2回目とは? わかりやすく解説

2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年オーストリアグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

7月1日現地時間13:00ら行われた。

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2016年オーストリアグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2016年オーストリアグランプリ」の記事については、「2016年オーストリアグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:53 UTC 版)

2017年日本グランプリ (4輪)」の記事における「2回目(FP2)」の解説

2017年10月6日 14:00 FP1終盤から降り出したはさらに強くなり、がほぼ止むまでの45分ディレイとなった終了10分前に再び強く降り出しそのままセッション終了したハミルトン1分48719のトップタイムを出したが、タイム出したドライバーは5人のみで、1周走行していないドライバーは6人にのぼった

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2017年日本グランプリ (4輪)」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2017年日本グランプリ (4輪)」の記事については、「2017年日本グランプリ (4輪)」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年イギリスグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

午後気温21度、路面温度36度に上昇開始15分ダニール・クビアト最終コーナー単独スピンフロントウイング破損ニコ・ロズベルグはマシントラブルにより1周走れないままセッション終えた。トップタイムはFP1続きハミルトン(1:31.660)が記録しメルセデス勢で明暗別れるとなった

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2016年イギリスグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2016年イギリスグランプリ」の記事については、「2016年イギリスグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:03 UTC 版)

2016年イタリアグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

気温29度、路面42度。FP1続き晴れセッション前半エステバン・オコンターン6の手前で失速したため、バーチャルセーフティカー導入された。オコン13周でこのセッション終えている。後半にはアロンソピットレーン出口マシン止めてしまい、メカニックの手ガレージへと戻されたが、後にコース復帰した。トップタイムはハミルトン(1:22.801)、2位ロズベルグFP1続きメルセデスワンツーフェラーリ勢(ベッテル3位ライコネン4位)が続く。このセッションでもプロトタイプタイヤが使用されたが、ピレリはこのプロトタイプタイヤに問題があることを認めており、新型ソフトタイヤの年内投入見送可能性示唆した

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2016年イタリアグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2016年イタリアグランプリ」の記事については、「2016年イタリアグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:03 UTC 版)

2016年ベルギーグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

気温30度、路面温度40度、FP1続き晴天。トップタイムはマックス・フェルスタッペン(1:48.085)、2位リカルドレッドブル勢が続いた。既に30グリッド降格決まっているハミルトンは、序盤にテストタイヤ、終盤にソフトタイヤを履いた以外はミディアムタイヤで走行続け13位。

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2016年ベルギーグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2016年ベルギーグランプリ」の記事については、「2016年ベルギーグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年ヨーロッパグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

FP1続き、トップタイムはハミルトン(1:44.223)。フェラーリ勢の不調目立ったこの日深夜FIAは3箇所(6コーナー12コーナー15コーナー)の縁石撤去したまた、ピットロード入口へと導入する白線変更された。最低空気圧設定値高過ぎるとの批判を受け、ピレリタイヤの最低空気圧引き下げ応じた

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2016年ヨーロッパグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2016年ヨーロッパグランプリ」の記事については、「2016年ヨーロッパグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:53 UTC 版)

2017年アメリカグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

2017年10月20日 14:00 気温25度、路面温度30度、午前中に比べ太陽も顔を覗かせるドライコンディションで行われた18分にセバスチャン・ベッテルスピンオフし、ソフトタイヤにはフラットスポットができてしまった。35分を過ぎたところでハミルトン唯一1分34秒台(1分34668)に突入し速さ見せつけた以後決勝見据えたロングランテスト収集を行うが、ウルトラソフトでも充分に走行できる硬さだったため、各車ウルトラソフトでロングラン行った

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2017年アメリカグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2017年アメリカグランプリ」の記事については、「2017年アメリカグランプリ」の概要を参照ください。


2回目(FP2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:54 UTC 版)

2017年アブダビグランプリ」の記事における「2回目(FP2)」の解説

2017年11月24日 17:00 気温25度、路面温度32度、晴天のドライコンディション。 ルイス・ハミルトン自身2011年予選記録したコースレコード上回る1:37.877を出してトップタイムとなった。しかし、セッション後半ロングランでは振動悩まされ時折1分42秒台を出したベッテルダニエル・リカルドに対し1分43秒台しか出せなかった。

※この「2回目(FP2)」の解説は、「2017年アブダビグランプリ」の解説の一部です。
「2回目(FP2)」を含む「2017年アブダビグランプリ」の記事については、「2017年アブダビグランプリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2回目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2回目」に関係したコラム

  • マーチンゲール法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    マーチンゲール法は、勝率が50%、払い戻しが2倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目のかけ金を1にして、負けた場合には2回目のかけ金を1回目のかけ金の倍の2にします。さらに負けた場合には3回目のか...

  • FXのペイオフレシオとは

    FX(外国為替証拠金取引)のペイオフレシオ(payoff ratio)とは、FXでの取引における利益率のことです。ペイオフレシオは、リスクリワードレシオ(risk reward ratio)ともいいま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2回目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2回目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2016年オーストリアグランプリ (改訂履歴)、2017年日本グランプリ (4輪) (改訂履歴)、2016年イギリスグランプリ (改訂履歴)、2016年イタリアグランプリ (改訂履歴)、2016年ベルギーグランプリ (改訂履歴)、2016年ヨーロッパグランプリ (改訂履歴)、2017年アメリカグランプリ (改訂履歴)、2017年アブダビグランプリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS