ないしとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > ないしの意味・解説 

乃至

読み方:ないし

乃至とは、乃至の意味

乃至とは、範囲について述べる場面に「~から~まで」という意味で用いられる接続詞的な表現、あるいは、複数事項列挙する際に「または」「もしくは」と同じ意味で用いられる表現読み方は「ないし」である。英語では、「~から~まで」を意味する場合には、from ~ to ~、betweeen ~ and ~が用いられる。「または」「もしくは」を意味する場合には、 or が用いられる

「乃至」または「ないし」の語は現代日常生活ではめったに用いられないが、法律条文契約書などにおいてはしばしば目にする。

法律用語としての「乃至」はもっぱら「~から~まで」の意味合いで用いられているものと解釈される。この解釈則り、たとえば「地方自治法第二五十九条第5項は「第一項乃至第三項の場合において必要な事項は、政令でこれを定める」と記述されているが、この「第一項乃至第三項」は「1か3か」ではなく「1から3まで」、すなわち2も含む「1~3」と解釈されることになる。

「乃至」の語意強め表現として「乃至は」(ないしは)という言い方が用いられることもある。「ないしは」はもっぱら「または」「もしくは」という(英語の or 相当の)意味において用いられる。語と語をつなぐ用法だけでなく文と文をつなぐ接続詞としての用法も多い。

乃至の使い方


ない‐し【×乃至】

[接]

あるいは。または。「電話乃至手紙知らせる」

数量などの上下・前後の限界示して、その中間省略するときに用いる語。「三年乃至五年かかる」


ない‐し【内史】

中国官名周代始まり春官に属したが、秦・漢代には京師の治をつかさどった。唐代には中書令異名

内記唐名


ない‐し【内旨】

朝廷からの内々沙汰内命趣旨


ない‐し【内侍】


ない‐じ【内示】

[名](スル)《「ないし」とも》非公式通知すること。「内示を受ける」「昇進を内示する」


ない‐し【内資】

国内企業による資本外資に対していう語。「内資系」「内資企業」⇔外資


内司

読み方
内司ないし

ないし

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 18:03 UTC 版)

同音異義語

ないし




ないしと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ないし」の関連用語

ないしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ないしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのないし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS