高岡早紀とは?

高岡早紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 06:35 UTC 版)

高岡 早紀(たかおか さき、1972年12月3日 - )は、日本女優。本名:高岡 佐紀子(たかおか さきこ)。


  1. ^ 1996年度 新語・流行語大賞ノミネート
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 週刊現代6月26日号私の地図第487回・高岡早紀p80-82
  2. ^ “W不倫”の末に離婚した高岡早紀、保阪尚希は布袋寅泰に同情?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】”. エキサイトニュース (2019年10月5日). 2019年12月16日閲覧。
  3. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 熟裸身を堪能する映画ベスト10
  4. ^ “高岡早紀、「女優」「歌手」「母親」で奮闘中…音楽は「女優として表現していく中の1つ」単独ライブ3、4月に開催へ”. スポーツ報知. (2021年1月15日). https://hochi.news/articles/20210115-OHT1T50019.html 2021年4月20日閲覧。 
  5. ^ 高岡早紀 “魔性の女”? 女優であり母である「普通の女でしょう!」”. 日刊スポーツ (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  6. ^ 高岡由美子 調停離婚成立を報告”. エルザ (2014年5月30日). 2020年8月15日閲覧。
  7. ^ 高岡早紀 パーキンソン病公表の恋人社長を支える“献身妻の覚悟””. 女性自身 (2015年9月15日). 2021年2月21日閲覧。
  8. ^ 高岡 早紀|SINGS -Bedtime Stories-”. Victor Entertainment. 2018年5月7日閲覧。
  9. ^ “吉田鋼太郎の恋の相手は高岡早紀!「罪な男なんでしょうね」”. ウォーカープラス. (2014年11月12日). https://thetv.jp/news/detail/52294/ 2014年11月13日閲覧。 
  10. ^ 東山紀之主演時代劇『信長燃ゆ』に中島裕翔&神山智洋が出演”. ORICON STYLE (2015年12月5日). 2015年12月7日閲覧。
  11. ^ 青木崇高×松尾スズキ、『曾根崎心中』誕生秘話を創作”. ORICON STYLE (2015年10月26日). 2015年10月27日閲覧。
  12. ^ 創作テレビドラマ大賞 川獺(かわうそ)”. NHK ONLINE. 2021年6月19日閲覧。
  13. ^ “黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2092113/full/ 2017年6月9日閲覧。 
  14. ^ “NHKが平成版「細雪」ドラマ化!四姉妹は中山美穂&高岡早紀&伊藤歩&中村ゆり”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/09/kiji/20171109s00041000184000c.html 2017年11月9日閲覧。 
  15. ^ “高岡早紀、悪女ストーカーに!純愛モンスターの“餌食”は小池徹平&大谷亮平”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190830/geo19083007000005-n1.html 2019年8月30日閲覧。 
  16. ^ 高岡早紀 自称28歳の狂気のストーカー役に「一緒に恐怖体験を」”. フジテレビ (2019年8月30日). 2019年8月30日閲覧。
  17. ^ “高岡早紀、『リカ』第2弾で“自称28歳”最恐の母親役 「怖いもの見たさ気分で楽しんで」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2184871/full/ 2021年3月26日閲覧。 
  18. ^ 玉木宏、警視総監の座を狙うキャリア史上最もダーティーな男「権力争いに焦点を」 幼なじみ役に広末涼子”. ORICON NEWS (2021年3月5日). 2021年5月22日閲覧。
  19. ^ 連続テレビ小説「おかえりモネ」 新たな出演者発表 《百音が東京で出会う人びと》”. NHK (2021年3月29日). 2021年3月29日閲覧。
  20. ^ “冬のラブソング「雪の華」登坂広臣&中条あやみ共演で映画化 中島美嘉「びっくり」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2114477/full/ 2018年6月28日閲覧。 
  21. ^ “高岡早紀主演、狂気のラブサイコスリラーが映画化 「リカ 自称28歳の純愛モンスター」6月18日公開”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2021年3月24日). https://eiga.com/news/20210324/2/ 2021年3月26日閲覧。 
  22. ^ 娼夫・松坂桃李、オーナー・高岡早紀に続き、佐津川愛美、村岡希美、安藤聖が出演決定 舞台『娼年』”. シアタークリップ (2016年5月2日). 2016年9月1日閲覧。
  23. ^ R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」”. ステージナタリー (2016年8月25日). 2016年9月1日閲覧。
  24. ^ “別所哲也&高岡早紀、パルコ劇場一時休館後の「ラヴ・レターズ」に出演”. ステージナタリー. (2016年9月21日). http://natalie.mu/stage/news/202557 2016年9月21日閲覧。 
  25. ^ 高岡早紀 「私は声で拾われた」 新曲発売とライブ開催”. スポニチAnnex (2021年9月16日). 2021年9月16日閲覧。


「高岡早紀」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高岡早紀」の関連用語

高岡早紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高岡早紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高岡早紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS