山田孝之とは?

山田孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 04:39 UTC 版)

山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本俳優歌手映画監督鹿児島県出身[2]スターダストプロモーション所属[2]




注釈

  1. ^ 当初4月3日に公開予定だったが[42]新型コロナウイルスの影響で延期され[43]7月17日の公開となった[44]

出典

  1. ^ 山田 孝之のプロフィール”. 日本タレント名鑑. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ a b 『「山田孝之」人物情報』”. NAVER人物検索. 2012年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  3. ^ a b 上京本』ピクトアップ、2008年、22-23頁。
  4. ^ 山田孝之 映画「GANTZ」製作報告会見!”. スターダスト オフィシャルサイト. 2011年4月26日閲覧。
  5. ^ “二宮和也&松山ケンイチが映画報告会見に登場。『GANTZ』の魅力を分析”. ぴあ映画生活. http://cinema.pia.co.jp/news/154220/40537/ 2011年4月26日閲覧。 
  6. ^ “『十三人の刺客』山田孝之をヴェネチアで直撃!初の海外映画祭参加で「侍役は日本人にしか演じられない優越感」【第67回ヴェネチア国際映画祭】”. シネマトゥデイ. (2010年9月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0026852 2011年6月6日閲覧。 
  7. ^ “10 Actors to Look Out for in an Increasingly Global Business” (英語). ハリウッド・リポーター. (2010年10月28日). http://www.hollywoodreporter.com/news/10-actors-look-out-increasingly-33380 2011年4月26日閲覧。 
  8. ^ a b “New York Asian Film Festival Features Takashi Miike World Premiere” (英語). ハリウッド・リポーター. (2011年6月1日). http://www.hollywoodreporter.com/news/new-york-asian-film-festival-193546 2011年6月2日閲覧。 
  9. ^ “【速報!ニューヨークアジア映画祭】OP作品『ミロクローゼ』&山田孝之受賞で開幕!”. HogaHolic(ホウガホリック). (2011年7月5日). http://www.holic-mag.com/hogablog.php?blogid=11&itemid=2685 2011年7月6日閲覧。 
  10. ^ a b 第34回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2012年12月8日閲覧。
  11. ^ 日本インターネット映画大賞運営委員会 [@movieawards_jp] (24 January 2013). "@nobou_movie @sonoyoru スタッフC:日本インターネット映画大賞 t.co/5S16JQ7U 中間発表 日本映画部門助演男優賞は山田孝之さんが受賞されました。 #movieawards_jp #movie #eiga #映画" (ツイート). Twitterより2020年8月13日閲覧
  12. ^ a b 第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞. 2013年2月6日閲覧。
  13. ^ a b “裸一貫!山田孝之、男性ストリッパー役で初舞台”. サンケイスポーツ. (2013年3月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130306/oth13030605060017-n1.html 2013年3月6日閲覧。 
  14. ^ “山田孝之が監督初挑戦、ラップでの熱烈オファー受けTEE新曲MVを演出”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188492 2016年6月27日閲覧。 
  15. ^ a b “赤西仁&山田孝之、9・21CDデビュー ユニット「JINTAKA」結成”. ORICON STYLE. (2016年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2076645/full/ 2016年8月12日閲覧。 
  16. ^ “山田孝之が取締役CIOに就任 トランスコスモスと共同で新会社設立「光栄に思います」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2096740/full/ 2017年9月5日閲覧。 
  17. ^ “インフルエンサーのプレミアムコンテンツをライブ販売するミーアンドスターズ株式会社を俳優の山田孝之氏と設立” (プレスリリース), トランスコスモス株式会社,ミーアンドスターズ株式会社, (2017年9月5日), http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/170905.html 2017年9月5日閲覧。 
  18. ^ THE XXXXXX(山田孝之×綾野剛×内田朝陽)、初ワンマン大成功「最高でした」”. barks. 2019年4月27日閲覧。
  19. ^ 山田孝之、ヒゲが“生えるようになった”理由
  20. ^ 恐るべし!メディア効果⁈”. SAYUKI "INSIDER INFORMATION!!(SAYUKI公式ブログ) (2010年9月11日). 2012年2月10日閲覧。[信頼性要検証]
  21. ^ SAYUKIかおり孝之ショットだよー!”. SAYUKI "INSIDER INFORMATION!!(SAYUKI公式ブログ) (2012年1月6日). 2012年2月11日閲覧。
  22. ^ 作品情報:『ミロクローゼ』11月24日公開/ニューヨーク・アジア映画祭で主演:山田孝之が日本人初のライジング・スター・アワードを受賞した話題作”. INTRO. 2012年11月22日閲覧。
  23. ^ 成田おり枝 (2012年11月24日). “山田孝之が実姉との共演秘話を告白!石橋監督も「全然知らなかった”. ニュースウォーカー. http://news.walkerplus.com/2012/1124/10/ 2012年11月24日閲覧。 
  24. ^ 古河優 (2012年11月24日). “山田孝之、新作で実姉と共演!…も、周囲にはひた隠し”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0047984 2012年11月24日閲覧。 
  25. ^ INLIFE 男の履歴書DX 「山田 孝之」
  26. ^ ザテレビジョン. “初回ゲストは山田孝之!「水曜どうでしょう」幹部3人によるニコニコチャンネルが始動 | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年12月23日閲覧。
  27. ^ 「白夜行」主演・山田孝之に隠し子発覚 - ウェイバックマシン(2006年2月22日アーカイブ分)
  28. ^ “山田孝之、元日婚!7歳年上の一般女性と”. サンスポ. (2012年1月1日). オリジナルの2012年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120105162330/http://www.sanspo.com/geino/news/120101/gnb1201010505001-n1.htm 2012年1月1日閲覧。 
  29. ^ “山田孝之がパパに!愛妻の妊娠発表!すでに安定期へ”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2010年10月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0047039 2017年2月27日閲覧。 
  30. ^ “山田孝之、3月上旬に男児誕生していた”. サンスポ. (2013年3月16日). オリジナルの2013年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130321014941/http://www.sanspo.com/geino/news/20130316/mar13031605040000-n1.html 2013年3月16日閲覧。 
  31. ^ “山田孝之 男児誕生を発表「うれしく思っています」”. スポニチ. (2013年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/16/kiji/K20130316005404050.html 2013年3月17日閲覧。 
  32. ^ 週刊女性2017年5月30日号
  33. ^ 「FRIDAY DIGITAL」. “山田孝之 夜の銀座で見せた「憑依型俳優」の意外な素顔《現場写真》”. FRIDAY DIGITAL(2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  34. ^ 「文春オンライン」特集班. “山田孝之と真剣佑「美女密着デート」「美ら海クルーズ」“来県自粛”の沖縄でバカンス満喫《現場写真》”. 文春オンライン(2020年5月20日). 2020年5月21日閲覧。
  35. ^ “山田孝之、古典落語が原作・原案の「らくごえいが」に出演”. 映画.com. (2012年8月1日). http://eiga.com/news/20120801/5/ 2012年8月1日閲覧。 
  36. ^ “藤原竜也&山田孝之、中田秀夫監督新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク”. 映画.com. (2013年7月1日). http://eiga.com/news/20130701/1/ 2013年7月2日閲覧。 
  37. ^ “藤原竜也×山田孝之が激闘する中田秀夫監督「MONSTERZ」ビジュアル公開!”. 映画.com. (2013年11月27日). http://eiga.com/news/20131127/3/ 2013年11月27日閲覧。 
  38. ^ 映画『テラフォーマーズ』キャスト12名の情報が解禁! 秋田奈々緒役は武井咲、蛭間一郎役は山田孝之”. ファミ通.com (2015年7月27日). 2015年11月2日閲覧。
  39. ^ “佐藤健「何者」に主演!有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生と就活疑似体験で四苦八苦”. 映画.com. (2016年3月11日). http://eiga.com/news/20160311/1/ 2016年4月23日閲覧。 
  40. ^ 映画「ジョジョ」仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介!監督は三池崇史”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。
  41. ^ “山田孝之×長澤まさみ 福田雄一監督の恋愛映画『50回目のファーストキス』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年11月7日). https://www.cinra.net/news/20171107-50kiss 2017年11月7日閲覧。 
  42. ^ a b “山田孝之、シングルファーザー役に初挑戦! 重松清「ステップ」映画化決定”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年11月20日). https://eiga.com/news/20191120/3/ 2019年11月20日閲覧。 
  43. ^ “山田孝之主演『ステップ』公開延期”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年3月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115043 2020年7月2日閲覧。 
  44. ^ “山田孝之がシングルファーザーを演じる映画「ステップ」が7・17公開決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月2日). https://hochi.news/articles/20200702-OHT1T50151.html 2020年7月2日閲覧。 
  45. ^ “福田雄一×大泉洋『新解釈・三國志』に山田孝之、城田優、佐藤二朗が参戦!「とにかく三國志ファンに怒られないよう」”. MOVIE WALKER. (MOVIE WALKER Co., Ltd.). (2020年5月3日). https://movie.walkerplus.com/news/article/232126/ 2020年5月3日閲覧。 
  46. ^ “「はるヲうるひと」6月に公開決定、佐藤二朗が韓国の映画祭での受賞喜ぶ”. 映画ナタリー. (2020年12月10日). https://natalie.mu/eiga/news/408176 2021年2月12日閲覧。 
  47. ^ はるヲうるひと”. 映画.com. 2020年5月12日閲覧。
  48. ^ “16年夏、山田孝之はカンヌを目指していた…ドキュメンタリードラマ放送へ”. ORICON STYLE. (2016年12月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2082717/full/ 2016年12月8日閲覧。 
  49. ^ “山田孝之「破獄」でビートたけしと初共演!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月20日). https://thetv.jp/news/detail/101293/ 2017年2月20日閲覧。 
  50. ^ “山田孝之と菅田将暉がタッグ、デジタル遺品巡るドラマ「dele」7月より放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月25日). https://natalie.mu/eiga/news/283597 2018年5月25日閲覧。 
  51. ^ “『光秀のスマホ』光秀役の山田孝之、秀吉役の和田正人からコメント到着”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2020年10月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2174917/full/ 2020年12月19日閲覧。 
  52. ^ 田中みな実、山田孝之主演「光秀のスマホ」拡大版に出演決定 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2020年12月21日). 2020年12月23日閲覧。
  53. ^ ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』”. ホリプロ (2018年). 2018年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  54. ^ 山田孝之&柿澤勇人が熱演!福田雄一演出「シティ・オブ・エンジェルズ」開幕”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年9月1日). 2018年10月3日閲覧。
  55. ^ 山田孝之&石丸幹二「ペテン師と詐欺師」が新橋演舞場で、演出は福田雄一”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年8月28日). 2018年8月30日閲覧。
  56. ^ 旅マイスター(TBS)、2015年10月16日閲覧
  57. ^ “グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(1)アフリカ大陸 楽園の人々”. NHK. https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92552/2552409/index.html 2018年4月16日閲覧。 
  58. ^ “グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(2)アフリカ 大地を食う”. NHK. https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92552/2552410/index.html 2018年4月16日閲覧。 
  59. ^ “グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(3)インドネシア 島々の鼓動”. NHK. https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92552/2552412/index.html 2018年4月16日閲覧。 
  60. ^ 水曜日のカンパネラ「小野妹子」MVでコムアイ、山田孝之と舞い踊る”. 音楽ナタリー (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  61. ^ “山田孝之、Superflyジャケットに登場 映画『ウシジマくん』主題歌”. ORICON STYLE. (2016年8月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2077433/full/ 2016年8月29日閲覧。 
  62. ^ 山田孝之がアニメでマヌルネコに!水瀬いのりはツノゼミの声を担当”. ザテレビジョン (2018年11月1日). 2021年4月18日閲覧。
  63. ^ “映画「ドラクエ」主人公は佐藤健!パパス役は山田孝之、ビアンカ&フローラ役も決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月4日). https://natalie.mu/comic/news/326594 2019年4月4日閲覧。 
  64. ^ “山田孝之、『ドラクエ』新作声優に抜てき「呪文を唱えられて気持ちよかった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年4月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2069708/full/ 2019年11月20日閲覧。 
  65. ^ 山田孝之とMARO Boyzがストリートを練り歩く、話題のCM曲のMV公開”. BARKS (2017年5月26日). 2017年5月27日閲覧。
  66. ^ “山田孝之、フジファブリックの新曲にボーカルとして参加”. ORICON STYLE. (2016年12月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2083717/full/ 2016年12月27日閲覧。 
  67. ^ 竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同監督!大橋裕之の「ゾッキ」長編映画化”. 映画ナタリー (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  68. ^ 「おっさんずラブ」コンフィデンスアワード年間作品賞に、山田孝之&菅田将暉も受賞”. 映画ナタリー (2019年3月1日). 2019年4月3日閲覧。


「山田孝之」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山田孝之」の関連用語

山田孝之のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山田孝之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山田孝之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS