竹田恆和とは?

竹田恆和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/25 23:33 UTC 版)

竹田 恆和(たけだ つねかず、1947年〈昭和22年〉11月1日 - )は、実業家日本オリンピック委員会(JOC)元会長(10期)。元国際オリンピック委員会委員。元2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長[1]国際馬術連盟名誉副会長(終身)、日本馬術連盟副会長。アジアオリンピック評議会副会長。1972年ミュンヘンオリンピック1976年モントリオールオリンピック馬術日本代表。旅行会社せとうちLTKトラベル(旧・LTKライゼビューロージャパン、東京都知事登録第2-7127号)代表取締役会長パーク24株式会社社外取締役東京都出身。




注釈

  1. ^ PR会社を経て東京放送勤務
  2. ^ 第1子が恒泰(長男)・第2子が恒俊(次男)・第3子が長女で学習院出身

出典

  1. ^ 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任 一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「スポーツ歴史の検証 オリンピアンかく語りき、第10回 馬術の名手、五輪への蹄跡 竹田恆和」151-165頁、聞き手・西田善夫、文・山本尚子、構成・写真・フォート・キシモト。
  3. ^ JOC竹田会長再任、10期目 強化本部長に山下氏毎日新聞社
  4. ^ 竹田氏がIOC委員に 日本で13人目、親子2代 産経新聞 2012年7月26日閲覧
  5. ^ 電通元専務に資金9億円弱 五輪招致でロイター報道” (日本語). 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  6. ^ 電通元専務に9億円 東京五輪招致、ロビー活動担当―ロイター通信” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  7. ^ JOC竹田会長を訴追手続き 仏当局、五輪招致汚職容疑 朝日新聞 2019年1月11日
  8. ^ JOC竹田会長を「起訴に向け捜査」…仏で報道 読売新聞 2019年1月11日
  9. ^ JOC竹田会長、退任不可避に 東京五輪の招致疑惑 共同通信2019年3月15日
  10. ^ Antoni Slodkowski、Nathan Layne、斎藤真理、宮崎亜巳 (2020年3月31日). “東京五輪招致で組織委理事に約9億円、汚職疑惑の人物にロビー活動も” (日本語). ロイター. ニューズウィーク日本版. 2020年7月31日閲覧。
  11. ^ 日本の捜査協力は限定的、と仏側”. 佐賀新聞. 2021年2月27日閲覧。
  12. ^ a b c d 竹田恒和JOC会長 堕ちた旧皇族の暗部、『週刊文春』2019年1月31日号、136-139頁。
  13. ^ 中日新聞』1974年10月23日夕刊6面。
  14. ^ 河原敏明『天皇家の50年』p.264-265。
  15. ^ 「五輪馬術代表の竹田選手 女性はね死なす」1974年10月23日付の読売新聞夕刊。
  16. ^ 語られなかった皇族たちの真実 223頁


「竹田恆和」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹田恆和」の関連用語

竹田恆和のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竹田恆和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹田恆和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS