私服とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > > 私服の意味・解説 

し‐ふく【私服】

読み方:しふく

制服に対して個人の服。⇔官服

私服刑事」の略。


制服

(私服 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 05:31 UTC 版)

制服(せいふく)とは、会社学校あるいは軍隊警察など、ある一定の集団組織の所属者が着用することを目的に規定されたのことである。同じ集団内でも、男性女性、軍隊などの階級によって制服のデザインが異なる場合も多い。また、普段の着用義務がない服は、標準服(ひょうじゅんふく)や奨励服(しょうれいふく)と呼ばれることもある。なお、制服は英語ではuniform(ユニフォーム)であるが、日本語でユニフォームと言う場合、スポーツのチームメンバーの統一された服装を指すことがある。


注釈

  1. ^ 但し外出着のようなラフな格好が許されているわけではなく、基本的に背広服若しくはそれに準じた服装で勤務するよう定められている。事務官に関しては最低でもジャケットを着用するように指導される。また技官に関しては専用の作業服での勤務を命ぜられており、創立記念行事等でも姿を確認出来る

出典

  1. ^ 2019年10月1日、中日新聞朝刊16面
  2. ^ 総務省消防庁 (2005年). “消防庁職員活動服と職名章のご紹介 (PDF)”. 総務省. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  3. ^ 例:「三重県消防関係職員の服制及び被服貸与規則(昭和四十三年二月二十七日三重県規則第八号・最終改正平成一九年三月九日)」。他の地方公共団体にも同様の規則が存在すると思われる。
  4. ^ 明治十七年十月二十五日宮内省達乙八号「有爵者大礼服制」参照
  5. ^ 昭和二十七年三月二十二日法務府訓令第一号「刑務官服制」の別表および形状図参照
  6. ^ 神社本庁『装束と衣装』1952年8月1日発行全89頁中2頁
  7. ^ ロバート・H・フランク 『日常の疑問を経済学で考える』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、171頁。
  8. ^ JR・私鉄の制服、外部流出防止 JR東日本商事が個別管理システム”. 日刊工業新聞[商社・流通・サービス] (2017年10月19日). 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  9. ^ コミックマーケット準備会 (n.d.). “コスプレの注意事項”. コミックマーケット公式サイト. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。



私服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:04 UTC 版)

恵泉女学園中学校・高等学校」の記事における「私服」の解説

創立当初から制服定めていない。創立者である河井道河井道子)が「それぞれの個性大事にするべきだ」と考え私服になった。皆、自由に服を選んで着てくる。最近では特に校則はなく、制服らしい格好や私服の格好をする人など思い思いの着こなし見られる全て自由というのではなくルールはある。袖のある服を着るスラックスは十分丈のあるもの着用する華美でない清潔な服装校章付けて通学するよう指導している。

※この「私服」の解説は、「恵泉女学園中学校・高等学校」の解説の一部です。
「私服」を含む「恵泉女学園中学校・高等学校」の記事については、「恵泉女学園中学校・高等学校」の概要を参照ください。


私服(レーザー強化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 10:07 UTC 版)

怒首領蜂最大往生」の記事における「私服(レーザー強化)」の解説

それぞれ個性生かしたカジュアルな服装になる。

※この「私服(レーザー強化)」の解説は、「怒首領蜂最大往生」の解説の一部です。
「私服(レーザー強化)」を含む「怒首領蜂最大往生」の記事については、「怒首領蜂最大往生」の概要を参照ください。


私服(1回目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 04:34 UTC 版)

GameWave」の記事における「私服(1回目)」の解説

2001年8月放送された「歴代アシスタント同窓会スペシャル」で伊集院携帯電話エアガン撃たれ爆発した際にその日朝に着てきた私服が携帯電話とともに被害遭った

※この「私服(1回目)」の解説は、「GameWave」の解説の一部です。
「私服(1回目)」を含む「GameWave」の記事については、「GameWave」の概要を参照ください。


私服(2回目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 04:34 UTC 版)

GameWave」の記事における「私服(2回目)」の解説

最終回では、伊豆の海伊集院の私服が燃やされた。

※この「私服(2回目)」の解説は、「GameWave」の解説の一部です。
「私服(2回目)」を含む「GameWave」の記事については、「GameWave」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「私服」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

私服

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 09:41 UTC 版)

この単語漢字

第六学年
ふく
第三学年
音読み 音読み

名詞

(しふく)

  1. (衣類) 私生活着用する衣服制服ではない衣服個人所有衣服
  2. 私服警官の略。

対義語


「私服」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



私服と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「私服」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||


10
76% |||||

私服のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



私服のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの制服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの恵泉女学園中学校・高等学校 (改訂履歴)、怒首領蜂最大往生 (改訂履歴)、GameWave (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの私服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS