ビーバーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 哺乳類 > ビーバーの意味・解説 

ビーバー【beaver】

読み方:びーばー

齧歯(げっし)目ビーバー科哺乳類体長74センチ尾長30センチくらい。目・耳小さく、尾は上下に平たくてうろこで覆われ後ろ足水かきをもつ。川や湖にすみ、かじった木や石でダム築いてせき止め、できた池の中央に安全なすみかを作るヨーロッパ・北アメリカ分布するが、良質の毛皮のために乱獲され、生息数少ない。海狸(うみだぬき・かいり)。

ビーバーの画像
カナダビーバー
ビーバーの画像
遊泳のようす
ビーバーの画像
アメリカンビーバー/撮影Skip Brown, Smithsonian's National Zoohttps://s.si.edu/3kxJo0W

ビーバー【Beaver】


ビーバー

名前 BeaverBieberBeeberBeevorBeverBiber

海狸

読み方:ビーバー(b^ib^a)

作者 中村草田男

初出 昭和24年

ジャンル メルヘン


ビーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 13:27 UTC 版)

ビーバー(海狸)は、齧歯目ビーバー科ビーバー属Castor)に属す種の総称[3]


  1. ^ 海生であるとの誤解を与えやすいこともあり、現在ではほとんど使われない。
  1. ^ a b Kristofer M. Helgen, "Family Castoridae". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Volume 2, Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 842-843.
  2. ^ 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・横畑泰志ほか 「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  3. ^ ビーバーとは
  4. ^ a b c d e f g Richard A. Lancia, Harry E. Hodgdon「ビーバー」今泉吉晴訳『動物大百科5 小型草食獣』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社1986年、18-21頁。
  5. ^ http://www.imaident.com/beaver1.htm ビーバーの頭蓋骨についての考察
  6. ^ 長谷川政美『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』ベレ出版、2014年10月25日発行、50ページ。
  7. ^ "ビーバー大活躍!よみがえる水辺". 地球ドラマチック. 8 February 2014. NHK. NHK Eテレ。 不明な引数|city=が空白で指定されています。 (説明)[リンク切れ]
  8. ^ 宇宙からも見えます!世界最大のビーバー・ダム発見 カナダ AFPBB、2010年5月6日、2010年5月6日閲覧
  9. ^ ビーバーが原油流出封じ込めに協力!カナダAFPBB、2011年5月5日
  10. ^ 耐久性に優れるビーバーの毛皮、その特徴や歴史[1]
  11. ^ 【まさか…!】泳ぎが得意なラッコが溺れる…その超意外すぎる理由とは?[2]
  12. ^ コトバンク 猟虎帽[3]
  13. ^ ナポレオンの「二角帽子」競売へ、ワーテルローの戦いで敵の手に”. AFPBB (2018年6月16日). 2018年6月16日閲覧。
  14. ^ "Tierra del Fuego: the beavers must die", Nature 453, 968 (2008) doi:10.1038/453968a
  15. ^ ビーバーの肉の味ってどんな味!? | 生き物NAVI[4]
  16. ^ << 中世ヨーロッパの風景 >> 【ビーバーと「かおじろがん」の話】 [5]
  17. ^ レファレンス事例詳細(Detail of reference example) ウサギを一羽、二羽と数えるのはなぜか。[6]
  18. ^ 探検コム ウサギ文化史[7]
  19. ^ 世界の雑記帳:カナダでシロクマ国獣化の動き、ビーバーの「人気凋落」で - 毎日新聞 2011年10月31日 Archived 2011年11月2日, at the Wayback Machine.
  20. ^ ベラルーシ ビーバーと写真を撮ろうとした釣り人 襲われて死亡 2013.4.14閲覧
  21. ^ ヘルムート・F・カプラン 『死体の晩餐』同時代社、2005年。 



ビーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 01:09 UTC 版)

幻想水滸伝シリーズの世界観」の記事における「ビーバー」の解説

背が人間半分ほどしかない民族ファレナ女王国集落在住する土木技術優れているが、それを軍事的に利用させられることが多い。好戦的な民族ではないが水中自在に泳ぐ事が出来土木工事用いハンマー使った水上戦を得意とするまた、土木工事際には歯で木をかじる事もあるが、その時木の歯触りお気に入りである。

※この「ビーバー」の解説は、「幻想水滸伝シリーズの世界観」の解説の一部です。
「ビーバー」を含む「幻想水滸伝シリーズの世界観」の記事については、「幻想水滸伝シリーズの世界観」の概要を参照ください。


ビーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:15 UTC 版)

乱獲」の記事における「ビーバー」の解説

この水辺動物は、その美し毛皮元で乱獲され、絶滅寸前にまで追い込まれた。帽子材料として19世紀前半まで年間1050頭が乱獲された。この結果、ビーバーの数が激減して毛皮価格高騰、到底帽子原料として使えないまでになったこの後シルクハット発明され流行シルクハット移行していったため毛皮価値下がり、乱獲されないようになっていった。後の手厚い保護にもより、次第に数は回復傾向にある。

※この「ビーバー」の解説は、「乱獲」の解説の一部です。
「ビーバー」を含む「乱獲」の記事については、「乱獲」の概要を参照ください。


ビーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 01:32 UTC 版)

無口なウサギ」の記事における「ビーバー」の解説

カナダの国旗帽子かぶっている紫色のビーバー。ウサギとは友達だが、あまり一緒に出かける事はなく、登場回数少ない。ウサギと同じアパート住んでいて、ウサギ隣の部屋あたりに住んでいるアイスホッケー大好きで自分でホッケーをするのも試合観戦をするのも好き。アイスホッケー事になる熱中して周りが見えなくなるメープルシロップをかけた小枝好物

※この「ビーバー」の解説は、「無口なウサギ」の解説の一部です。
「ビーバー」を含む「無口なウサギ」の記事については、「無口なウサギ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビーバー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビーバー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:24 UTC 版)

名詞

ビーバー海狸

  1. 齧歯目ビーバー科ビーバー属する哺乳類総称北欧シベリア中国北部北アメリカ分布。尾は扁平で、覆われる。後肢の指と指の水掻きがある。発達した前歯で木を噛み倒し、泥などと共に積み上げてダム作りその中営巣する。草食性で、木の葉や皮を食べる。食用に、また毛皮帽子材料供され乱獲された。一方天敵少な地域では大量の樹木噛み倒し森林破壊招いている。海狸かいりうみだぬき

発音(?)

び↘ーばー

翻訳


「ビーバー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビーバーと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビーバー」の関連用語

ビーバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビーバーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの幻想水滸伝シリーズの世界観 (改訂履歴)、乱獲 (改訂履歴)、無口なウサギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS