笹本玲奈とは?

笹本 玲奈

他のタレント一覧
千葉県出身のタレント  劇団ひとり  小堺一機  佐久間哲  笹本玲奈  鹿内孝  高乃麗

笹本玲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/15 14:12 UTC 版)

笹本 玲奈(ささもと れな、1985年6月15日 - )は、日本ミュージカル女優千葉県柏市出身[1]ホリプロ所属。




注釈

  1. ^ この時のグランプリは深田恭子
  2. ^ 史上最年少(21歳10ヶ月)での受賞(2011年現在も同様)。
  3. ^ イッツフォーリズ公演。
  4. ^ ブロードウェイ・ミュージカル。
  5. ^ デビュー後、初のストレートプレイ
  6. ^ 「星に願いを」歌唱。
  7. ^ デビュー10周年記念公演。
  8. ^ デビュー15周年記念公演。
  9. ^ クリエ ミュージカル・コンサート。
  10. ^ 東日本大震災復興応援コンサート。
  11. ^ NHK主催。
  12. ^ BSスカパー開局記念ドラマ。
  13. ^ 「翼が今」歌唱。

出典

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.544
  2. ^ 青山学院高等部出身の有名人”. みんなの高校情報. 2019年5月22日閲覧。
  3. ^ マリコのゲストコレクション」『週刊朝日』2014年1月31日号、朝日新聞出版、2014年、 96-100頁。
  4. ^ “笹本玲奈が一般男性と結婚「笑顔あふれた家庭を」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1769171.html 2017年1月23日閲覧。 
  5. ^ “笹本玲奈が第1子妊娠、今秋出産予定「穏やかな日々を過ごしていきたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年5月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170501/mrg17050113350001-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  6. ^ a b “女優・笹本玲奈が第一子出産”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年10月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171018-OHT1T50050.html 2017年10月18日閲覧。 
  7. ^ 「ジャンヌに共感」 ミュージカルのヒロイン笹本玲奈がストレートプレイに挑む”. チケットぴあ. ぴあ (2013年7月2日). 2013年8月28日閲覧。
  8. ^ “「素朴な少女から聖女へ」笹本玲奈がジャンヌ・ダルク役に挑む”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年6月9日). オリジナルの2013年8月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/inzYq 2013年8月28日閲覧。 
  9. ^ “三宅裕司 松下由樹&笹本玲奈を絶賛”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/02/0008853784.shtml 2016年3月2日閲覧。 
  10. ^ “笹本玲奈がTBS新ドラマに出演、有能な総務部員役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906120000767.html 2019年6月13日閲覧。 


「笹本玲奈」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「笹本玲奈」の関連用語

笹本玲奈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



笹本玲奈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの笹本玲奈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS