奥旨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 奥旨の意味・解説 

おう し あう- [1]奥旨

学問宗教などの奥深い趣。奥義おうぎ)。

奥旨

出典:『Wiktionary』 (2010/10/31 14:58 UTC 版)

名詞

(おうし)

  1. 物事奥底にある本質
    峯丸の法蓮房は持前才智の上によく勉強して、たちまち頭角をあらわし、顕密奥旨をきわめたが、その弁舌巧者なことに至って対する者がただ舌をまいて引き退るばかりで凡人の近づきがたい魔風があった。(坂口安吾梟雄』)

関連語




奥旨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥旨」の関連用語

奥旨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奥旨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの奥旨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS