rawとは? わかりやすく解説

アール‐エー‐ダブリュー【RAW】

読み方:あーるえーだぶりゅー

read after write》⇒リードアフターライト


ロー【RAW】


RAW

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  PictBridge  PTP  PTP/IP  RAW  ライティング  ラチチュード  ランドスケープモード

Raw

名前 ロウ

ロウ

(raw から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 05:53 UTC 版)

ロウろうローろー




「ロウ」の続きの解説一覧

RAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 05:36 UTC 版)

RAW(ロー、ロウ、アール・エー・ダブリュー)




「RAW」の続きの解説一覧

RAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 16:00 UTC 版)

ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」の記事における「RAW」の解説

サブミッション・マッチ -Submission Match- ○クリス・ベノワ(9分38秒、クリップラー・クロスフェイスクリス・ジェリコ● ○バティスタ38秒、バティスタボム片エビ固めメイヴェン世界タッグ選手権試合 -World Tag Team Championship- ●ラ・レジスタンスシルヴァン・グラニエロブ・コンウェイ)(王者)(4分35秒、バズソーキック→片エビ固めTAJIRIウィリアム・リーガル挑戦者)○ラ・レジスタンス防衛失敗TAJIRIリーガル組が新王者となる。 ○ショーン・マイケルズ10分17秒、スウィート・チン・ミュージック片エビ固めリック・フレアー● ○ランディ・オートン5分10秒、スクールボーイタイソン・トムコ世界ヘビー級選手権試合 -World Heavyweight Championship- ○トリプルH王者)(w/ リック・フレアー)(1649秒、ペディグリー片エビ固めエッジ挑戦者)●トリプルH防衛成功

※この「RAW」の解説は、「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」の解説の一部です。
「RAW」を含む「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」の記事については、「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」の概要を参照ください。


RAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:39 UTC 版)

デジタルカメラ」の記事における「RAW」の解説

RAWフォーマットは、撮像素子からのデジタルデータ最小限の処理だけで記録する階調削減圧縮による画質劣化がないため、プロやハイアマチュアのカメラマン好んで用いられる。RAWは一般にファイルサイズが非常に大きくなるため、連写速度落ちたり、しばらく操作受付なくなることもある。RAWフォーマットメーカーや、場合によっては機種ごとに異なっており、互換性ほとんどないまた、そのままでパソコン上で表示することができず、メーカーなどが提供する専用読み込み再生用のパソコン用ソフトウェア使って表示したり、読み込み後にExifJPEGなどの汎用形式変換してから表示する必要がある。この変換理を現像」といい、それに用いられるソフトウェアを「現像ソフトと呼ぶ

※この「RAW」の解説は、「デジタルカメラ」の解説の一部です。
「RAW」を含む「デジタルカメラ」の記事については、「デジタルカメラ」の概要を参照ください。


RAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 09:04 UTC 版)

レッスルマニア37」の記事における「RAW」の解説

昨年レッスルマニア36にてブロック・レスナー倒しWWE王座を初戴冠したドリュー・マッキンタイア一度はランディ・オートン王座奪われたものの、王者としてRAWを牽引していた。だが2月行われたElimination Chamber 2021チェンバー戦に勝利し無事、王座防衛かと思われ矢先Backlash 2020対戦した前US王者ボビー・ラシュリー襲撃を受ける。その直後マネー・イン・ザ・バンク権利保持するザ・ミズ防衛戦組まれ敗北ミズ王座奪われてしまう。その後ミズからWWE王座奪取したラシュリーに、マッキンタイア3月15日のRAWにて「レッスルマニアでは王座取り戻す」と宣言本大会にて三度目WWE王座戴冠を狙う。

※この「RAW」の解説は、「レッスルマニア37」の解説の一部です。
「RAW」を含む「レッスルマニア37」の記事については、「レッスルマニア37」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「raw」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「raw」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

rawのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



rawのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリRAWの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロウ (改訂履歴)、RAW (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR (改訂履歴)、デジタルカメラ (改訂履歴)、レッスルマニア37 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS