第15回とは? わかりやすく解説

第15回(昭和56年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/24 00:44 UTC 版)

仏教伝道文化賞」の記事における「第15回(昭和56年)」の解説

文化賞 鎌田茂雄:A項 - 現代華厳教学第一人者清水公照:C項 - 東大寺管長大仏殿昭和大修理に。 功労賞 水野弘元 - パーリ仏教学の碩学

※この「第15回(昭和56年)」の解説は、「仏教伝道文化賞」の解説の一部です。
「第15回(昭和56年)」を含む「仏教伝道文化賞」の記事については、「仏教伝道文化賞」の概要を参照ください。


第15回 (2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 11:16 UTC 版)

ショパン国際ピアノコンクールの受賞者」の記事における「第15回 (2005年)」の解説

2005年より、再びDistinctionsはファイナリスト変更された。 第1位 ラファウ・ブレハッチポーランド第2位 なし 第3位 イム・ドンヒョク韓国)、イム・ドンミン(韓国第4位 山貴志日本)、関本昌平日本) 第5位 なし 第6位 リー・カリン・コリーン(中国) Distinctions - Jacek Kortus (Poland)、Rachel Naomi Kudo (USA)、Rieko Nezu (Japan)、大崎結真 (Japan)、ソン・ヨルム (South Korea)、Andrey Yaroshinsky (Russia) Polish Radio Prize for the best performance of mazurkas: Rafał Blechacz (Poland). Fryderyk Chopin Society Prize for the best performance of a polonaise: Rafał Blechacz (Poland). Warsaw Philharmonic Prize for the best performance of a concerto: Rafał Blechacz (Poland). 審査員 - Vera Gornostaeva (Russia), Lidia Grychtołówna (Poland), Adam Harasiewicz (Poland), Krzysztof Jabłoński (Poland), Andrzej Jasiński (Poland, chair), Choong-Mo Kang (South Korea), Vladimir Krainev (Russia), 中村紘子, John O’Conor (Ireland), Janusz Olejniczak (Poland), Piotr Paleczny (Poland, deputy chair), John Perry (USA), Sergio Perticaroli (Italy), Ewa Pobłocka (Poland), Bernard Ringeissen (France), Józef Stompel (Poland), ダン・タイ・ソン, Arie Vardi (Israel), Fanny Waterman (United Kingdom)

※この「第15回 (2005年)」の解説は、「ショパン国際ピアノコンクールの受賞者」の解説の一部です。
「第15回 (2005年)」を含む「ショパン国際ピアノコンクールの受賞者」の記事については、「ショパン国際ピアノコンクールの受賞者」の概要を参照ください。


第15回(2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:03 UTC 版)

文化庁メディア芸術祭マンガ部門」の記事における「第15回(2011年)」の解説

大賞 土星マンション岩岡ヒサエ優秀賞 あの日からのマンガしりあがり寿) 皺(パコ・ロカ秘密 ―トップ・シークレット―清水玲子ファン・ホーム ―ある家族悲喜劇―(アリソン・ベクダル(英語版)) 新人賞 なかよし団の冒険西村ツチカ) まげもん。(昌原光一マスタード・チョコレート冬川智子審査員さいとうちほ主査)、竹宮惠子細萱敦、みなもと太郎村上知彦

※この「第15回(2011年)」の解説は、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門」の解説の一部です。
「第15回(2011年)」を含む「文化庁メディア芸術祭マンガ部門」の記事については、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門」の概要を参照ください。


第15回(2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:14 UTC 版)

スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の記事における「第15回(2009年)」の解説

(1月3日 18:30-20:54)スポーツマンNo.1決定戦XXXVIII 収録会場幕張メッセ 総合順位(18人出場・総合順位入賞6人) 順位名前P競技職業所属備考1位 宮﨑大輔 395 ハンドボール 大崎OSOL 前回総合No.1 第2位 ブライアン・クレイ 345 陸上・十種競技 アメリカ代表 第3位 ワッキー 315 お笑い芸人 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 前回総合6位 第4北川智規 300 ラグビー 三洋電機ワイルドナイツ 第4シェーン・ビクトリーノ 300 メジャーリーグ フィラデルフィア・フィリーズ 第6位 興梠慎三 285 サッカー 鹿島アントラーズ下の順位 順位名前P競技職業所属備考第7位 池谷直樹 230 体操 ホリプロ 前回総合2位 第8位 竹内公輔 195 バスケットボール アイシンシーホース 第9青木剛 190 サッカー 鹿島アントラーズ10福地寿樹 185 プロ野球 東京ヤクルトスワローズ11松永共広 115 レスリング ALSOK綜合警備保障12李鍾旭 105 韓国野球 斗山ベアーズ13秋山準 100 プロレス プロレスリング・ノア14里見恒平 080 アメフト オービックシーガルズ 第10回大会総合2位15佐々木健介 060 プロレス 健介オフィス 第13回大会パワーバトル総合6位 第15丸藤正道 060 プロレス プロレスリング・ノア17本田武史 025 フィギュアスケート IMG18三沢光晴 010 プロレス プロレスリング・ノア 種目別結果 BATTLE競技No.1記録実況備考1st BEACH FLAGS 宮﨑大輔 小笠原亘 2nd THE GALLON THROW ブライアン・クレイ 6m50cm 伊藤隆佑(5m50cmまで)初田啓介(6m00cm以降3rd MONSTER BOX 池谷直樹 21小笠原亘15段まで)初田啓介16以降4th POWER FORCE 秋山準 伊藤隆佑2回戦まで)初田啓介準決勝以降5th TAIL IMPOSSIBLE ワッキー 小笠原亘 Final SHOT-GUN-TOUCH 興梠慎三 12m90cm 初田啓介 宮﨑大輔が再び総合2連覇をかけて挑んだ大会であり、初出場選手が非常に多かった大会でもある。第1種目のBEACH FLAGSでは、過去にこの種目のNo.1輝いた4人(池谷直樹宮﨑里見恒平ワッキー)が準々決勝激突池谷ワッキー競り合ってお互いが旗を見失い、先に探し出しワッキー勝利。これで池谷第8回大会芸能人大会含め7年ぶりに決勝進出逃した準決勝ではワッキー脱落し決勝宮﨑里見競り勝ち、この種目を2連覇本戦では5年ぶりに行われたTHE GALLON THROWでは、自己記録6m00cmの里見初期設定の4m50cmを超えられず、記録なしで早くも脱落里見その後種目棄権したそんな中ブライアン・クレイが6m50cmを成功させ、スペシャルバトル外では、第4回大会秋山幸二記録した6m20cmを上回る記録出して種目別No.1輝いた日本人選手では、竹内公輔ただ一人6m00cmの壁を越えている。 MONSTER BOXでは、足を痛めた宮﨑が、自己最低記録となる記録16段で試技終了一方クレイ17段を記録し暫定総合1位宮﨑2位クレイとの差は10P差に縮まったまた、急死する半年前だった、三沢光晴参戦当時頚椎痛めていた状態だったが、「どうしても、この種目に参加したい」とMONSTER BOX挑み11段の記録残したPOWER FORCEでは、佐々木健介北京五輪レスリング55kg級銀メダリスト松永共広対戦実現し体重115kgの佐々木体重55kgの松永勝利するという大金星をあげた。2回戦で、暫定総合1位宮崎と、暫定総合2位クレイ激突結果宮﨑勝利し、更に準決勝シェーン・ビクトリーノ下しこの種目で2年連続決勝進出決勝秋山準相手粘り実らず敗れたものの、総合ランキングクレイ大きく引き離したTAIL IMPOSSIBLEでは、宮﨑足の影響もあってか第2レースの8位で脱落一方クレイ第3レースの4位脱落となり、総合ランキング逆転する事が出来ず決勝レース青木剛興梠慎三サッカー日本代表2人とのデッドヒート制したワッキーが、この種目の2連覇達成した最終種目前の総合ランキングでは、暫定総合1位宮﨑暫定総合2位クレイの差は30Pになった。SHOT-GUN-TOUCHは手負い宮﨑が12m50cmを成功させた中、クレイがこの距離で1回目失敗2回目成功するも、後が無くなったクレイは続く12m70cmを失敗して試技終了その後宮﨑がこの距離を1回成功した為、この時点で宮﨑史上初プロスポーツマン大会2連覇確定した。 また興梠慎三が、この種目のサッカー記録を40cm上回る12m90cmを記録しサッカー選手初めてのSHOT-GUN-TOUCHの種目別No.1輝いた池谷パワー種目での低迷BEACH FLAGSでの準々決勝敗退響き第8回大会以来となる総合7位以下。しかも今大会上位6人までが総合順位入賞圏内であった為、池谷初め総合順位による入賞逃す結果となった。また今大会プロ野球選手出場者東京ヤクルトスワローズ福地寿樹ただ一人総合10位に終わった為、初め総合順位入賞圏内にプロ野球選手入れなかった。ワッキーTAIL IMPOSSIBLE種目別連覇BEACH FLAGS準決勝進出活躍芸能人3人目となる、プロ大総合3位入賞果たしたオープニングのラストカットは興梠慎三のSHOT-GUN-TOUCH 12m90cm。

※この「第15回(2009年)」の解説は、「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の解説の一部です。
「第15回(2009年)」を含む「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の記事については、「スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位」の概要を参照ください。


第15回(2022年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 03:30 UTC 版)

マンガ大賞」の記事における「第15回(2022年)」の解説

マンガ大賞 ダーウィン事変うめざわしゅん) 74P ノミネート作品 ルックバック藤本タツキ) 68P ひらやすみ真造圭伍) 66P 女の園の星和山やま) 63P チ。-地球の運動について魚豊) 59P トリリオンゲーム原作稲垣理一郎作画池上遼一) 55P ダンダダン龍幸伸) 53P 【推しの子】原作赤坂アカ作画横槍メンゴ) 49P 海が走るエンドロールたらちねジョン) 45P 自転車屋さんの高橋くん松虫あられ) 32P 選考第1次選考99人、第2次選考94

※この「第15回(2022年)」の解説は、「マンガ大賞」の解説の一部です。
「第15回(2022年)」を含む「マンガ大賞」の記事については、「マンガ大賞」の概要を参照ください。


第15回(2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:28 UTC 版)

日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」の記事における「第15回(2015年)」の解説

AI aikoE-girls いきものがかり HKT48 AKB48 NMB48 EXILE KAT-TUN KANA-BOON KABA.ちゃん 関ジャニ∞ 氣志團 きゃりーぱみゅぱみゅ KinKi Kids クリス松村 ゲスの極み乙女。 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE GENERATIONS from EXILE TRIBE ジャニーズWEST JUJU Superfly SEKAI NO OWARI タッキー&翼 TOKIO ナオト・インティライミ 西内まりや 西野カナ NEWS 乃木坂46 秦基博 Perfume 浜田ばみゅばみゅ 平井堅 V6 BREAKERZ Hey! Say! JUMP 星野源 ポルノグラフィティ 槇原敬之 山本彩

※この「第15回(2015年)」の解説は、「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」の解説の一部です。
「第15回(2015年)」を含む「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」の記事については、「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」の概要を参照ください。


第15回(1996年夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 15:26 UTC 版)

パレットノベル大賞」の記事における「第15回(1996年夏)」の解説

入選 該当作なし 佳作 足立和まほろば姫君」→書き下ろし日輪割れる日』(文庫)でデビュー

※この「第15回(1996年夏)」の解説は、「パレットノベル大賞」の解説の一部です。
「第15回(1996年夏)」を含む「パレットノベル大賞」の記事については、「パレットノベル大賞」の概要を参照ください。


第15回(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:27 UTC 版)

ミュージックステーションスーパーライブ」の記事における「第15回(2006年)」の解説

番組タイトル:『ミュージックステーション スーパーライブ2006ロゴ表記:『“MUSIC STATIONSUPERLIVE > 2006放送日12月22日 19:00 - 23:10JST視聴率:18.6%(ビデオリサーチ調べ関東地区世帯リアルタイム出演者 総合司会 タモリ 堂真理子 アーティスト aiko Aqua Timez 絢香アンジェラ・アキ いきものがかり 伊藤由奈 EXILE ENDLICHERI☆ENDLICHERI 大塚愛 ORANGE RANGE KAT-TUN キグルミ 木村カエラ KinKi Kids GLAY 倖田來未 コブクロ SEAMO 湘南乃風 スキマスイッチ SMAP タッキー&翼 ダニエル・パウター DJ OZMA 手嶌葵 堂本光一 TOKIO DREAMS COME TRUE 中島美嘉 浜崎あゆみ B'z 福山雅治 V6 BoA ポルノグラフィティ Mr.Children mihimaru GT 山下智久 YUI RIP SLYME レミオロメン WaT トピックス 出演したアーティスト史上最多となる43組(KinKi Kidsソロ除くと41組)。うち太字この年の『第57回NHK紅白歌合戦』にも出場したアーティスト出演者増大によりメドレー(2曲以上披露SMAPKAT-TUNのみとなったが、トリ務めたMr.Children演奏時間が7分12秒の「しるし」をフル演奏したアップフロントプロモーション当時はアップフロントエージェンシー」)所属アーティスト第1回1992年)から毎年この番組出演していたが、この年出演者がいなかったため、これでアップフロント勢の出演14年連続ストップしこの年以降から2021年森高千里出演するまで一度も出演がなかった。また1995年から出演してきた安室奈美恵同じくライジングプロダクション所属アーティストこの年出演者がいなかったため11年連続ストップし2017年荻野目洋子出演するまで同所アーティスト出演がなかった。 この年幕張メッセ全体まさしくセットとなり、バックには前回同様、『“MUSIC STATIONSUPERLIVE > 2006と書かれたセットが、さらにその後ろには10本の縦型巨大セット用意した。トークセットには、銀色塗られ巨大なリボンがあり、番組ロゴ記載されたリボンテープによる装飾ところどころ施されていた。 当日の昼(13:20 - 13:55)に放送されていた黒柳徹子司会『徹子の部屋』では、毎年年内最後のゲストとしてタモリ出演しているが、番組放送中で「“MUSIC STATIONSUPERLIVE > 2006 今夜7時から」と番組宣伝テロップが、画面下に表示されていた。 BS朝日では、『P&G Presents MUSIC STATION SPECIAL SUPER LIVE 2006』と題して12月28日19:00-23:10中継録画放送された。 従来までは『報道ステーション』(『ニュースステーション時代を含む)はその番組のある前日以前に年内放送終了しているが、この年12月26日までの放送この日休止した上、この日分の報ステ』のスポンサー提供した一部スポンサーは除く)。 当初は12月29日放送予定だったが、翌30日に『日本レコード大賞』(TBS系列)がある関係1週繰り上がったと思われる。また本来12月22日19:00スペシャル番組21:00ドラマ家族〜妻の不在・夫の存在〜』の最終回21:54に『報ステ』が入る予定で、また12月29日に必ず最終週放送していたABC制作特番予定していたが出演者兼ね合いから、12月15日繰り上がった(『芸人魂!ガチレース』〈20:00 - 21:54放送そのため『家族』12月8日終了するになった)。 今回出演者は非常に豪華さがあり「紅白以上」と言われたちなみに、こちらと当年の『第57回NHK紅白歌合戦』の両方出場していた19組のうちほとんどが、活動10年満たないグループであったB'z出演時としては、2年ぶりに恒例特効花火打ち上げあげられた。

※この「第15回(2006年)」の解説は、「ミュージックステーションスーパーライブ」の解説の一部です。
「第15回(2006年)」を含む「ミュージックステーションスーパーライブ」の記事については、「ミュージックステーションスーパーライブ」の概要を参照ください。


第15回(2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 14:06 UTC 版)

文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」の記事における「第15回(2011年)」の解説

長編劇場公開TVOVAおまえうまそうだな 劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。花咲くいろは輪るピングドラムパンティ&ストッキングwithガーターベルトSTEINS;GATETIGER & BUNNY 短編アイデア捕まらない。、ぐりうむ、これくらいで歌う、ちいさなあなたへSomeday~、ホリデイ約束ようこそぼくです、Animation HotlineBONNIEDas HausGarden、Helsingin kesä、Herr Hoppe und der Atommüllmany go roundMODERN NO.2、Omerta、PULG,THe NeW WORLDRomance、Scripta volant、SPOTS SPOTS

※この「第15回(2011年)」の解説は、「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」の解説の一部です。
「第15回(2011年)」を含む「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」の記事については、「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」の概要を参照ください。


第15回(2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 17:26 UTC 版)

美術手帖」の記事における「第15回(2014年)」の解説

美術手帖通巻1000号を記念して開催入選者gnck塚田優、井上幸治勝俣涼、中尾拓哉)、審査員谷川渥椹木野衣松井みどり)。

※この「第15回(2014年)」の解説は、「美術手帖」の解説の一部です。
「第15回(2014年)」を含む「美術手帖」の記事については、「美術手帖」の概要を参照ください。


第15回 (2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 15:52 UTC 版)

ランベス会議」の記事における「第15回 (2020年)」の解説

第15回ランベス会議2016年1月管区長会議結果2018年でなく、2020年開催する決定した発表されている。

※この「第15回 (2020年)」の解説は、「ランベス会議」の解説の一部です。
「第15回 (2020年)」を含む「ランベス会議」の記事については、「ランベス会議」の概要を参照ください。


第15回(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:00 UTC 版)

R-1グランプリ」の記事における「第15回(2017年)」の解説

成績名前所属事務所キャッチコピー決勝出場回数1stネタ1/優勝 アキラ100% ソ/SMA ミ/見えたらゴメンなさい! 1/C-11Final進出 サンシャイン池崎 ワタナベエンターテインメント ン/(復活ステージ3位2/2連続2回目 A-4番 イ/石出奈々子 ア/浅井企画 アニメの国の夢の少女 1/B-6番 4/1st敗退 レイザーラモンRG よしもとCA東京 アイ/I am プレジデント 2/3年ぶり2回目 A-1番 ヨ/横澤夏子 よしもとCA東京 おもしろガールズコレクション 2/2連続2回目 A-2番 ミ/三浦マイルド よしもとCA東京 アア/R-1ぐらんぷり2013チャンピオン 2/4年ぶり2回目 A-3ゆりやんレトリィバァ よしもとCA大阪 ナチュラルぽっちゃりクイーン 3年連続3回目 B-5ルシファー吉岡 マセキ芸能社 カカ/輝け!コント男優 2/2連続2回目 B-7番 コ/紺野ぶるま シ/松竹芸能東京) ン/(復活ステージ2位1/初(ノーシードB-8ブルゾンちえみ ワタナベエンターテインメント イイ女、ここにいます。 1/初(ノーシード) C-9番 マツモトクラブ ソ/SMA さすらい独りシネマ 3連続3回目 C-10番 おいでやす小田 よしもとCA大阪 ン/(復活ステージ1位2/2連続2回目 C-12Aブロック ネタ名前得票数文枝関根清水ヒロミ板尾d1レイザーラモンRG 0 0 0 0 0 0 0(4%) 2横澤夏子 3 0 0 1 0 0 227%) 3三浦マイルド 8 2 1 0 2 2 121%) 4復活ステージ3位サンシャイン池崎 10 1 2 2 1 1 3(48%) Bブロック ネタ名前得票数文枝関根清水ヒロミ板尾d54ゆりやんレトリィバァ 6 1 0 0 1 1 337%) 65石出奈々子 10 0 2 2 2 2 2(32%) 76ルシファー吉岡 5 2 1 1 0 0 117%) 8復活ステージ2位紺野ぶるま 0 0 0 0 0 0 014%) Cブロック ネタ名前得票数文枝関根清水ヒロミ板尾d97ブルゾンちえみ 5 1 0 1 0 0 344%) 108マツモトクラブ 0 0 0 0 0 0 0(7%) 119アキラ100% 9 0 2 2 1 2 2(39%) 12復活ステージ1位おいでやす小田 7 2 1 0 2 1 110%ファイナルステージ ネタ名前得票数文枝関根清水ヒロミ板尾d1Aサンシャイン池崎 5 0 1 1 1 0 2(30%) 2B石出奈々子 2 1 0 0 0 0 1(10%3Cアキラ100% 14 2 2 2 2 3 3(60%) 備考 女性決勝進出者過去最多の5名。 上位3名よしもとクリエイティブ・エージェンシー以外の事務所となったのは、大会史上初。 4年連続優勝者よしもとクリエイティブ・エージェンシー以外の事務所となった2年連続同じ事務所芸人優勝したのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー外では初。 U-NEXTでの配信では、著作権都合によりゆりやんレトリィバァブルゾンちえみネタカットされている。

※この「第15回(2017年)」の解説は、「R-1グランプリ」の解説の一部です。
「第15回(2017年)」を含む「R-1グランプリ」の記事については、「R-1グランプリ」の概要を参照ください。


第15回(1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 03:46 UTC 版)

美術の祭典・東京展」の記事における「第15回(1989年)」の解説

9月19日から10月3日まで開催

※この「第15回(1989年)」の解説は、「美術の祭典・東京展」の解説の一部です。
「第15回(1989年)」を含む「美術の祭典・東京展」の記事については、「美術の祭典・東京展」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第15回」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第15回」の関連用語

第15回のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第15回のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仏教伝道文化賞 (改訂履歴)、ショパン国際ピアノコンクールの受賞者 (改訂履歴)、文化庁メディア芸術祭マンガ部門 (改訂履歴)、スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位 (改訂履歴)、マンガ大賞 (改訂履歴)、日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト (改訂履歴)、パレットノベル大賞 (改訂履歴)、ミュージックステーションスーパーライブ (改訂履歴)、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 (改訂履歴)、美術手帖 (改訂履歴)、ランベス会議 (改訂履歴)、R-1グランプリ (改訂履歴)、美術の祭典・東京展 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS