執炎とは?

執炎

原題:
製作国:日本
製作年:1964
配給:日活
スタッフ
監督:蔵原惟繕 クラハラコレヨシ
原作:加茂菖子 カモ
脚色:山田信夫 ヤマダノブオ
企画:大塚和 オオツカカノ
撮影:間宮義雄 マミヤヨシオ
音楽:黛敏郎 マユズミトシロウ
美術:松山崇 マツヤマタカシ
編集:鈴木晄 スズキアキラ
録音:福島信雅 フクシマノブマサ
スチール:目黒祐司 メグロユウジ
照明:吉田一夫 ヨシダカズオ
キャスト(役名
浅丘ルリ子 アサオカルリコ (久坂きよの)
松尾嘉代 マツオカヨ (妹あやの)
信欣三 シンキンゾウ (父)
細川ちか子 ホソカワチカコ (母)
伊丹十三 イタミジュウゾウ (吉井拓治)
平田大三郎 ヒラタダイザブロウ (弟秀治)
奈良岡朋子 ナラオカトモコ (母)
芦川いづみ アシカワイヅミ (野原泰子)
上野山功一 ウエノヤマコウイチ (夫則義)
河上信夫 カワカミノブオ (父)
宇野重吉 ウノジュウキチ (小島
山田禅二 ヤマダゼンジ (老い漁師A)
村田寿男  (老い漁師B)
千代田弘 チヨダヒロシ (老い漁師C)
紀原土耕  (老い漁師D)
土田義雄 ツチダヨシオ (老い漁師E)
澄川透 スミカワトオル (馬車曳き)
解説
加茂菖子同名小説を「暗殺」の山田信夫脚色黒い太陽」の蔵原惟繕監督した女性ドラマ撮影は「おんなの渦と淵と流れ」の間宮義雄
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
日本海の波が打ち寄せる山陰浜辺で、一人の女が命を断った。七年種々とりざたされた噂も、今では人々がその青春を讃え、美し供養をいとなんでいる。浜の男拓治が初めてきよのに会ったのは、十三の時であった。やがて水産学校卒業した拓治は山で再びめぐり会ったきよのに、神秘的美しさ感じた。きよのは、山奥一角にある平家部落の娘であったが、二人愛情は古い因習を破って結ばれた。しかし、二人結婚生活は、戦争のため中断よぎなくされた。召集された拓治を送ったきよのの節操ある生活は、村人賞讃の的であったがきよのの胸中は、空しいものがあった。戦局激しさにつれて戦死者もふえ、拓治も佐世保病院傷病生活を送っていた。右脚の損傷により生命危険にさらされた拓治は、きよのの看病奇蹟的に回復した。水入らず闘病生活をするため建てられた山小屋で、日増に笑い声聞こえようになった。そして漁師として逞しく働きだした拓治ときよのは、戦争恐怖おののきながら、狂ったように愛を確かめあっていた。そんな時きよのは親友の泰子の夫が戦死したのを聞き恐怖から拓治への独占欲は深まっていった。ついに、拓治のもとに赤紙舞いこんだ。しかし、一途なきよのの姿に拓治は、言葉をのんだ。愛蔵能面をつけて舞うきよのの姿は、きよのの執念叫びであった。拓治は出征した。きよのは、拓治の思い出抱いてさまよい凍てついた山道お百度を踏んだ。思いつめた疲労から倒れたきよのは、こんこんと眠りつづけた。六月初め拓治は南の海散華した。事実を知らされず、やがて意識回復したきよのは、仏壇の拓治の写真見て全てをさとり、黒髪を切り仏壇供えて、拓治の命を奪った海に静かに身を沈めた。

執炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/12 14:12 UTC 版)

執炎』(しゅうえん)は、加茂菖子の小説1964年1978年に映画化されている。




「執炎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「執炎」の関連用語

執炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



執炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの執炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS