中村草田男とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 中村草田男の意味・解説 

なかむらくさたお -くさたを 【中村草田男】 ○

1901~1983俳人中国アモイ生まれ本名、清一郎ホトトギス同人人間探求派として知られ、「万緑」を創刊主宰句集長子」「火の島」「万緑」「銀河依然」ほか。

中村草田男

読み方なかむら くさたお

俳人中国福建省生。本名一郎早くから文学に志し、水原秋桜子指導をうけ、「ホトトギス」で脚光をあびる。その後万緑」を創刊主宰した。『長子』『火の島』などの句集の他著書多数昭和58年(1983)歿、82才。

中村草田男

中村草田男の俳句

あかんぼの舌の強さや飛ぶ飛ぶ雪
あたたかき十一月もすみにけり
あたたかなふたりの吾子を分け通る
そら豆の花の黒き目数しれず
つばくらめ斯くまでならぶことのあり
とらへたる蝶のあがきのにほひかな
はたはたや退路絶たれて道初まる
ひた急ぐ犬に合ひけり木の芽道
ふるさとの春暁にある厠かな
ほととぎす敵は必ず斬るべきもの
みちのくの蚯蚓短し山坂勝ち
むらさきになりゆく墓に詣るのみ
わが背丈以上は空や初雲雀
をみならも涼しきときは遠を見る
オリオンと店の林檎が帰路の栄
万緑の中や吾子の歯生え初むる
世界病むを語りつつ林檎裸となる
乙鳥はまぶしき鳥となりにけり
伸びる肉ちぢまる肉や稼ぐ裸
六月の氷菓一盞の別れかな
六月馬は白菱形を額に帯び
冬すでに路標にまがふ墓一基
冬の水一枝の影も欺かず
冬晴れの晴衣の乳を飲んでをる
冬浜を一川の紺裁ち裂ける
勇気こそ地の塩なれや梅真白
厚餡割ればシクと音して雲の峰
原爆忌いま地に接吻してはならぬ
友もやや表札古りて秋に棲む
吾妻かの三日月ほどの吾子胎すか
咲き切つて薔薇の容を越えけるも
四十路さながら雲多き午後曼珠沙華
墜ち蟷螂だまつて抱腹絶倒せり
壮行や深雪に犬のみ腰をおとし
夕桜あの家この家に琴鳴りて
夕桜城の石崖裾濃なる
夕汽笛一すじ寒しいざ妹へ
夜の蟻迷へるものは弧を描く
大学生おほかた貧し雁帰る
妻二タ夜あらず二タ夜の天の川
妻恋し炎天の岩石もて撃ち
妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る
子のための又夫のための乳房すずし
家を出て手を引かれたる祭かな
富士秋天墓は小さく死は易し
寒星や神の算盤ただひそか
寒鴉啼きて沖には国もなし
少年の見遣るは少女鳥雲に
手の薔薇に蜂来れば我王の如し
旧景が闇を脱ぎゆく大旦
 

中村草田男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/17 02:05 UTC 版)

中村 草田男(なかむら くさたお、1901年明治34年)7月24日 - 1983年昭和58年)8月5日)は、中国アモイ出身の俳人。本名清一郎(せいいちろう)。東京帝国大学国文科卒。高浜虚子に師事、「ホトトギス」で客観写生を学びつつ、ニーチェなどの西洋思想から影響を受け、生活や人間性に根ざした句を模索。石田波郷加藤楸邨らとともに人間探求派と呼ばれた。「萬緑」を創刊・主宰。戦後は第二芸術論争をはじめとして様々な俳句論争で主導的な役割をもった。忌日は「草田男忌」として季語




  1. ^ a b c d 横澤放川 「中村草田男」『現代俳句大事典』 391-392頁。
  2. ^ a b 『中村草田男集』略年譜 317-320頁。
  3. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 322頁。
  4. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 323-324頁。
  5. ^ 三女の中村弓子によれば、この頃草田男は父の死後も休学などでぐずぐずしていたことで親戚の一人から「お前は腐った男だ」と痛罵された。「草田男」はこの「腐った男」のもじりであるとともに、音読みの「そうでん」には「俺は確かに腐った男かもしれん。だが、そう出ん(そうそう現われない)男なのだぞ」という自負が込められているという。(『中村草田男全集別巻』)
  6. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)239頁
  7. ^ 『朝日新聞』1984年4月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  8. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 325頁。
  9. ^ 『図説 俳句』 170頁。
  10. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 324-326頁。
  11. ^ 『定本 現代俳句』 332頁。
  12. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 328-329頁。
  13. ^ 『中村草田男集』三橋敏雄解説 326頁。
  14. ^ 『俳句研究』瓜生鐵ニ「ルビ俳句 ルビ俳句のこと 碧梧桐・直得を中心に」富士見書房1993年2月号65頁。
  15. ^ 『現代俳句大事典』川名大「草田男の犬論争」 198-199頁。
  16. ^ 『定本 現代俳句』 316-318頁。
  17. ^ 『定本 現代俳句』 321-322頁。
  18. ^ 『定本 現代俳句』 328-329頁。
  19. ^ 『定本 現代俳句』 331-333頁。


「中村草田男」の続きの解説一覧



中村草田男と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中村草田男」の関連用語

中村草田男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中村草田男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中村草田男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS