秋吉久美子とは?

秋吉久美子

以下の映画秋吉久美子関連しています。
アートポート=アースライズ
 


秋吉久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 22:15 UTC 版)

秋吉 久美子(あきよし くみこ、1954年7月29日[2][1] - )は、日本女優




  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、22頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.87.
  3. ^ 秋吉久美子の映画人生全網羅!樋口尚文氏との共著「秋吉久美子 調書」9月刊行
  4. ^ a b c d e 週刊現代講談社、2011年10月8日号、83-82頁
  5. ^ 東北の海の幸が“道端”に 秋吉久美子さん :日本経済新聞
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 山下勝利「早過ぎる自叙伝 20代のまぶしい女たち(16) 秋吉久美子」『週刊朝日』、朝日新聞社、1983年10月21日、 pp. 142-146。(秋吉本人の取材に基づく記事)。
  7. ^ a b c d e f 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、15-16頁
  8. ^ 自著『勝手にさせて』河出書房新社、1986年、52頁、残間里江子『女の仕事―地球は、私の仕事場です』朝日新聞社、1997年、230-231頁、『ぴあシネマクラブ 日本映画編』ぴあ、2006年、429頁
  9. ^ わたなべ宏(映画評論家)「ちょっとハート・ウォームな女(レディ)に 秋吉久美子」 (パンフレット) 『冒険者 (アドベンチャー) カミカゼ』、東映株式会社映像事業部、1981年11月7日、 15頁。
  10. ^ なお、特番の時の成績も含めると14勝23敗である。
  11. ^ 秋吉久美子(60)、26歳年下夫とまた離婚 「年齢と経験による温度差」(2014年12月26日)J-CAST ニュース 2015年2月20日閲覧
  12. ^ 秋吉久美子、26歳年下夫と離婚 8年半の結婚生活に終止符(2014年12月26日)オリコンスタイル 2015年2月20日閲覧
  13. ^ 「誰かに追われていた」のはなぜか 秋吉久美子の長男がナゾの転落死(2015年2月12日)J-CAST ニュース 2015年2月20日閲覧
  14. ^ 「卵で産みたい」発言から36年 秋吉久美子の長男が“非業の転落死”(2015年2月11日)週刊文春WEB 2015年2月20日閲覧
  15. ^ 他に「なまいき」、「宇宙人」、「新人類」、「プッツン」などと時代時代の異邦人的な扱いを受けてきた。有名なものにできちゃった結婚の際の記者会見の「おなかが大きくなるのはイヤ、卵で産みたい」などの発言を残した。
  16. ^ 「秋吉久美子 解禁幻ヌード秘話 何も知らされず 持論で演じたものを見せたかった - ZAKZAK(2016年02月09日)ZAKZAK 2021年03月10日閲覧
  17. ^ 内容知らず…秋吉久美子が語った“19歳初ヌード”撮影秘話|日刊ゲンダイDIGITAL(2016年04月05日)日刊ゲンダイDIGITAL 2021年03月10日閲覧
  18. ^ 田中麗奈主演ドラマ「愛おしくて」主題歌を島谷ひとみが担当”. エキサイトニュース (2015年9月18日). 2015年10月3日閲覧。
  19. ^ 海外ドラマ『フュード/確執 ベティvsジョーン』 吹替キャスト決定!”. スター・チャンネル. 2017年8月14日閲覧。


「秋吉久美子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋吉久美子」の関連用語

秋吉久美子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秋吉久美子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋吉久美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS