広瀬すずとは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 広瀬すずの意味・解説 

広瀬 すず

広瀬すずの画像 広瀬すずの画像
芸名広瀬 すず
芸名フリガナひろせ すず
性別女性
生年月日1998/6/19
星座ふたご座
干支寅年
血液型AB
出身静岡県
身長159 cm
URLhttp://www.web-foster.com/pc/artists/Hirose/Suzu
ブログURLhttp://ameblo.jp/suzu-hirose/
靴のサイズ23 cm
プロフィール1998年6月19日生まれ静岡県出身女優。「ミスセブンティーン2012」にてグランプリ受賞し、以降雑誌Seventeen専属モデルとして活躍また、映画『海街diary』に出演し、数多く映画賞受賞する。その他の主な出演作は、映画『ちはやふる』『三度目の殺人』『怒り』『四月は君の嘘』『ラプラスの魔女』、フジテレビ『幽(かす)かな彼女』、日本テレビanone』、写真集suzu』など他多数
代表作品1年2019
代表作品1NHK連続テレビ小説なつぞら」』
代表作品2年2018
代表作品2映画『ちはやふる -結び-』主演
代表作品3年2018
代表作品3ドラマanone主演
職種タレント俳優女優/モデル
好きなスポーツバスケットボール
趣味・特技音楽鑑賞/バスケットボール

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
静岡県出身のタレント  横山真弓  坪内夕起子  小松美咲  広瀬すず  水谷果穂  千景

広瀬すず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 04:45 UTC 版)

広瀬 すず(ひろせ すず、1998年6月19日 - )は、日本女優[1]ファッションモデル




注釈

  1. ^ WEBプロモーション動画「思い出マシマシマジック」[106]
  2. ^ 姉・広瀬アリスも第89回大会で6代目応援マネージャーを務めており、姉妹で応援マネージャーに起用されるのは初の例となった。また、高校1年生での起用は広瀬アリス以来の2回目である。
  3. ^ 姉の広瀬アリスとともにメンバーとして参加。
  4. ^ 総務省が展開するPR活動「18歳からの選挙権」のイメージキャラクターを務める。
  5. ^ トップバッターとしてランウェイに登場。
  6. ^ 姉の広瀬アリスと姉妹でトップバッターとしてランウェイに登場。
  7. ^ a b 1983年に発売された山下達郎のシングル「クリスマス・イブ」とは異なり、2013年に同シングルの発売30周年を記念して再発売された“30th Anniversary Edition”である。同曲初の公式ミュージック・ビデオと30周年記念ショートフィルムに出演。なお、同ショートフィルムは初回限定盤のDVDに収録された。同年12月には同じキャストでラジオドラマがTOKYO FM系で放送された。
  8. ^ 完全生産限定盤のボーナスディスク「風街でよむ」に収録。
  9. ^ a b c 初回限定盤に出演。

出典

  1. ^ FOSTER Management Office|Artists|広瀬すず”. フォスタープラス. 2016年12月23日閲覧。
  2. ^ a b “いちごすずなり~静岡いちご紅ほっぺ広告に広瀬すずさん起用” (プレスリリース), 静岡県いちご協議会, (2014年12月5日), https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201412046073/ 2019年10月2日閲覧。 
  3. ^ 広瀬すず、姉・アリスがきっかけ?「号泣」芸能界デビュー 高校卒業後の進路も初告白”. モデルプレス (2016年9月20日). 2016年10月14日閲覧。
  4. ^ “第2の北川景子・木村カエラ 美少女4名が「ミスセブンティーン2012」に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年8月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1199535 2014年12月8日閲覧。 
  5. ^ 抜擢続く“広瀬すず”の素顔とは?デビューから2年…ブレイク街道を突き進む”. モデルプレス (2014年12月9日). 2014年12月9日閲覧。
  6. ^ a b c 「Seventeen」広瀬すず「すっごく悔しくなった」姉・アリスの存在を語る”. モデルプレス (2014年11月4日). 2016年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月8日閲覧。
  7. ^ a b 「Seventeen」モデル、姉妹で三角関係?”. モデルプレス (2014年4月10日). 2016年10月14日閲覧。
  8. ^ “広瀬アリス&すず「Seventeen」史上初の姉妹2ショット表紙に登場”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月31日). オリジナルの2015年2月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150218021824/http://mdpr.jp/news/detail/1464199 2015年2月18日閲覧。 
  9. ^ “是枝監督「海街diary」カンヌ出品、4作目のコンペ参加”. Sponichi Annex. (2015年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/17/kiji/K20150417010183330.html 2015年4月17日閲覧。 
  10. ^ 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず、カンヌで美の競演!レッドカーペットを彩る!【第68回カンヌ国際映画祭】”. シネマトゥデイ (2015年5月15日). 2015年5月15日閲覧。
  11. ^ a b 広瀬すず、細田監督最新作で声優に初挑戦!ヒロイン役に決定!”. シネマトゥデイ (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  12. ^ “広瀬すずがCM女王!前年圏外からいきなり大ブレイク”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年3月9日). オリジナルの2016年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160309133814/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160308-OHT1T50167.html 2017年7月10日閲覧。 
  13. ^ a b 「ちはやふる-」広瀬すずで実写化”. デイリースポーツ online (2015年6月24日). 2015年6月24日閲覧。
  14. ^ 広瀬すず、日本アカデミー賞で快挙 優秀主演&助演をW受賞”. シネマトゥデイ (2017年1月16日). 2017年1月19日閲覧。
  15. ^ a b 2017年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2017年1月20日閲覧。
  16. ^ “広瀬すず 卒業後は女優業に専念「この仕事を大人になってもやりたい」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年1月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/17/0009836173.shtml 2017年3月23日閲覧。 
  17. ^ 広瀬すず、CDデビュー!松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」をカバー”. シネマトゥデイ (2017年8月3日). 2017年9月2日閲覧。
  18. ^ “是枝裕和「三度目の殺人」ヴェネツィア映画祭コンペに出品、デビュー作以来22年ぶり”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年7月27日). http://natalie.mu/eiga/news/242581 2017年7月27日閲覧。 
  19. ^ “福山雅治、観客スタンディングオベーションに「ホッ」…映画「三度目の殺人」ベネチア国際映画祭公式上映”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年9月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170906-OHT1T50059.html 2017年9月6日閲覧。 
  20. ^ 広瀬すず、初の上半期CM女王に 男性1位は相葉雅紀&錦織圭”. ORICON STYLE (2017年7月11日). 2017年9月2日閲覧。
  21. ^ 年間CM起用社数、女王はローラ&広瀬すず、男性は遠藤憲一 放送回数1位は上戸彩&濱田岳”. ORICON STYLE (2017年12月5日). 2017年12月5日閲覧。
  22. ^ a b 広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家の新ドラマで”. シネマトゥデイ (2017年11月14日). 2017年11月14日閲覧。
  23. ^ a b “広瀬すず、新ドラマ『anone』でベリーショート披露 共演に瑛太ら決定”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2017年12月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2101693/full/ 2017年12月4日閲覧。 
  24. ^ a b “広瀬すず:雑誌「セブンティーン」卒業を発表 夏の学園祭で“卒業式””. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年6月30日). https://mantan-web.jp/article/20180629dog00m200059000c.html 2018年6月30日閲覧。 
  25. ^ a b “広瀬すず、紅白初司会「驚いています」 来年のNHK朝ドラヒロイン”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年11月9日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181109/geo18110915510028-n1.html 2018年11月9日閲覧。 
  26. ^ a b “広瀬すずさんがヒロイン!平成31年度前期 連続テレビ小説「夏空-なつぞら-」”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2017年11月20日). http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/284553.html 2017年11月20日閲覧。 
  27. ^ a b 《連続テレビ小説100作目 決定》ヒロインは広瀬すず! 夢と冒険、愛と感動のドラマ 連続テレビ小説 夏空(なつぞら)”. NHK_PR. 日本放送協会 (2017年11月20日). 2017年11月23日閲覧。
  28. ^ a b “NHK連ドラは広瀬すずさん主演 通算100作目の「夏空」”. NHKニュース (日本放送協会). (2017年11月20日). オリジナルの2017年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171120094423/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171120/k10011229581000.html 2017年11月23日閲覧。 
  29. ^ a b “再来年前期のNHK朝ドラは夏空、ヒロインは広瀬すず”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171120-OHT1T50153.html 2017年11月20日閲覧。 
  30. ^ “19年春朝ドラ「夏空」広瀬すず起用のワケ「ナイーブなお芝居もできる」一部アニメも使用?”. Sponichi Annex. (2017年11月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/20/kiji/20171120s00041000235000c.html 2017年11月23日閲覧。 
  31. ^ a b “広瀬すず 初舞台挑戦も「なんっっにも舞台のことわかりません」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年6月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/13/kiji/20190613s00041000245000c.html 2019年6月13日閲覧。 
  32. ^ “広瀬すず 日記がルーティン「リセットされてストレス発散」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年4月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/09/0012225905.shtml 2019年4月10日閲覧。 
  33. ^ talent - 映画 放課後たち”. オフィス・インベーダー. 2014年3月21日閲覧。
  34. ^ “綾瀬はるか&長澤まさみ、是枝作品で初共演 『海街diary』実写化”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2014年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2038917/full/ 2017年3月5日閲覧。 
  35. ^ “広瀬すず主演『ちはやふる』、続編製作決定!『下の句』初日にサプライズ発表”. シネマカフェ (株式会社イード). (2016年4月29日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/04/29/40099.html 2016年5月6日閲覧。 
  36. ^ 「ちはやふる」続編が製作始動!周防役の賀来賢人ら新キャストも発表”. 映画ナタリー (2017年4月26日). 2017年4月26日閲覧。
  37. ^ 広瀬すず&山崎賢人が愛を奏でる!青春恋愛映画で初タッグW主演”. SANSPO.COM (2015年9月4日). 2015年9月4日閲覧。
  38. ^ 渡辺謙主演映画「怒り」に妻夫木聡ら主役級ズラリ”. 日刊スポーツ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  39. ^ “すず 今度はチア映画!半年前から猛特訓「チアダンスしよっさ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/05/kiji/K20160505012527510.html 2016年5月5日閲覧。 
  40. ^ 広瀬すず、福山雅治と豪華初共演!「海街-」是枝監督と再タッグ”. SANSPO.COM (2017年2月21日). 2017年2月21日閲覧。
  41. ^ 河原和音「先生!」生田斗真×広瀬すずで映画化!監督は三木孝浩、脚本は岡田麿里”. 株式会社ナターシャ (2016年10月27日). 2016年10月27日閲覧。
  42. ^ 櫻井翔、4年ぶり単独主演!すず&福士と「化学反応起こす」”. SANSPO.COM (2017年3月20日). 2017年3月20日閲覧。
  43. ^ “篠原涼子の高校生時代に広瀬すず!韓国で大ヒットの『サニー』を大根仁監督がリメイク”. シネマカフェ (株式会社イード). (2017年10月2日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/02/52924.html 2017年10月2日閲覧。 
  44. ^ “岩井俊二監督の最新作は「Last Letter」!松たか子×広瀬すず×神木隆之介×福山雅治がタッグ”. 映画.com. (2018年8月3日). https://eiga.com/l/1jhRZ 2018年8月3日閲覧。 
  45. ^ “広瀬すず、主演映画で初コメディー「ずっと憧れがあった」堤真一&吉沢亮ら共演”. ORICON NEWS. (2018年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2119177/ 2018年9月10日閲覧。 
  46. ^ 佐藤健の妹役に抜擢の「Seventeen」モデル、「本当の兄妹みたい」なエピソードを明かす”. モデルプレス (2014年2月22日). 2014年2月24日閲覧。
  47. ^ 広瀬すずが土9「学校のカイダン」で連ドラ初主演! 涙のドッキリ発表で“頭が真っ白”!!”. webザテレビジョン (2014年11月7日). 2014年11月10日閲覧。
  48. ^ “広瀬すず、1月連ドラ『怪盗山猫』で天才ハッカー役亀梨&成宮と初共演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2063418/full/ 2015年12月7日閲覧。 
  49. ^ “広瀬すず、ドラマ「チア☆ダン」で土屋太鳳と初共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月8日). https://natalie.mu/eiga/news/285712 2018年6月8日閲覧。 
  50. ^ “『君の名は。』の東宝が仕掛ける次のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が発表! 監督に新房昭之氏。声優には宮野真守さん、広瀬すずさん、菅田将暉さん”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年12月8日). http://animatetimes.com/news/details.php?id=1481161438 2016年12月8日閲覧。 
  51. ^ “広瀬すず、朝ドラの次は国民的アニメで声優「ルパンと結婚したい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年10月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191002/geo19100205050006-n1.html 2019年10月2日閲覧。 
  52. ^ 小栗旬「争いなくなって」フジ系特番で人気俳優5人が迫る戦争の真実”. SANSPO.COM (2015年6月21日). 2015年6月21日閲覧。
  53. ^ 広瀬すず OKまで100回以上「下です」”. スポニチアネックス (2013年2月18日). 2013年3月27日閲覧。
  54. ^ 男子との“三角関係”を解く“公式”は/大塚食品 マッチ、マッチピンク「青春と数学」編”. AdverTimes (2014年4月14日). 2014年4月14日閲覧。
  55. ^ 広瀬アリス&すず姉妹が男子校にサプライズ訪問”. Smartザテレビジョン (2015年4月16日). 2015年4月17日閲覧。
  56. ^ “広瀬すず:サプライズ登場に中高生熱狂 「パワーを全部吸い取られた」”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年4月15日). http://mantan-web.jp/2016/04/14/20160414dog00m200028000c.html 2016年4月15日閲覧。 
  57. ^ “ビタミン炭酸飲料『マッチ』新CM「海辺」篇 ~7月11日(月)から全国で放映開始~” (プレスリリース), 大塚食品株式会社, (2016年7月6日), http://digitalpr.jp/r/17350 2019年10月2日閲覧。 
  58. ^ “『MATCH』ブランドから新提案 『MATCH SETPOSITION』の新CM公開 ~10月4日(火)から全国で放映開始~” (プレスリリース), 大塚食品株式会社, (2016年10月3日), https://digitalpr.jp/r/18520 2019年10月2日閲覧。 
  59. ^ 土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すず、憧れのロッテ「ガーナ」CM出演に感激!”. マイナビニュース (2014年4月14日). 2014年4月14日閲覧。
  60. ^ 【写真レポート】土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すず出演のガーナミルクチョコレート新CMにコブクロの『hana』を起用!”. WWSチャンネル. 2016年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月16日閲覧。
  61. ^ 土屋太鳳:広瀬すず&松井愛莉と母の日にサプライズプレゼント 3人のオリジナル“デコガーナ”も”. 毎日新聞デジタル (2016年4月7日). 2016年4月26日閲覧。
  62. ^ 広瀬すず:土屋太鳳&松井愛莉と巨大カーネーションにまたがり大はしゃぎ”. 毎日新聞デジタル (2017年4月19日). 2017年4月20日閲覧。
  63. ^ 羽生結弦選手、土屋太鳳と松井愛莉の"両手に花"状態に「照れますね」”. マイナビニュース (2014年8月28日). 2014年9月1日閲覧。
  64. ^ “広瀬すず、女優として悩み「壁にぶつかっている」と胸中告白”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年8月27日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/08/27/33686.html 2016年4月27日閲覧。 
  65. ^ 土屋太鳳:広瀬すず&松井愛莉と真っ赤なレインコートで大はしゃぎ”. 毎日新聞デジタル (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  66. ^ 広瀬すず:「甘酸っぱい恋」明かす 太鳳、愛莉と手作りチョコに挑戦”. 毎日新聞デジタル (2015年1月14日). 2015年1月14日閲覧。
  67. ^ “広瀬すず、バレンタイン手作りチョコ秘話明かす「夜中徹夜」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2016年1月13日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/01/13/37013.html 2016年1月13日閲覧。 
  68. ^ 広瀬すず:照れた表情にキュンキュン! 太鳳&愛莉とバレンタイン告白に挑戦!”. 毎日新聞デジタル (2017年1月18日). 2017年1月18日閲覧。
  69. ^ “リアル小梅ちゃん”広瀬すず、甘酸っぱい初恋エピソードを披露「小学生の恋でした」”. 映画.com (2014年6月17日). 2014年6月18日閲覧。
  70. ^ 【写真レポート】広瀬すず が制服姿で『カウントずれダンス』を華麗に披露!ロッテ「Fit's」新CM発表会 = WWSチャンネル”. 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  71. ^ 長澤まさみ&広瀬すずがCM初共演 「Fit's」×「海街diary」で”. TOKYO POP LINE (2015年6月13日). 2015年6月13日閲覧。
  72. ^ 広瀬すず、仲良し南乃彩希と「なかよしダンス」披露”. 日刊スポーツ (2016年2月15日). 2016年4月28日閲覧。
  73. ^ 広瀬すず真っ白ワンピ「夢がかなった」アイスCM”. 日刊スポーツ (2017年3月22日). 2017年3月22日閲覧。
  74. ^ “広瀬すず、朝ドラは「大きなスタート」撮影前の心境告白”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年4月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0099973 2018年4月12日閲覧。 
  75. ^ 広瀬すず:ゼクシィ7代目CMガールに「結婚は30歳くらい」”. 毎日新聞デジタル (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  76. ^ EXILE ATSUSHI、花嫁の広瀬すずに歌添える”. 音楽ナタリー (2014年8月22日). 2014年10月5日閲覧。
  77. ^ ソフトバンク、「スマ放題」堺雅人、上戸彩、広瀬すず出演TVCMを公開”. navicon (2014年6月16日). 2014年6月17日閲覧。
  78. ^ 染谷将太 : 「白戸家」新CMで高校時代の“お父さん”に“お母さん”は広瀬すず”. 毎日新聞デジタル (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  79. ^ “広瀬すずがちびまる子に! 海老蔵、堺雅人らも人気アニメキャラの“その後”演じる”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2060994/full/ 2015年10月21日閲覧。 
  80. ^ ““ソフトバンク”の広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーさんを起用~広瀬すずさん、大原櫻子さんも出演するテレビCMを1月20日より放映~” (プレスリリース), ソフトバンク, (2017年1月16日), http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170116_04/ 2017年1月16日閲覧。 
  81. ^ ソフトバンク新CMに広瀬すず、エレカシ宮本浩次、田中圭、吉沢亮、清原果耶”. CINRA.NET (2019年1月1日). 2019年1月7日閲覧。
  82. ^ “広瀬すずがパジャマで月へ、ソフトバンク「iPhone 11 Pro・iPhone 11」新CM”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年9月20日). https://www.cinra.net/news/20190920-softbank 2019年9月20日閲覧。 
  83. ^ LINE、アバターコミュニケーションアプリ「LINE PLAY」広瀬すず出演TVCMを公開”. navicon (2014年7月4日). 2014年7月5日閲覧。
  84. ^ 「Seventeen」広瀬すず、本田翼・川口春奈に続くヒロインに抜擢”. モデルプレス (2014年12月8日). 2014年12月8日閲覧。
  85. ^ “発売20周年『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』新CMキャラクターに女優・広瀬すずを起用し、TVCM放映” (プレスリリース), 明星食品, (2015年3月5日), https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201503048218/ 2019年10月2日閲覧。 
  86. ^ 明星食品、広瀬すずが思わせぶりに誘う「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」TVCMとメイキングを公開”. navicon (2016年3月7日). 2016年4月26日閲覧。
  87. ^ “「明星 チャルメラ」新TV-CM 2017年4月5日(水)から放映開始” (プレスリリース), 明星食品株式会社, (2017年3月27日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201703220161/ 2017年3月28日閲覧。 
  88. ^ “家庭用燃料電池「エネファーム」の最新テレビコマーシャルを3月14日(土)から放映開始” (プレスリリース), 東京ガス, (2015年3月13日), http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20150313-02.html 2015年5月3日閲覧。 
  89. ^ 東京ガス、広瀬すずと妻夫木聡が「あなたとずっと、今日よりもっと。」とコーポレートメッセージを語る企業CMを公開”. navicon (2015年10月17日). 2016年4月28日閲覧。
  90. ^ “最新テレビコマーシャルを11月9日(月)から放映開始” (プレスリリース), 東京ガス, (2015年11月6日), http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20151106-01.html 2015年12月5日閲覧。 
  91. ^ 東京ガス、妻夫木聡と広瀬すずが「エネルギーは選べる時代へ。そこに、東京ガスがいます。」とアピールするTVCM6本を公開”. navicon (2015年12月15日). 2016年4月28日閲覧。
  92. ^ “最新テレビコマーシャルを2016年1月1日(金)から放映開始” (プレスリリース), 東京ガス, (2015年12月24日), http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20151224-02.html 2016年4月28日閲覧。 
  93. ^ 東京ガス、妻夫木聡、広瀬すず、でんでん、武井壮が「マイ電気は、東京ガス。」とジャングルでアピールするTVCMを公開”. navicon (2016年2月9日). 2016年4月28日閲覧。
  94. ^ 東京ガス、広瀬すずが漫画の主人公になり、妻夫木聡に促されてダンクシュートを決めるTVCMを公開”. navicon (2016年5月10日). 2016年5月11日閲覧。
  95. ^ ナオトが広瀬すず&中川大志の“青春の先生”に、「シーブリーズ」CM会見”. 音楽ナタリー (2015年4月2日). 2015年5月3日閲覧。
  96. ^ 広瀬すず「人生最大のモテ期かも」 中川大志&松岡広大との胸キュンCMに興奮”. クランクイン! (2016年3月23日). 2016年4月27日閲覧。
  97. ^ 広瀬すず、高校卒業後も制服挑戦「10代だからできる」”. ORICON STYLE (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  98. ^ “広瀬すず、悩みは“健康”「栄養バランスとか考えるようになって…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2108292/full/ 2018年3月28日閲覧。 
  99. ^ “2015年4月24日(金)さいたま新都心のランドマーク「コクーンシティ」が誕生!イメージキャラクターに広瀬すずが決定!” (PDF) (プレスリリース), 片倉工業, (2015年2月18日), http://www.katakura.co.jp/news/pdf/2015/p150218.pdf 2015年5月26日閲覧。 
  100. ^ “さいたま新都心「コクーンシティ」TVCM 広瀬すずさんがサンタたちとクリスマスソングを合唱! 2015年12月2日(水)より関東一斉オンエア開始” (PDF) (プレスリリース), 片倉工業, (2015年12月2日), http://www.katakura.co.jp/news/pdf/2015/p151202.pdf 2015年12月2日閲覧。 
  101. ^ “CM撮影でのサプライズに広瀬すずもびっくり!? 写真で仕掛けるサプライズ「写プライズ」 「写プライズしよう。」 TVCM放映のご案内” (プレスリリース), 富士フイルム, (2015年7月8日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000014484.html 2019年6月13日閲覧。 
  102. ^ “~ フジカラーの写真年賀状 新CM ~五郎丸歩選手、フジカラーのCM撮影に初トライ!猛アタックをかける樹木希林さんに強烈タックルをお見舞い!?店長の広瀬すずさん、困惑しながらもナイスショット” (プレスリリース), 富士フイルム, (2015年12月4日), http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1030.html 2016年4月27日閲覧。 
  103. ^ “フジカラーの写真年賀状 新プロモーション 広瀬すず まさかの引退!? 「紛らわしすぎる記者会見」 全国公開!” (プレスリリース), 富士フイルム, (2016年11月21日), http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1129.html 2016年11月30日閲覧。 
  104. ^ “~五郎丸選手、歌もワールドクラス!「お正月を写そう♪」新CM~樹木希林さん、東出昌大さん、広瀬すずさん、五郎丸歩選手が出演 異色のスクラムが年末年始を華やかに彩る!!” (プレスリリース), 富士フイルム, (2015年12月25日), http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1034.html 2016年4月27日閲覧。 
  105. ^ “~「お正月を写そう2017♪」新CM~“ましかくプリント”のマスコットキャラ「ましかくん」が初お目見え!樹木希林さんの着ぐるみ姿に、広瀬すずさん仰天!?” (プレスリリース), 富士フイルム, (2016年12月28日), http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1133.html 2016年12月28日閲覧。 
  106. ^ ““ましかくプリント” 新プロモーション 広瀬すずさんが早口言葉で必死に歌う!!三四郎の2人も出演!しかし、小宮さんはまたもや露出なし!?「思い出マシマシマジック」” (プレスリリース), 富士フイルム, (2017年2月23日), http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1157.html 2017年2月23日閲覧。 
  107. ^ “『マイティアCLブランド』 新シンボルキャラクターに広瀬すずさん就任!広瀬すずさんがCMソングを歌う新TVCMがWEBで先行公開!” (プレスリリース), 千寿製薬, (2015年7月1日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000014381.html 2019年6月13日閲覧。 
  108. ^ “『NewマイティアCLシリーズ』TVCMがリニューアル 広瀬すずの4つの衣装や表情が楽しめる!” (PDF) (プレスリリース), 千寿製薬, (2016年7月1日), http://www.senju.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2016/06/29/cm2016.07.pdf 2016年7月1日閲覧。 
  109. ^ 広瀬すず:USJのハロウィーンCMにかわいすぎるコスプレで登場”. まんたんウェブ (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  110. ^ 広瀬すず、キュートなてんとう虫に変身”. モデルプレス (2016年8月2日). 2016年8月2日閲覧。
  111. ^ “広瀬すず「魔法使えたら、空飛んで静岡に帰りたい」に姉アリス、ツッコミ TSJのハリポタ新アトラクションイベント”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年4月13日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160413/ent1604130004-n1.html 2016年12月3日閲覧。 
  112. ^ 広瀬すず、クリスマスは「サンタが来るように窓全開」- USJでツリー点灯”. マイナビニュース (2016年11月17日). 2016年12月3日閲覧。
  113. ^ 広瀬すず、一人暮らし熱望も「家事あまりできない」”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  114. ^ 広瀬すず:新CMで華麗なバスケのシュートシーン”. 毎日新聞デジタル (2016年5月6日). 2016年5月6日閲覧。
  115. ^ 広瀬すず:憧れの先輩との甘い妄想で“キュン”顔 「レオパレス21」新CM”. 毎日新聞デジタル (2016年11月4日). 2016年11月4日閲覧。
  116. ^ 中井貴一DCカードCMに広瀬すず“仲間入り”!新人アルバイト役”. SANSPO.COM (2016年5月31日). 2016年5月31日閲覧。
  117. ^ DCカードTV-CM「もう一度」篇を制作、中井貴一さんと“カッパとたぬき”、広瀬すずさんが共演(三菱UFJニコス)”. ペイメントナビ(株式会社TIプランニング) (2016年7月4日). 2016年7月5日閲覧。
  118. ^ “三菱UFJニコス、「DCカード」の新TV-CM「信じる気持ち」篇を制作!中井貴一さんと“カッパとたぬき”、広瀬すずさん共演の第3弾、2月9日から放映開始!” (PDF) (プレスリリース), 三菱UFJニコス, (2017年2月9日), http://info.cr.mufg.jp/news/down2.php?attach_id=193&seq=1 2017年2月17日閲覧。 
  119. ^ “三菱UFJニコス、「DCカード」の新TV-CM全3篇を制作中井貴一さん、“カッパとたぬき”に加え、広瀬すずさんのお供に“新・カッパとたぬき”が登場!” (プレスリリース), 三菱UFJニコス, (2018年5月24日), https://info.cr.mufg.jp/news/down2.php?attach_id=270&seq=1469&category=1&page=1 2019年9月12日閲覧。 
  120. ^ 「新コンタック(R)かぜEX」の新CMに広瀬すずさんを起用~ Mr.CONTACと共演した「ねらい撃ち篇」を10月1日(土)から全国でオンエア開始~”. RBB TODAY (2016年9月29日). 2016年9月29日閲覧。
  121. ^ “広瀬すず、今度の“ねらい撃ち”も可愛すぎる!「新コンタックかぜEX」新CM放送開始”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2017年9月28日). http://music-book.jp/video/news/news/160267 2018年2月16日閲覧。 
  122. ^ “コンタック新CMに広瀬すず キュートな表情で「アナタに〜」”. エンタメOVO (共同通信社). (2017年2月3日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1090604 2017年2月3日閲覧。 
  123. ^ “「新コンタック600プラス」広瀬すずさんの新CM開始!” (プレスリリース), グラクソ・スミスクライン株式会社, (2018年2月16日), https://jp.gsk.com/jp/media/press-releases/2018/20180216_contac_new_tvcm/ 2018年2月16日閲覧。 
  124. ^ 【FFBE】広瀬すず出演のテレビCMが12月17日から開始!『FFXV』よりノクティスも追加”. ファミ通App (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。
  125. ^ “スズキ 新型ワゴンR 2017年2月1日発売開始!自動ブレーキの大幅改良とアル・ヴェルフェイスでダイハツに差をつける!”. オートックワン (オートックワン株式会社). (2017年2月2日). http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/newmodel-3063029/ 2017年2月5日閲覧。 
  126. ^ 広瀬すず:宮崎あおい&鈴木京香とバットを“フルスイング” earth music&ecology新CMで”. 毎日新聞デジタル (2017年3月1日). 2017年3月1日閲覧。
  127. ^ 是枝裕和と広瀬すず、earth music&ecologyのCMでタッグ”. 映画ナタリー (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  128. ^ “広瀬すず、すっぴんでこの可愛さ! CMで等身大の姿”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年5月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091640 2017年5月18日閲覧。 
  129. ^ “ベリーショート広瀬すず、「ドライヤー1分」 はたちの献血記者発表会”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年1月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180111-OHT1T50119.html 2018年1月11日閲覧。 
  130. ^ “広瀬すず × ポケモンカード ポケモンカードの新しいCMが3/1(木)より公開!” (プレスリリース), 株式会社ポケモン, (2018年3月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000026665.html 2019年3月20日閲覧。 
  131. ^ “女優・広瀬すずさんを起用!新TVCM『家電の歌』篇を10/3(水)からOA開始 ~人生初のワイヤーアクションに挑戦したクライマックスに注目!歌って踊る、家電エンターテインメントショー開催~” (プレスリリース), 東芝ライフスタイル, (2018年10月1日), https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/about/press/2018/181001.html 2019年3月20日閲覧。 
  132. ^ “広瀬すずさん出演!「三ツ矢サイダー」新TVCM 「やりきろうぜっ RUNNING」編 3月19日(火)から全国でオンエア!!” (プレスリリース), アサヒ飲料, (2019年3月19日), https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2019/pick_0319_2.html 2019年3月20日閲覧。 
  133. ^ “広瀬すずさん・平野ノラさん出演!新商品「三ツ矢レモネード」TVCM  「ターゲット編」が3月29日(金)から、「キャスティング編」が4月2日(火)から、全国でオンエア!!” (プレスリリース), アサヒ飲料, (2019年3月29日), https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2019/pick_0329.html 2019年4月2日閲覧。 
  134. ^ 【企画】HARUTAイメージガール決定しました!!”. ハルタ製靴 HARUTA’s STAFF 公式ブログ (2013年2月13日). 2013年4月1日閲覧。
  135. ^ “広瀬すず、10代目高校サッカー応援マネージャーに就任!姉・アリスに続き抜てき!”. シネマトゥデイ. (2014年11月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067864 2014年11月11日閲覧。 
  136. ^ 2020年、野球を再び正式種目に!“夢のキャッチボール”動画企画はじまる”. AdverTimes (2015年3月20日). 2016年6月28日閲覧。
  137. ^ なんとかしなきゃ!プロジェクト
  138. ^ “18歳になったばかりの広瀬すず、初選挙は期日前投票”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月4日). オリジナルの2016年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160704101439/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160704-OHT1T50168.html 2016年7月4日閲覧。 
  139. ^ “広瀬すずさんがきもの専門店「やまと」のイメージキャラクター 12月に新作振袖コレクションを発表”. 財経新聞 (財経新聞社). (2016年12月7日). http://www.zaikei.co.jp/releases/427098/ 2016年12月7日閲覧。 
  140. ^ “広瀬アリス・すず姉妹、中村雅俊が応援! フジ男子バスケ今秋生中継”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年5月24日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160524/ent1605240008-n1.html 2016年9月18日閲覧。 
  141. ^ “広瀬すず、超ミニで魅了 菜々緒はパンツでも圧倒的美脚”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年10月8日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/08/0009564592.shtml 2016年10月8日閲覧。 
  142. ^ “広瀬アリス&すず、姉妹で初トップバッター 「GirlsAward 2017 A/W」開幕”. モデルプレス. (2017年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1714834 2017年9月16日閲覧。 
  143. ^ “広瀬アリス&すず:銀座で初の姉妹写真展開催 人気写真家撮り下ろし作品も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年1月31日). https://mantan-web.jp/article/20190131dog00m200007000c.html 2019年1月31日閲覧。 
  144. ^ “広瀬すず、桜色クロックスに「すがすがしい気持ち」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年4月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904090000309.html 2019年4月9日閲覧。 
  145. ^ “《TOKYO FM 2013年10月改編のお知らせ》〜ココロとカラダが動き出す!TOKYO FM Newプログラム〜” (プレスリリース), TOKYO FM, (2013年9月27日), http://www.tfm.co.jp/company/pdf/news000958.pdf 2013年9月27日閲覧。 
  146. ^ “もうすぐ母の日!ありがとうを伝えるスペシャルプログラム『ロッテ ガーナ presents 広瀬すず カーネーション・レター』 5月6日 11:30 - 12:55 渋谷スペイン坂スタジオから公開生放送!” (プレスリリース), TOKYO FM, (2014年5月2日), http://www.tfm.co.jp/company/pdf/news001081.pdf 2014年5月25日閲覧。 
  147. ^ “土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずが渋谷スペイン坂スタジオに!リスナーに恋愛アドバイス♥” (プレスリリース), TOKYO FM, (2016年2月11日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000801.000004829.html 2016年5月12日閲覧。 
  148. ^ “広瀬すず、3年半ぶりANN挑戦 初の生放送に意気込み「私なりに声で届けたい」”. eltha (oricon ME). (2018年8月8日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2117141/full/ 2018年8月8日閲覧。 
  149. ^ “12月15日放送!Tatsuro Yamashita “Christmas Eve” 30th Anniversary JXグループ presents 「Very Merry Christmas」” (プレスリリース), TOKYO FM, (2013年12月6日), http://www.tfm.co.jp/company/pdf/news000999.pdf 2013年12月10日閲覧。 
  150. ^ “筧利夫×広末涼子×広瀬すずら共演でつかこうへい作「ストリッパー物語」がラジオドラマに”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2018年5月25日). オリジナルの2018年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526192124/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2018/05/25_03.php 2019年6月12日閲覧。 
  151. ^ 広瀬すず、有村架純ら松本隆の詞を朗読”. ORICON STYLE (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  152. ^ 映画『ちはやふる』連動の朗読CDが発売 広瀬すず、野村周平ら映画メインキャストの朗詠も収録”. Billboard JAPAN (2016年3月17日). 2016年6月14日閲覧。
  153. ^ 山下達郎「クリスマス・イブ」MVに24年の時を経て牧瀬里穂がゲスト参加!”. WHAT's IN? WEB (2013年11月12日). 2013年11月12日閲覧。
  154. ^ 広瀬すず ショートフィルム「クリスマス・イブ」の演技に村松亮太郎監督が“あまりに可愛すぎて”と絶賛!”. GirlsNews (2013年11月24日). 2013年11月29日閲覧。
  155. ^ EXILE ATSUSHI 話題のCM曲「Precious Love」MVを公開&アルバムリリースも決定”. Billboard JAPAN (2014年10月5日). 2014年10月5日閲覧。
  156. ^ ナオト新曲PV公開、中川大志と広瀬すずが部活から生まれる恋を熱演”. 音楽ナタリー (2015年3月19日). 2015年5月3日閲覧。
  157. ^ a b ナオト・インティライミ、「together」MV公開。広瀬すず・中川大志・松岡広大の三角関係”. BARKS (2016年3月16日). 2016年3月26日閲覧。
  158. ^ コブクロ新曲MVにガーナCM女優・土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すず登場”. 音楽ナタリー (2015年4月20日). 2015年5月7日閲覧。
  159. ^ “whiteeeen「テトテ with GReeeeN」MVは広瀬すず&中川大志の片思いストーリー”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2017年5月2日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50592 2019年6月13日閲覧。 
  160. ^ 「アイのうた」スピンオフ第2弾、ジャケットに広瀬すず”. ドワンゴジェイピーニュース (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  161. ^ ジャケットに広瀬すず登場、back number新作「ヒロイン」”. CDジャーナル (2014年12月17日). 2014年12月17日閲覧。
  162. ^ ナオト・インティライミ、広瀬すずと中川大志登場の新作ジャケ&女子校潜入”. 音楽ナタリー (2015年3月11日). 2015年5月3日閲覧。
  163. ^ “「ネスレシアター on YouTube」開始!” (プレスリリース), ネスレ日本, (2013年11月14日), http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/20131114 2013年12月10日閲覧。 
  164. ^ “広瀬すず、松田聖子の名曲を劇中披露!「素敵なシーンになりました」”. シネマカフェ (イード). (2017年8月3日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/08/03/51543.html 2017年8月3日閲覧。 
  165. ^ “広瀬すず“未公開のお宝ショット”独占入手!3・19フォトブック発売”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年1月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160131/geo16013105020016-n1.html 2016年1月31日閲覧。 
  166. ^ “広瀬アリス&すず姉妹の初フォトブックが玄光社より12月15日に発売!” (プレスリリース), 玄光社, (2017年12月14日), https://www.atpress.ne.jp/news/145325 2018年4月8日閲覧。 
  167. ^ “広瀬すずと“東京デート” 昭和レトロ?なポストカード制作”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/03/kiji/K20151103011439370.html 2016年5月13日閲覧。 
  168. ^ 「Seventeen」モデル、史上初のリアル姉妹げんか勃発?”. モデルプレス (2014年4月4日). 2014年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。
  169. ^ 広瀬すず、キュートな制服姿で単独表紙&新連載スタート「目標だった」”. モデルプレス (2015年4月1日). 2015年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月9日閲覧。
  170. ^ 日経エンタテインメント! [@nikkei_ent] (2017年3月4日). "【日経エンタ!4月号 本日発売 4】 今月より広瀬すずさんの連載「負けず嫌い。」がスタート。女優としての日々の思いや、これまでの歩みなどを語っていただきます。初回は目前に迫った「高校卒業」がテーマ。さらに、映画『チア☆ダン』で共演した天海祐希さんとのスペシャル対談も。" (ツイート). Retrieved 2019年9月12日 – via Twitter.
  171. ^ 単行本|別冊のご案内|日経エンタテインメント!”. 日経BP社. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月12日閲覧。
  172. ^ “広瀬すず&野村周平、国内映画賞の先陣きり“新人賞”を受賞!”. cinemacafe.net (株式会社イード). (2015年10月8日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/10/08/34682.html 2015年10月8日閲覧。 
  173. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  174. ^ “【報知映画賞】広瀬すず「こんなに人生って変わるものなんだ」史上初女優2人受賞”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年11月26日). オリジナルの2015年11月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151126104432/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20151125-OHT1T50245.html 2015年11月26日閲覧。 
  175. ^ “「海街diary」が5冠、「お盆の弟」が4冠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月5日). オリジナルの2015年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151206104255/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575404.html 2015年12月5日閲覧。 
  176. ^ “広瀬すず新人賞 原作漫画と「似ていた」/映画大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1576461.html 2015年12月8日閲覧。 
  177. ^ “キネ旬ベスト・テン発表!邦画は『恋人たち』、洋画は『マッドマックス』が1位”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2016年1月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0079387 2016年1月7日閲覧。 
  178. ^ “日本アカデミー賞:「海街diary」が最多12部門でノミネート “4姉妹”もそろって選出”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2016年1月18日). http://mantan-web.jp/2016/01/18/20160118dog00m200015000c.html 2016年1月18日閲覧。 
  179. ^ 第20回(2015年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞運営委員会 (2016年2月6日). 2016年10月11日閲覧。
  180. ^ 広瀬すず、たけしの忠告に感謝「もっと努力して頑張る」”. ORICON STYLE (2016年2月29日). 2016年5月17日閲覧。
  181. ^ 第13回シネマ夢倶楽部 表彰”. シネマ夢倶楽部. 日本ファッション協会 (2016年2月1日). 2017年1月16日閲覧。
  182. ^ a b “日本アカデミー賞優秀賞発表 『怒り』が最多受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2084576/full/ 2017年1月16日閲覧。 
  183. ^ ビートたけしが選ぶ東スポ映画大賞、助演賞の綾野剛&菅田将暉が「いつかW主演を」”. 映画ナタリー (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  184. ^ 助演女優賞の広瀬すず 3年連続受賞に 「励みになる」”. 東京スポーツ新聞 (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  185. ^ 速報! 第41回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定”. 日本アカデミー賞公式サイト (2018年3月2日). 2018年3月2日閲覧。
  186. ^ 東京国際映画祭“ARIGATO賞”新設、受賞者に樹木希林、広瀬すず、細田守ら”. 映画ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  187. ^ “広瀬すず、吉田羊、BABYMETALら「VOGUE Women of the Year」受賞!”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月26日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/26/35968.html 2015年11月26日閲覧。 
  188. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。


「広瀬すず」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広瀬すず」の関連用語

広瀬すずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



広瀬すずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広瀬すず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS