素地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 素地 > 素地の意味・解説 

き‐じ〔‐ヂ〕【生地/素地】

読み方:きじ

手を加えていない、もともとの性質。「―が出る」

化粧しないままの素肌素顔。「―のままできれいな人

布・織物などの地質また、染色仕立てなどの加工をするための布・織物。「―のいい背広

陶磁器の、まだ釉(うわぐすり)を塗っていないもの。

パン・麺(めん)やパイ皮するために、粉をこねあげたもの。


しら‐じ〔‐ジ|‐ヂ〕【白×瓷/素地】

読み方:しらじ

陶器や瓦(かわら)などの、まだ焼かれないもの。生素地(なまきじ)。また、素焼きのもの。

素焼きであるところからすり鉢


そ‐じ〔‐ヂ〕【素地】

読み方:そじ

手を加えない、もともとの性質。きじ。したじ。

何かをするときの基礎土台。「―があるのでのみこみ早い


そ‐ち【素地】

読み方:そち

⇒そじ(素地)


素地

読み方:キジkiji), ソジ(soji)

手を加えていないもとのままの性質


素地

読み方:シラジ(shiraji)

陶器・瓦などの、成形してまだ焼かないもの


素地・木地

読み方:きじ

漆器陶器塗り焼き加えない状態の器胎のことです。漆器の場合は漆を塗る直前までの木の器や家具陶器の場合は釉薬をかける前の成形された土のものです

素地(しらじ)

荒地(あらじ)を瓦の形に成型し乾燥させたもの。瓦の寸法精度確保しようとすると、乾燥の方法はとくに重要である
厚い部分乾燥速度遅く乾燥しやすい薄い部分引っ張られ開きかげんになったり亀裂生じたりする。そのため成型際に、素地に予想されるねじれの反対のタメをあらかじめいれておき、乾燥してちょうど予定形状になるようにしておく必要があるタメのいれ方は使う土の材質によって異なる
とくに平面性寸法精度必要とする敷瓦の場合、素地をどう精度よく作るかは問題で、300mm角以上になると難しく価格極めて高くなる


素地

読み方キジ

胎土(坏土)で成形した焼成前の無釉のものをいうまた、素焼前の成形品を生素地、素焼後のものを素焼素地ともいう。さらに上絵付工程のある場合上絵付に対し、白い素焼の焼上品を白素地といったりする。

素地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/10 06:51 UTC 版)



素地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:20 UTC 版)

フランツ・カフカ」の記事における「素地」の解説

カフカ熱心な読書家であり、小説執筆するにあたって敬愛する多くの作家手本としていた。その読書遍歴幼年期童話始まり、それから児童文学古典アーサー・コナン・ドイルジュール・ベルヌといった冒険小説続きその範囲絶え広がっていった。17歳の時、既にニーチェ読んでいたが、その反面40歳過ぎてからも童話ボーイスカウト雑誌等好んで読んでいた。同時代文学もしっかり追いかけていたが、当時表現主義文学攻撃的な表現好まなかった。カフカ好んだのはチェーホフトーマス・マン短編小説ロベルト・ヴァルザー散文小品見られる様な簡潔で控えめな表現であり、しかしその一方ディッケンズ長編作品等も楽しんで読んだカフカは特にフローベールドストエフスキークライストグリルパルツァーといった作家自分の文学的血族であると考えており、彼らの作品だけでなく、日記書簡といったプライベートな書き物まで耽読し、彼らの生涯自分のそれとを重ね合わせていた。 カフカ表面的には一介の保険局員として生涯送ったが、早くからカフカ才能注目していたマックス・ブロート引き入れられプラハ文壇での付き合いもあった。カフカ面識のあった作家にはフランツ・ヴェルフェルヤロスラフ・ハシェク 等がいる。 カフカ生涯送ったプラハではドイツ語話者少数派であり、彼らは多数派であるチェコ人達の間に混じって生活していた。その為プラハではドイツ語(プラハ・ドイツ語)は日常言語としては、あまり発展を遂げず反って標準ドイツ語純粋さ保たれていた。カフカが日使っていたドイツ語にはドイツ語圏南部特徴プラハ特有の言い回し多少見られるが、文学作品使われているのは明瞭で正確な古典的ドイツ語である。

※この「素地」の解説は、「フランツ・カフカ」の解説の一部です。
「素地」を含む「フランツ・カフカ」の記事については、「フランツ・カフカ」の概要を参照ください。


素地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:58 UTC 版)

マンション」の記事における「素地」の解説

マンション開発が行われる土地は、「素地」と呼ばれることがあり、素地の価格は、マンション開発投資採算性立場から、法令許容される床面積重視して評価することとなる。

※この「素地」の解説は、「マンション」の解説の一部です。
「素地」を含む「マンション」の記事については、「マンション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「素地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

素地

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 23:09 UTC 版)

名詞

(そじ、そち)

  1. 工芸加工等する前の下地部分
  2. 土木建築開発行為をする前の素材となる土地

翻訳

    • 英語:

「素地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



素地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「素地」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

素地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



素地のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2022 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2022 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2022 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの素地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランツ・カフカ (改訂履歴)、マンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの素地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS