清水多嘉示とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 彫刻家 > 日本の彫刻家 > 清水多嘉示の意味・解説 

しみず‐たかし〔しみづ‐〕【清水多嘉示】

[1897~1981]彫刻家長野生まれフランス留学し、ブールデル師事


清水多嘉示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 08:25 UTC 版)

清水 多嘉示(しみず たかし、1897年〈明治30年〉7月27日 - 1981年〈昭和56年〉5月5日)は、長野県諏訪郡原村出身の彫刻家武蔵野美術大学教授、文化功労者、原村名誉市民である。[1][2]




  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『清水多嘉示』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『清水多嘉示』 - コトバンク
  3. ^ 清水のフランス留学中の1924年(大正13年)中村彝は亡くなる。
  4. ^ 意気昂然と二歩三歩 山極勝三郎先生の生涯と業績 晩年~受け継がれる志 後に大きな評価を得る (5/5)」より(2014年2月8日閲覧)。


「清水多嘉示」の続きの解説一覧



清水多嘉示と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清水多嘉示」の関連用語

清水多嘉示のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



清水多嘉示のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清水多嘉示 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS