エアガンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > エアガンの意味・解説 

エアガン

読み方:air gun

(1)圧縮された空気対象吹き付けるための器具空気銃とも言うトリガーを引く操作簡単に強力な圧縮空気を吹くことができる。製造機械付着した粉塵水滴吹き飛ばすといった用途に用いられることが多い。
(2)空気圧利用して弾丸発射するタイプモデルガン通称エアソフトガンとも言う弾丸としては「BB弾」と呼ばれるプラスチック製の弾が一般的に使用される。

エア‐ガン【air gun】

圧縮空気圧力利用して弾丸発射する銃。空気銃

エアハンマーのこと。

エアブラシのこと。


エアガン

英語 airgun

機械工具の分野では、エアコンプレッサーなどでつくられる圧縮空気をエアホースで導き、その圧縮空気任意の所に吹き付けるための道具をいう。一般に工作機械治具金型部品などの切粉、塵挨、油分水分除去洗浄清掃するために多く使われている。ノズル形状エア絞り弁有無などにより、各種のものが市販されているエアダスター、エアノズルとも呼ばれる

エアガン

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

エアガン


アクアパルス


ノン・ダイナマイト法


バイブロサイス


非爆薬震源

読み方ひばくやくしんげん
【英】: non-dynamite source
同義語: アクアパルス  エアガン  ノン・ダイナマイト法  バイブロサイス  

地震探査波源火薬類を用いない方法まとめて呼ぶ俗称である。
火薬類それ以外のものの間に区別がつけにくいこともあって範囲は明確ではない。地震探査波源としては、陸域・海域問わず火薬類、それも主にダイナマイトを用いることが最も多かった。現在でも陸域ではダイナマイトではないにせよ、爆発物例え硝酸アンモニウム用いているものが多い。この最大理由は、エネルギー十分に大きくて、鋭いパルス状の波形火薬類爆発利用すると容易に得られるからである。しかし、エネルギー大きく鋭い波形の波を出すという特色は、逆にいろいろな障害引き起こしている。陸域では地表建造物地面そのもの損傷することがあり、このためには地下数 m 以深に火薬を置かなければならず、これには作孔作業が必要となる。海域では海中生物殺傷するため、水産業に重大な影響与える。いずれにしても危険物あるため保安上に心配があり、作業能率高めることができない
非爆薬震源の多くは、このような難点解決するために考え出されたものである。その発震機構から、機械的電気的、空気放出放出ガス燃焼大別することができる。これまで開発され実用化されている主要な方法を<表>に示す。
非爆薬震源機械的方法のうち最も単純な方法重錘落下法である。これは名の示すとおり1トン程度重錘3m ぐらいの高さから落とすのであるが、地震探査要求される 1ms(1 秒の 1,000 分の 1 )の精度を保つために工夫がこらされているバイブロサイスVibroseis, Conoco商標)は、単に火薬代替というものではなく他の方法とは異なり、発震波形制御している点に特色がある。つまり、バイブロサイスから出る波形は表のように 10 秒ぐらいも続く振動波形であり、これを用いて記録をとり、発震波形との相互相関をとることで信号波形取り出すというものであるこの方法は発震波形既知であり、しかも制御できるという点で通信理論にかなった優れた着想といえる与え周波数帯域以外の波は受信しない利点がある。主として陸上調査に用いられている電気方法水中での瞬間放電利用するもので、したがってほとんどが海域調査に用いられている。その代表的機種スパーカーである。この方法の特色は、周波数帯域極めて高いことから微細構造解析向いていることである。そのため港湾などの底質調査にはよく用いられる通常の方法では測線直下反射波しか観測できないが、発震、受震ともに指向性持たせ、船の進行と直角方向指向性を振らせることで、海底面をある幅で観測することができる。
空気放出いうのは圧縮空気瞬間的開放しその膨張力を利用する方法で、これも主として海域で用いられ、エア・ガンの名称がある。空気瞬間放出機構には巧妙工夫なされているが、それらに必要な装置準備してしまえば、エネルギー源空気がどこででも入手できるの作業上に大きな利点となり、海域の非爆薬震源としては最も多く用いられている放出前に蓄え空気圧容積および水深によって、発震波形周波数帯域変化する異なったサイズガン異なった周波数特性を持つから、さまざまな容積ユニット同時使用する総合した発震波形制御できる。このように配慮したガン配列をチューンド・アレー(tuned array)と呼ぶこともある。
一方空気代わりにピストン運動によって高速放出するウォーター・ガン最近注目され始めた放出されたによって海水中に中空形成され、次の瞬間これがつぶれるときに地震波発生する。ウォーター・ガン長所は、有害な二次的振動原因となる気泡バブル)を生じないことである。空気放出入れるのは不適当だが、圧縮空気あるいは水蒸気容器膨らませ、この状態容器機械的に支持してから空気抜きその後機械的支持取り去って水圧により容器圧縮し、負のパルスを出すという方法がある。空気放出ガス燃焼生じ繰り返し発展気泡効果)がないことが特色である。(フレキシ・ショック)ガス燃焼法はゴムの袋や特別の容器中にプロパン・ガス酸素混合気体入れ点火栓によってガス燃焼爆発)させ、そのとき容器膨張利用する方法である。膨張熱力学的に行われるため、そのままでは水圧による圧縮膨張繰り返され、いわゆる気泡効果があって不都合である。そのため点火排気弁を開いて内部ガス空中放出する機構備えている。この方法は陸域でも利用できる。地上においた容器の中でガス点火し、容器瞬間膨張土地衝撃与えのである
陸域非爆薬震源では、プロパン・ガス酸素供給比較的容易であるので重用されているこの方法の代表的機種はダイノサイス(Dinoseis)である。これらのほかに、火薬による方法近づくものとして、導爆線地表に延ばし点火する方法がある。実際に災害防止のため、30 ~ 50cm 埋設する。これは多孔爆破効果をねらうものである海域でも同様に水面下数十 cm導爆線流し点火する。また、海域において混生動物危害が加わらない程度少量爆薬を非爆薬震源と同等作業能率で用いる方法がある。非爆薬震源は、先に述べたように主として災害防止目的したものであったが、実現できた方法エネルギー源供給自動化でき、しかも短時間10 秒~数 10 秒)に供給できるという利点を持っているため、1 回あたりの発震エネルギー火薬類及ばないにしても作業能率上に資するところが大きい。これまでのダイナマイト場合には、火薬庫からの運搬雷管爆破線の装着、陸域では作孔と装填海域ではブイ取り付け投入などという人手要する煩雑な作業が多かった。非爆薬震源ではこれらがほとんど省略できることで、人員節減通じてコスト低下つながっている。1 回あたりのエネルギー小さということは、その限りにおいては欠点であるが、多数回の繰り返し発震の結果加算することで、有効信号強調するとともにランダム雑音減衰できるという利点を生んでいる。
これらの多く優位性から、非爆薬震源は今後発展する傾向をみせている。

実際には 5 ~ 50Hz くらいの周波数範囲10くらいの間に出している。

表 非爆薬震源
原理 名称 適地
機械的 バイブロサイス
サンパー重錘落下
陸、海
電気 スパーカー
SSP

空気放出 エアガン 海、陸
放出 ウォーターガン
ガス燃焼 ダイノサイス
アクアパルス
陸、海

空気銃

(エアガン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 04:22 UTC 版)

空気銃(くうきじゅう)とは、空気または不燃性ガスを用いて弾丸を発射する形式のの総称。子供向けの玩具から、射撃狩猟に用いるものまで、そのバリエーションは幅広い。日本では一般に「空気銃」と呼ぶ場合、公安委員会の所持許可が必要な、いわゆる「実銃」をさすことが多い。この項ではこの実銃としての空気銃を扱う。


注釈

  1. ^ 一例として、日本のシャープ・ライフルは当初は自社生産のペレットを推奨弾として供給していたが、2001年のシャープ・チバへの組織再編後はペレットの自製から撤退し、ダイナミット・ノーベル英語版社製のRWS スーパードームが新たに推奨弾として指定された事例がある。

出典

  1. ^ おらはやっちまっただ~♪♪ 2 - エアライフルでの狩猟 WN ROD&GUN CLUB
  2. ^ p1 はじめに なつかしい黒光りしていた空気銃・・・ - CTCエアライフル
  3. ^ The artillery hold(スプリング式空気銃の保持について解説 アーティラリー・ホールドの推奨)
  4. ^ 炭酸ガスについて” (日本語). 岡谷酸素株式会社 (2012年2月13日). 2021年11月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l AIRGUN PROJECTILES - The Beemans' Private Website
  6. ^ 内外空気銃弾のいろいろ - CTCエアライフル
  7. ^ a b c 川口屋林銃砲火薬店『営業案内 No.15』1926年、33-38頁。
  8. ^ a b The invention of rifling: Part 3 | Air gun blog - Pyramyd Air Report
  9. ^ New High Impact .177 and .22 Pellets from Gamo - Daily Bulletin
  10. ^ a b Background - V-Mach Custom Rifles Limited
  11. ^ a b c Why don't they design pellets to go supersonic? | Air gun blog - Pyramyd Air Report
  12. ^ The Beeman R1 Supermagnum air rifle 18 years later: Part 1 | Air gun blog - Pyramyd Air Report
  13. ^ Crosman Nitro Venom - Deal or Dud? - TheBestAirRifle.com
  14. ^ Projectiles for air arms
  15. ^ 「特願昭51-010794」「特開昭52-095900」ジヨセフ・フランソワ・ルイス・ジヨン・ピツチヤ-ド、"空気銃弾"、1976年2月3日出願、1977年8月11日公開。
  16. ^ BEEMAN AIR GUN PELLET SPECIFICATIONS - The Beemans' Private Website
  17. ^ エースハンターに合うペレットは? ジェット弾 | 暇つぶしな人生と狩猟な生活 - アメーバブログ
  18. ^ 射撃 - 気まぐれおやじ
  19. ^ Do hollowpoint pellets work? | Air gun blog - Pyramyd Air Report
  20. ^ a b 鳥獣法制度の変遷表 - オージークラブのホームページ
  21. ^ a b c d e f 一般社団法人全日本狩猟倶楽部『日本狩猟百科』1973年、141頁
  22. ^ a b c 参議院会議録情報 第028回国会 農林水産委員会 第7号
  23. ^ How are barrels rifled? – Part 1 - Pyramyd Air Report
  24. ^ How are barrels rifled? – Part 2 Button rifling - Pyramyd Air Report
  25. ^ つづみ銃の歴史 - 古いトイガンとかいろいろ
  26. ^ Brief history of air guns - surplusstore.co.uk、2016年1月16日。
  27. ^ The bellows gun — a blast from the past - Airgun Academy、2015年11月16日。
  28. ^ a b A Peek into the Beeman Airgun Collection - beemans.net、2007年6月30日。
  29. ^ 開運!なんでも鑑定団 2012年7月10日放送分”. 2012年7月10日閲覧。
  30. ^ Markham Air Rifle Co. Plymouth Michigan - DaisyKing.com
  31. ^ Daisy Top Lever Guns - DaisyKing.com
  32. ^ The History of Markham / King Air Rifle Company - DaisyKing.com
  33. ^ The History of Daisy - DaisyKing.com
  34. ^ GEM Airgun Values - Blue Book of Airgun Values
  35. ^ a real Gem - ten-metre: Gun Spares Repairs and Restorations
  36. ^ Groenewold, John. “What is a Quackenbush?”. jgairguns.biz. 2012年6月20日閲覧。
  37. ^ H.M. Quackenbush Guns”. quackenbush.com. 2013年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月10日閲覧。
  38. ^ HISTORY & ETHOS - バーミンガム・スモール・アームズ・ガンズ
  39. ^ Webley & Scott - Gunmakers 1790 - ウェブリー・アンド・スコット
  40. ^ A new book about air machine guns - Airgun Academy、2006年8月17日。
  41. ^ Weekend Wings #25: Air Gunners - Bayou Renaissance Man、2008年7月20日。
  42. ^ 本来の用語では殺害を意味するKillであるが、デイジー社は技能を意味するSkillを当てている。
  43. ^ Lucky McDaniel Instinct Shooting Trainer Outfit - Airgun Academy、2011年11月9日。
  44. ^ 第71回国会 衆議院 内閣委員会 第12号 昭和48年(1973年)4月5日(差分
  45. ^ Sharp Rifle Mfg. Co. (Japan) - Airgun Catalogs Pages - Manuals - The Airgun Enthusiast Channel
  46. ^ シャープ・チバ 廃業。。残念。。。 - てっぽう屋ブログ、2015年10月06日。
  47. ^ 日本テレビぶらり途中下車の旅』[www.ntv.co.jp/burari/050312/0312naiyou.html 2005年3月12日放送分]



「エアガン」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エアガン」の関連用語

エアガンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エアガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空気銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS