原人】


北京原人

英訳・(英)同義/類義語:Homo erectus pekinensis Peking man

中国北京郊外周口店発掘された、数十万年前の原人化石基づいて命名された。モンゴロイド祖先とする学説もあるが、少数派である。

北京原人

読み方:ペキンゲンジン(pekingenjin)

作者 香山滋

初出 昭和27年

ジャンル 小説


北京原人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/08 04:00 UTC 版)

北京原人(ペキンげんじん、Homo erectus pekinensis[注釈 1])は、中国北京市房山県周口店竜骨山の森林で発見された化石人類である。学名はホモ・エレクトス・ペキネンシス。2015年現在はホモ・エレクトス (Homo erectus) の亜種として扱われる。北京原人を含むホモ・エレクトスが生きていた時代は更新世中期である。従来は上記の化石の年代は約50万年前とされていたが、最新の研究では約68万-78万年前と推定されている。


注釈

  1. ^ 発見当初の旧学名はシナントロプス・ペキネンシス (Sinanthropus pekinensis) とされたが、現在はホモ・エレクトス・ペキネンシス (Homo erectus pekinensis) とする意見が支配的である。

出典

  1. ^ a b D. Black (1927). On a lower molar hominid from the Chou Kou Tien deposit. Palaeontologia Sinica, Geological Survey of China, volume 7, issue 1, pages 1-26.
  2. ^ 長尾捨一「北京人類の失踪」『地学雑誌』第60巻 4号、東京地学協会、1951年、195-198頁。
  3. ^ コパン 2002, p. 116.
  4. ^ コパン 2002, p. 117.
  5. ^ a b c d e f 北京原人の骨はどこに…太平洋戦争開戦の日に消えた化石を追う【あなたの特派員】”. 西日本新聞me. 2021年12月8日閲覧。
  6. ^ 北京原人化石の行方不明の謎”. 中国百科. 2015年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月29日閲覧。
  7. ^ コパン 2002, p. 118.
  8. ^ 劉世昭 (2004年1月). “東アジア文明のあけぼの : 人類の歴史ぬりかえた北京原人遺跡”. 人民中国. 世界遺産めぐり(23) 北京・周口店. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月31日閲覧。
  9. ^ コパン 2002, p. 119.
  10. ^ Noel T. Boaz, Russell Ciochon, Xu Qinqi, and Liu Jinyi (2000). “Large Mammalian Carnivores as a Taphonomic Factor in the Bone Accumulation at Zhoukoudian”. Acta Anthropologica Sinica (19). 
  11. ^ 【中国観察】北京原人発見から90年 「消えた頭蓋骨」は今も不明”. 産経新聞社 (2019年12月12日). 2021年1月4日閲覧。
  12. ^ 本物?北京原人の化石 シドニー美術館が入手『朝日新聞』1976年(1951年)4月29日朝刊、13版、22面


「北京原人」の続きの解説一覧

北京原人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:25 UTC 版)

北京の歴史」の記事における「北京原人」の解説

「北京原人」を参照 @media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}1921年スウェーデン地質学者 ユハン・アンデショーンとオットー・ズダンスキーが人類のものと思われる歯の化石発見した。さらに、その後の調査1929年12月2日中国考古学者 裴文中が完全な頭蓋骨発見した結果的に合計十数分の原人の骨が発掘された。[疑問点ノート]それが後に「北京原人」と名付けられるもので、当初東アジア民族祖先ともいわれたが、科学発達により現在ではその学説否定される至った

※この「北京原人」の解説は、「北京の歴史」の解説の一部です。
「北京原人」を含む「北京の歴史」の記事については、「北京の歴史」の概要を参照ください。


北京原人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:57 UTC 版)

北京原人の逆襲」の記事における「北京原人」の解説

50万年前原始猿人が、巨獣となって現代蘇ったもの。劇場パンフレットによると、体格威力次のようなものである身長:25m 体重:30t 掌の長さ3m 足の大きさ:4m50 片手の力:座礁した5万tのタンカー元に戻す 腕力1500馬力 強さ戦車5台の百ミリ砲、ヘリコプター20ミリ機関砲集中砲火浴びても平気である 造形村瀬継蔵よる。ショウ・ブラザーズ当初、「キングコング」のリメイク目論んだが、やはり版権問題があり、原人の顔はアレンジ強いられた村瀬黒田監督チャイ・ラン打ち合わせ重ね雪男風の造形など、数回にわたりテスト造形が行われ、山羊の毛を使って、口やあごの周り長い毛の生えた仙人風の容貌の3テイク目で落ち着いた当初体毛白かった。この第一スタッフの下で作られた北京原人のぬいぐるみには、毛質硬い山羊の毛を使ったため、この毛が撮影抜けやすく、よい効果が出なかった。結局クランク・イン直前デザイン変更となり、検討重ねるうちに契約切れた第一スタッフ帰国となった東宝スタッフ呼びよせての仕切り直しでは、村瀬原人体毛人毛使用思いつき香港市民髪の毛の提供を呼びかけ集まった300分の人毛で、3体分の原人体毛仕上げた撮影所送られてきた人毛は、山のように積み上がってかなり不気味だったそうである。人毛植え付けたぬいぐるみは計3体作られ撮影使われた。顔面ラバー製のマスクで、香港歯科医義歯埋め込んで完成させた。目元スーツアクターの目が覗く構造となっている。顔面は、機械仕掛け瞬き口の開閉などの表情出せギニョール形式のものも作られた。 ぬいぐるみの他に、等身大の胸や肩も部分的に作られた。実物大の脛や腕が、クレーンアーム作られ、手の指にはピアノ線仕込まれ操演動かされた。造形素材ラテックスヘリコプターミニチュア等、日本から取り寄せた造形撮影素材は計300kgに上った東京での現金支出だけで5000万円かかったという。 ラストで炎に包まれビルから落ち原人は、スタントマン危険すぎる嫌がり保険をかけてくれるよう交渉したが、会社側は「特別扱いできない」と突っぱねた。このためスタントマンがゴネてしまい、1週間ほど撮影途切れてしまった。チャイ・ラン相談され村瀬が「何がどう危険かは、ぬいぐるみ作った俺が一番わかってるから、俺がやるよ」と答えスタント名乗り出たチャイ・ランは「もしものことがあっても責任とれない」と心配したが、すでに二年近く関わって来た仕事である上、「この仕事賭けてたから、最後仕上げだと思って」と、村瀬ぬいぐるみボンド石油塗りつけて点火し、自ら危険なファイヤースタントを演じてみせた。転落カットは3テイク撮ったが、「落ち芝居には自信があった」という。無事カット終えたとき、先述スタントマン真っ先駆けつけ消火してくれたというが、落下消火してもらうまで3分ほどはほとんど呼吸ができず、それが辛かったという。 こうして無事に落下カット撮影終了し、ラッシュを観に来たショウ・ブラザーズ社長は「スタントマン怖がってたのによく撮れてじゃないか」と感心していたが、チャイ・ランから事情聞いて大変恐縮し村瀬にあとで数十万円もする金時計贈ってくれたそうである。

※この「北京原人」の解説は、「北京原人の逆襲」の解説の一部です。
「北京原人」を含む「北京原人の逆襲」の記事については、「北京原人の逆襲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「北京原人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「北京原人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



北京原人と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北京原人」の関連用語

北京原人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北京原人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北京原人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの北京の歴史 (改訂履歴)、北京原人の逆襲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS