染谷将太とは?

染谷将太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 09:34 UTC 版)

染谷 将太(そめたに しょうた、1992年9月3日 - )は、日本の俳優




注釈

  1. ^ オリジナルビデオ作品。劇場未公開。
  2. ^ 自主制作映画
  3. ^ 桃まつり』の一部として渋谷ユーロスペースにてレイトショー上映。
  4. ^ 2012年10月27日 - 11月9日、オーディトリウム渋谷公開。
  5. ^ 2013年3月9日 - 15日、オーディトリウム渋谷1週間限定レイトショー公開。ただいま、ジャクリーン”. 2013年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  6. ^ 自主制作の16mm短篇映画。
  7. ^ 2013年6月29日 - 7月19日、期間限定上映。濱口竜介プロスペクティヴ in Kansai
  8. ^ 2010年3月17日、YouTube上で各話のビデオクリップが随時公開 / 2010年3月24日、レコチョク ビデオクリップサイト等で有料配信。
  9. ^ TBSラジオスペシャル。
  10. ^ 特集オーディオドラマ。
  11. ^ BUMP OF CHICKEN「グッドラック」期間限定版DVDに収録。

出典

  1. ^ a b NEWS”. 染谷将太 SHOTA SOMETANI OFFICIAL WEBSITE. トイズファクトリー (2013年9月3日). 2014年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月7日閲覧。
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.547
  3. ^ 卒業生染谷将太さん ベネチア国際映画祭の新人賞受賞おめでとうございます!!”. トピックス&ニュース. 日出学園 (2013年3月30日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  4. ^ ベネチア国際映画祭で日本人初の新人賞受賞!!”. 日出中学校・高等学校ジャーナル. 日出学園 (2011年9月21日). 2013年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  5. ^ a b 高倉文紀 (2011年11月4日). “【NEXT BREAKERS】染谷将太〜19歳でベネチア国際映画祭日本人初の最優秀新人賞 (2/2)”. 日経トレンディネット. 2014年12月2日閲覧。
  6. ^ 加藤弓子 (2014年11月28日). “【染谷将太】役者って身体さえあればできるので飽きないで”. ZAKZAK. 2014年12月2日閲覧。
  7. ^ a b “ベネチア映画祭で染谷将太&二階堂ふみが日本人初の新人賞ダブル受賞”. ORICON STYLE (東京都: オリコン). (2011年9月11日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001649/full/ 2013年4月13日閲覧。 
  8. ^ 第66回毎日映画コンクール発表 日本映画大賞は99歳・新藤監督の『一枚のハガキ』”. ORICON STYLE (2012年1月18日). 2014年12月2日閲覧。
  9. ^ 武井咲、東方神起・チャンミンら、「新人俳優賞」受賞でスピーチ〈第36回日本アカデミー賞〉”. モデルプレス (2013年1月22日). 2014年12月2日閲覧。
  10. ^ “染谷将太がニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞!”. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150101-1416360.html 2015年1月2日閲覧。 
  11. ^ 加盟陳凱歌《妖貓傳》 染谷將太剃頭演僧人”. 東網 (2016年8月8日). 2017年5月7日閲覧。
  12. ^ 染谷將太主演陳凱歌百五億新片 剃頭演僧侶”. 東網 (2016年10月17日). 2017年5月7日閲覧。
  13. ^ 染谷将太が丸坊主で空海に、チェン・カイコー新作『空海―KU-KAI―』”. CINRA.NET (2016年10月17日). 2017年5月7日閲覧。
  14. ^ “染谷将太、丸刈りで若き日の空海役 日中合作映画で主演”. ORICON NEWS. (2016年10月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2080102/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  15. ^ 染谷将太「革新的な信長」目指す 『麒麟がくる』で大役抜てき”. ORICON NEWS. 2019年5月9日閲覧。
  16. ^ a b c 男の履歴書 染谷将太編|インライフ
  17. ^ 染谷将太の趣味はプロレス観戦 有田哲平と対決し観客から拍手|トピックニュース
  18. ^ 渡邉ひかる. “【イケメン発掘調査隊】第38回『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』染谷将太”. シネマトゥデイ. 2013年9月7日閲覧。
  19. ^ 「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ邦画編」出版記念特集上映会 6/6(金)上映「青春の殺人者」トークレポート
  20. ^ “染谷将太が監督・脚本!『シミラーバッドディファレント』一夜限りの限定上映!”. シネマトゥデイ. (2013年11月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0058524 2018年7月15日閲覧。 
  21. ^ “菊地凛子&染谷将太が結婚”. 日刊スポーツ. (2015年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150101-1416360.html 2015年1月2日閲覧。 
  22. ^ “染谷将太&菊地凛子夫妻に第1子誕生 染谷が公式サイトで発表”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年10月8日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/08/0009563920.shtml 2016年10月8日閲覧。 
  23. ^ 染谷将太と菊地凛子夫妻に第2子誕生「新たな刺激」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年5月9日閲覧。
  24. ^ 染谷将太監督作品『シミラー バット ディファレント』Q&A”. LOAD SHOW (2013年11月18日). 2014年12月2日閲覧。
  25. ^ 「特集上映 濱口竜介プロスペクティヴ in Kansai」”. Lmaga.jp (2013年5月31日). 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月7日閲覧。
  26. ^ 染谷将太、矢口監督新作「WOOD JOB!」に主演!長澤まさみ&伊藤英明も参戦”. 映画.com (2013年6月6日). 2013年6月7日閲覧。
  27. ^ 矢口史靖監督、最新作は“林業”がテーマ。主演は染谷将太”. ぴあ映画生活 (2013年6月). 2013年6月7日閲覧。
  28. ^ 染谷将太&黒川芽以がヤンキー姉弟に 伊藤たかみ原作「ドライブイン蒲生」公開”. 映画.com (2014年4月12日). 2014年4月14日閲覧。
  29. ^ 園子温「TOKYO TRIBE」に佐藤隆太、窪塚洋介、染谷将太ら豪華キャスト結集”. 映画.com (2014年4月11日). 2014年4月14日閲覧。
  30. ^ 大泉洋、地元・北海道企画「ぶどうのなみだ」に主演!染谷将太と兄弟役でタッグ”. 映画.com (2013年9月17日). 2013年11月20日閲覧。
  31. ^ 安藤裕子がヒロイン役に抜擢、大泉洋&染谷将太共演の映画『ぶどうのなみだ(仮)』”. CINRA.NET (2013年9月30日). 2013年11月20日閲覧。
  32. ^ 映画「神さまの言うとおり」に優希美青、染谷将太が出演”. コミックナタリー (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  33. ^ 伝説の漫画「寄生獣」を山崎貴監督が2部作で映画化!染谷将太×深津絵里が参戦”. 映画.com (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  34. ^ 『寄生獣』映画実写化決定 染谷将太×深津絵里×橋本愛が出演”. オリコンスタイル (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  35. ^ 染谷将太&前田敦子、廣木隆一監督作「さよなら歌舞伎町」で初共演!”. 映画.com (2014年7月13日). 2014年7月13日閲覧。
  36. ^ 石井岳龍監督14年ぶりのロック映画!染谷将太×水野絵梨奈×綾野剛ら参戦”. 映画.com (2015年3月5日). 2015年4月24日閲覧。
  37. ^ 岡田将生、染谷将太&成海璃子とアクションに初挑戦!「ストレイヤーズ・クロニクル」実写映画化”. CinemaCafe.net (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  38. ^ 染谷将太、佐藤健&神木隆之介のライバルに! 天才漫画家・エイジを熱演…実写版『バクマン。』”. CinemaCafe.net (2014年11月17日). 2014年11月17日閲覧。
  39. ^ 安田顕主演作『俳優 亀岡拓次』に麻生久美子、新井浩文らが出演”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  40. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  41. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  42. ^ 65歳まで現役続けたレスラー最後の1年追う映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』”. webdice (2017年2月3日). 2017年2月9日閲覧。
  43. ^ プロレスファンの染谷将太、天龍源一郎との初対面に感激”. 映画ナタリー (2017年2月4日). 2017年2月9日閲覧。
  44. ^ “映画「3月のライオン」二海堂役は染谷将太!キャスト写真も一斉公開”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年12月9日). http://natalie.mu/comic/news/212544 2016年12月9日閲覧。 
  45. ^ “太賀×中村蒼×矢本悠馬×染谷将太ら若手実力派結集!青春小説「ポンチョ」を映画化”. 映画.com (カカクコム). (2017年3月15日). http://eiga.com/news/20170315/2/ 2017年3月15日閲覧。 
  46. ^ “染谷将太がチェン・カイコー監督作「空海―KU-KAI―」で主演”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/eiga/news/205591 2016年10月17日閲覧。 
  47. ^ 半澤孝平 (2017年6月5日). “映画「きみの鳥は歌える」主演に柄本さんら”. 函館新聞 (函館新聞社). https://digital.hakoshin.jp/life/culture/21463 
  48. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」に永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら結集!”. 映画.com. (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/4/ 2018年3月16日閲覧。 
  49. ^ 染谷将太主演映画『最初の晩餐』11月公開 戸田恵梨香、窪塚洋介らと共演” (日本語). CINRA.NET. 2019年6月28日閲覧。
  50. ^ “シライサン:飯豊まりえ主演ホラー映画に忍成修吾、谷村美月、江野沢愛美、染谷将太”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年6月12日). https://mantan-web.jp/article/20190611dog00m200041000c.html 2019年6月13日閲覧。 
  51. ^ “窪田正孝「初恋」に大森南朋、染谷将太、内野聖陽、ベッキー、村上淳、塩見三省ら参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月16日). https://natalie.mu/eiga/news/331509 2019年5月16日閲覧。 
  52. ^ 細田守新作「おおかみこどもの雨と雪」 声優出演に菅原文太、麻生久美子、谷村美月、染谷将太”. アニメ!アニメ!. 2012年5月30日閲覧。
  53. ^ 細田守監督最新作、役所広司が主演声優に決定!宮崎あおいら豪華キャスト陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  54. ^ 《2020年大河ドラマ》“美濃編” の出演者を発表!大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる”. NHKオンライン (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  55. ^ 川崎直子 (2014年5月14日). “林業男子が植物男子に?!話題の染谷さん登場!!”. 植物男子ベランダー スタッフBLOG. 2014年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  56. ^ 三上博史×染谷将太×リリー・フランキー、法廷ミステリーで“贖罪”問う”. CinemaCafe.net (2014年11月1日). 2014年11月11日閲覧。
  57. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2016年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月25日閲覧。
  58. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。
  59. ^ ピース又吉原作ドラマ「火花」に染谷将太、小林薫、田口トモロヲ、山本彩が出演”. 映画ナタリー (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  60. ^ “リリー・フランキーと染谷将太がHuluドラマで渡辺麻友、宮脇咲良らと共演”. 映画ナタリー. (2016年7月7日). http://natalie.mu/eiga/news/193639 2016年7月7日閲覧。 
  61. ^ ふなっしーの後継は“ミギー”!? 『寄生獣』コラボCM放送決定”. ぴあ映画生活 (2014年). 2014年12月23日閲覧。
  62. ^ 染谷将太:「白戸家」新CMで高校時代の“お父さん”に “お母さん”は広瀬すず”. 毎日新聞デジタル (2015年1月23日). 2015年1月29日閲覧。
  63. ^ “百獣の王”武井壮、念願の『モンハン』CM出演”. ORICON STYLE (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  64. ^ “池松壮亮の失敗談に染谷将太&山本美月もビックリ!” (プレスリリース), TVLIFE, (2017年9月28日), http://www.tvlife.jp/entame/141555 2017年9月29日閲覧。 
  65. ^ 染谷将太がニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞!”. シネマトゥデイ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  66. ^ 市川遥 (2015年7月6日). “染谷将太、ニューヨークで賞を受賞!「演技の道を極める」と英語でスピーチ”. シネマトゥデイ. 2015年7月6日閲覧。
  67. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。
  68. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180925 2016年3月25日閲覧。 


「染谷将太」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「染谷将太」の関連用語

染谷将太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



染谷将太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの染谷将太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS