娼年とは?

娼年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/10 08:15 UTC 版)

娼年』(しょうねん、call boy)は、石田衣良による日本恋愛小説。著者初の恋愛小説であり長編作品である。第126回直木賞候補作。


  1. ^ “松坂桃李、16歳差の高岡早紀と濡れ場!「覚悟を持って挑む」”. SANSPO.COM. (2016年3月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160330/geo16033005050022-n1.html 2016年3月30日閲覧。 
  2. ^ a b c “石田衣良の『娼年』が松坂桃李×高岡早紀で舞台化”. エンタステージ!. (2016年4月3日). http://enterstage.jp/news/2016/04/004629.html 2016年4月12日閲覧。 
  3. ^ a b 三浦大輔「娼年」追加キャストに佐津川愛美ら、R‐15指定で「限界まで挑戦」”. ステージナタリー (2016年5月2日). 2016年5月16日閲覧。
  4. ^ 子役Wキャストスケジュール決定”. 娼年 公式ブログ. ホリプロ (2016年8月25日). 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ “高岡早紀 大胆濡れ場、舞台で初挑戦”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年3月30日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/03/30/0008940658.shtml 2016年3月30日閲覧。 
  6. ^ 須藤理彩 (2016年9月12日). 須藤理彩 全裸も披露する松坂桃李と挑んだ“体当たり”舞台. (インタビュー). 女性自身.. http://jisin.jp/serial/エンタメ/interview/25462 2016年9月13日閲覧。 
  7. ^ 追加キャスト決定!”. 娼年 公式ブログ. ホリプロ (2016年8月6日). 2016年8月29日閲覧。
  8. ^ 三浦大輔 (2016年8月27日). 舞台「娼年」演出の三浦大輔「きれいごとではなく、共感できる」. インタビュアー:兼松康. 産経ニュース.. http://www.sankei.com/entertainments/news/160827/ent1608270005-n1.html 2016年8月29日閲覧。 
  9. ^ “娼夫”松坂桃李が「僕を、買ってください」、「娼年」ポスタービジュアル解禁”. 映画ナタリー (2018年2月24日). 2018年3月6日閲覧。
  10. ^ a b 松坂桃李、極限の“性描写”に挑む! R18+の主演映画「娼年」特報完成”. 映画.com (2018年1月16日). 2018年3月6日閲覧。
  11. ^ “松坂桃李、話題の“R-15指定”主演舞台が映画化 『娼年』来春公開”. ORICON NEWS. (2017年10月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2099073/full/ 2018年3月5日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f 松坂桃李×三浦大輔「娼年」に真飛聖、冨手麻妙、西岡徳馬、江波杏子らが出演”. 映画ナタリー (2017年12月19日). 2018年3月5日閲覧。
  13. ^ a b c d e 「娼夫」松坂桃李と出会う女性客に桜井ユキ、佐々木心音ら 『娼年』新写真”. CINRA.NET (2018年2月16日). 2018年3月5日閲覧。


「娼年」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「娼年」の関連用語

娼年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スタグホーン

小鴨川第二号堰堤

ブラックチェリー

メガネタイプ2Pコネクタ

マッド・ガス

ナイトロ

シャムワニ

酒石酸





娼年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの娼年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS