尾上梅幸_(7代目)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 尾上梅幸_(7代目)の意味・解説 

尾上梅幸 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 01:10 UTC 版)

七代目 尾上 梅幸(しちだいめ おのえ ばいこう、1915年大正4年)8月31日 - 1995年平成7年)3月24日)は、歌舞伎役者。屋号音羽屋定紋重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。本名は寺島 誠三(てらしま せいぞう)。




  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  2. ^ 「秋の叙勲に4575人 女性が史上最高の379人」『読売新聞』1987年11月3日朝刊


「尾上梅幸 (7代目)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾上梅幸_(7代目)」の関連用語

尾上梅幸_(7代目)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尾上梅幸_(7代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾上梅幸 (7代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS