画像処理とは? わかりやすく解説

がぞう‐しょり〔グワザウ‐〕【画像処理】

読み方:がぞうしょり

画像データコンピューターによって処理し変形着色などの加工を行うこと。視覚情報からの特徴抽出計測分類など含まれるイメージ処理画像情報処理。


画像処理 image processing


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 14:28 UTC 版)

画像処理(がぞうしょり、Image processing)とは、主にコンピュータを使用して、画像を変形したり、色合いを変えたり、別の画像と合成したり、画像から何らかの情報を取り出す等の処理全般を指す。






「画像処理」の続きの解説一覧

画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 22:38 UTC 版)

マイクロマウス」の記事における「画像処理」の解説

高さ制限が無いため、スタート地点上方からカメラ迷路撮影し、画像処理で最短経路求め事も可能である

※この「画像処理」の解説は、「マイクロマウス」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「マイクロマウス」の記事については、「マイクロマウス」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/30 14:23 UTC 版)

マシンビジョン」の記事における「画像処理」の解説

画像撮影したら、それを処理する次のような画像処理技法使われている。 ピクセルカウント: 明るい(あるいは暗い)ピクセル数数える。 しきい値設定: グレイ階調画像白黒画像変換するセグメンテーション: デジタル画像複数セグメント分割して単純化したり、より分しやすい意味のある形に変換するブロブ検出操作英語版): 画像からブロブ例え灰色物体中にある黒い穴など)と呼ばれる部分識別するブロブ光学的ターゲットとして何らかのロボット操作対象表したり検査においては傷を表す。 パターン認識: テンプレートマッチングなど。特定パターン見つけ出しカウントしたりする物体位置のずれや向き違い認識したり、重なり認識したり、大きさ変化認識したりといったことが含まれるバーコード読み取り: マシンビジョンシステム向けの一次元二次元バーコード読み取る光学文字認識: シリアル番号などを自動的に読み取る計測: 物体寸法ミリメートルなどの単位測定するエッジ検出: 物体輪郭検出するニューラルネットワーク処理: 自律学習型の判断システム 数理形態学などを応用したフィルタリング

※この「画像処理」の解説は、「マシンビジョン」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「マシンビジョン」の記事については、「マシンビジョン」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 02:53 UTC 版)

ブラインド信号源分離」の記事における「画像処理」の解説

図2はブラインド信号源分離基本的な概念示している。図2では個々の信号源を示すと同時に混合信号示してある。ブラインド信号源分離は、混合信号のみが既知で、元々の信号あるいはそれらがどのように混合されたかは未知の条件下使用される分離され信号あくまでも元々の信号近似でしかない。元々の画像は、PythonShogun toolbox独立成分分析基づ固有行列同時近似対角化などを使って分離される。このツールボックスの手法は多次元に対して使用可能だが、実際には2次元簡単な目に見える画像対象としている。

※この「画像処理」の解説は、「ブラインド信号源分離」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「ブラインド信号源分離」の記事については、「ブラインド信号源分離」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 14:32 UTC 版)

ASIC」の記事における「画像処理」の解説

コンピュータ用3DグラフィックスレンダリングエンジンとなるLSIなどにも利用されている。また、デジタルスチルカメラデジタルビデオカメラなどでの画像補正画像圧縮の処理に専用ASIC開発しているメーカー(例:キヤノンDIGICなど)もある。

※この「画像処理」の解説は、「ASIC」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「ASIC」の記事については、「ASIC」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:39 UTC 版)

デジタルカメラ」の記事における「画像処理」の解説

撮像素子から出力されアナログデータA/D変換された後、映像エンジン画像エンジンなどと呼ばれる画像処理専用ICによって、暗電流補正補間演算色空間変換ガンマ補正収差補正ノイズリダクション画像圧縮どの様々な画像処理が行なわれ、外部利用適した画像形式変換される。たとえ同じ撮像素子使っていても、カメラメーカー異なっていれば画質傾向違ってくる。画像処理のアルゴリズム出力される画質左右するため、メーカーでは様々な工夫行っているかつてはこの処理に時間が掛かるのがデジタルカメラ問題点1つであったが、今ではデジタル演算能力の向上によってほぼ解決されている。

※この「画像処理」の解説は、「デジタルカメラ」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「デジタルカメラ」の記事については、「デジタルカメラ」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 03:42 UTC 版)

天体写真」の記事における「画像処理」の解説

1980年代には増感処理やサバチェ効果等写真的手法による画像処理が行われたが、1990年代入りパソコン普及するフィルムスキャナー取り込んだ画像Photoshop等のデジタル画像処理ソフトで画像処理する手法普及し始めた。やがて、電子的な手法撮像した画像そのまま電子媒体を介して画像処理する手法定着する。インタラクティブアストロノミーではその手法紹介された。

※この「画像処理」の解説は、「天体写真」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「天体写真」の記事については、「天体写真」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/03 17:48 UTC 版)

エイムズ研究センター」の記事における「画像処理」の解説

衛星画像の画像処理を世界で初め行ったのもエイムズ研究センターである。フーリエ解析使ったコントラスト強調技術もここで開発された。

※この「画像処理」の解説は、「エイムズ研究センター」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「エイムズ研究センター」の記事については、「エイムズ研究センター」の概要を参照ください。


画像処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 03:40 UTC 版)

ローパスフィルタ」の記事における「画像処理」の解説

画像処理においては空間周波数、つまり画像中の模様の粗い細かいによるフィルタリングを指す。要するに「細かい模様をぼかす」という事である。なお、デジタルカメラビデオカメラでは、画像標本化起こエイリアスモアレ)を防ぐために、撮像素子の前、すなわち標本化以前に光学的にローパスフィルタ」をアンチエイリアスのために入れている。

※この「画像処理」の解説は、「ローパスフィルタ」の解説の一部です。
「画像処理」を含む「ローパスフィルタ」の記事については、「ローパスフィルタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「画像処理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「画像処理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「画像処理」の関連用語

画像処理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



画像処理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ画像処理の記事を利用しております。
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの画像処理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイクロマウス (改訂履歴)、マシンビジョン (改訂履歴)、ブラインド信号源分離 (改訂履歴)、ASIC (改訂履歴)、デジタルカメラ (改訂履歴)、天体写真 (改訂履歴)、エイムズ研究センター (改訂履歴)、ローパスフィルタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS