エネルギー源とは? わかりやすく解説

エネルギー資源

(エネルギー源 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 17:21 UTC 版)

エネルギー資源(エネルギーしげん、英語: Energy resource)とは、産業運輸消費生活などに必要な動力の源[1][1]


  1. ^ a b 『デジタル大辞泉』
  2. ^ 『世界大百科事典』3巻616頁、エネルギー資源。
  3. ^ a b 『世界大百科事典』3巻615頁、エネルギー革命。


「エネルギー資源」の続きの解説一覧

エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 03:01 UTC 版)

太陽」の記事における「エネルギー源」の解説

詳細は「陽子-陽子連鎖反応を参照 光輝く太陽どのようなエネルギーを源にしているかという問題は19世紀頃までに続々と発見され化学反応ではとうてい解明できず、大きな疑問となっていた。当初は重力ポテンシャルエネルギーという想像もあったが、19世紀末放射能発見される原子核反応候補となった。そして1938年核融合反応発見されると、これが太陽活動のエネルギー源と考えられるようになった標準太陽モデル 太陽の内部構造直接観測できないそのため、1950年代1960年代にかけてこれを理論的に構築する試みが行われたこれにより熱核融合反応にて水素ヘリウム変換することでエネルギー生み出す太陽46億年の歴史過程求め熱伝導重力バランス説明する現在の構造試算した結果が「標準太陽モデル」と呼ばれる。このモデルによって、太陽中心温度密度計算された

※この「エネルギー源」の解説は、「太陽」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「太陽」の記事については、「太陽」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:57 UTC 版)

「火」記事における「エネルギー源」の解説

燃料点火することで利用可能エネルギー放出される先史時代から木材燃料として使われている。石油天然ガス石炭といった化石燃料火力発電使われており、今日発電量大きな部分占めている。国際エネルギー機関によれば2007年時点で全世界のエネルギー源の80%強が化石燃料だという。発電所では火によって熱し蒸気発生させてタービン駆動するタービン発電機駆動し発電が行われる。外燃機関内燃機関では火が直接仕事をする

※この「エネルギー源」の解説は、「火」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「火」の記事については、「火」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/29 04:31 UTC 版)

Candidatus Desulforudis audaxviator」の記事における「エネルギー源」の解説

D. audaxviator のエネルギー源は、周辺存在する岩石液体含まれる下の無機物体内に取込み、エネルギー源としたり有機物合成する素としている。これらの無機物鉱物同士化学反応放射線による物理的な作用生じており、生物一切関与していない。 閃ウラン鉱含まれるウランをはじめとした放射性物質放射性崩壊によって生じアルファ線ベータ線ガンマ線作用によって、から分離した水素イオン (H+) 。 黄鉄鉱酸化されることによって、含まれる硫黄から生じた硫酸イオン (SO42-) 。酸化には先述のように放射線作用水素分離してら変化した過酸化水素関与している方解石から溶け出し炭酸水素イオン (HCO3-) から放射線作用によって生じた HCO2- 。 方解石から溶け出しカルシウムイオン (Ca2+) によって、粘土鉱物から生じたアンモニウムイオン (NH4+) 。 流体中に含まれる硫化水素によって燐酸塩鉱物から生じた燐酸イオン (PO43+) 。 流体中に含まれる一酸化炭素 (CO) 。

※この「エネルギー源」の解説は、「Candidatus Desulforudis audaxviator」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「Candidatus Desulforudis audaxviator」の記事については、「Candidatus Desulforudis audaxviator」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:16 UTC 版)

発電所」の記事における「エネルギー源」の解説

大規模な発電使用されているエネルギー源には以下のようなものがある石油石炭天然ガスなどの化石燃料エネルギー ウラン源とする放射性物質核エネルギー 河川湖沼などの降水源とする水の位置エネルギー 太陽光風力潮力地熱バイオマスその他のエネルギー 3と4合わせて再生可能エネルギー」と呼ばれる。「自然エネルギー」という用語は、核分裂反応燃焼などの化学反応伴わずそのまま利用できるものだけを示す場合と、自然界存在するエネルギーという意味で1から4までのすべてを含む場合がある。1は20世紀末から現在も、近い未来枯渇することが世界的な問題となっており、4に属す新たな自然エネルギーや2の核分裂エネルギー安全な利用21世紀初頭の現在求められており、長期的には4に近い核融合エネルギー技術の開発模索されている。1の化石燃料によるガスタービン発電除けば、1と2による発電多くボイラー高温高圧蒸気作ってタービンを回す、「汽力発電」である。ガスタービン発電ディーゼル発電内燃機関であり、「内燃力発電」と呼ばれる汽力発電の内でも1の化石燃料燃やすものと、やはり化石燃料燃や全ての内燃力発電は、合わせて火力発電」と呼ばれる。2のウランウランから生まれプルトニウム核分裂時に生じ核エネルギーを使うものは、原子力発電呼ばれ化石燃料燃やすものとは別の汽力発電である。1から4まで含めてほとんどが、放射性物質核分裂エネルギーまたは太陽の核融合エネルギー由来であり、核エネルギー無縁なのは天体公転自転エネルギー由来潮力発電くらいしかない。現在、放射能問題になるのは原子力発電のみだが、将来的には、たとえ再生可能エネルギーであっても宇宙空間の太陽光発電などでは放射線問題になる。 4の分類には幾分雑多なものが含まれており、これらはほとんどが太陽地球との関係の上で生じているエネルギーである。いずれも存在総量大きいがエネルギー密度が低いため、集めるのに工夫求められる。4の中で実用化進んでいる太陽光発電風力発電それぞれソーラーパネル太陽電池)と風車という形で一般に目にする機会があるが、海洋エネルギー発電利用する海流潮流発電潮力潮汐発電波力発電海洋温度差発電は、波力航路標識ブイ電力用発電利用する程度まだまだ実験の域を出ないでいる。地熱発電も、日本ではそれほど大規模化が行なえずにいるが、アイスランドでは総電力発電量15%を地熱発電から得ている。 4に含まれるものとして、動植物から得られる燃料発電を行うバイオマスバイオ燃料発電20世紀末から研究開発進められているが、自動車用燃料一部実用化されてはいるだけで、発電所での本格的な利用未定であるバイオマス・エネルギー利用は、地球温暖化防止カーボンニュートラル対応するためにも、今後の研究進展望まれている。 1から4のすべてが、「一次エネルギー」と呼ばれガソリン都市ガス蒸気のように一次エネルギー使いやすく加工変化させたものが「二次エネルギー」と呼ばれるものである。 1から4の一次エネルギーの内でも、3と4再生可能エネルギーは、別名、「循環エネルギー」とも呼ばれ化石燃料のように1度使用すれば2度使えない一次エネルギーは「非循環エネルギー」と呼ばれる

※この「エネルギー源」の解説は、「発電所」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「発電所」の記事については、「発電所」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 03:32 UTC 版)

フィンランドのエネルギー」の記事における「エネルギー源」の解説

2015年前半において、フィンランドのエネルギー源の内訳は木材26%、石油23%、原子力18%、石炭9%、天然ガス7%、水力5%、泥炭5%、風力1%、その他4%である。フィンランド化石燃料産出しない

※この「エネルギー源」の解説は、「フィンランドのエネルギー」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「フィンランドのエネルギー」の記事については、「フィンランドのエネルギー」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 01:30 UTC 版)

エネルギー資源」の記事における「エネルギー源」の解説

エネルギー源は、広義には他のエネルギー源に変換しうるものを指す。狭義には一次エネルギー源を指すことが多い。一次エネルギー源は、自然界存在しているエネルギー源を指し二次エネルギー源は一次エネルギー源を何らかの形で変換したものを指す。多くの場合二次エネルギー源は電力水素指しそれ以外一次エネルギー考えることができる最近では一次エネルギー源は、再生可能エネルギー枯渇性エネルギー分類され論じられることが多い。 本節では、一次エネルギー源のみを以下に列挙する

※この「エネルギー源」の解説は、「エネルギー資源」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「エネルギー資源」の記事については、「エネルギー資源」の概要を参照ください。


エネルギー源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 17:43 UTC 版)

日本のエネルギー資源」の記事における「エネルギー源」の解説

1950年には、国産多くの割合占めた石炭が5割、水力3割石油が2割弱であったその後エネルギーの使用総量急増したことにより、2001年には、絶対量わずかに増加しただけの水力は3%台まで低下した一方石油は5割まで上昇し天然ガス原子力割合高めてきた。こうした経緯により、輸入化石燃料への依存度は高まってきている。 1973年1979年2度オイルショック契機にエネルギー安全保障強化しエネルギー資源多様化進めてきた。これにより1日当た石油消費量1970年代5.1百万バレル (810,000 m3) から1990年の4.9百万バレル (780,000 m3) へと抑えた一方原子力天然ガス消費量増加した。また電力会社エネルギー使用の多い鉄メーカーなどは石油から石炭(現在は輸入がほとんど)への転換進めた

※この「エネルギー源」の解説は、「日本のエネルギー資源」の解説の一部です。
「エネルギー源」を含む「日本のエネルギー資源」の記事については、「日本のエネルギー資源」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エネルギー源」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エネルギー源」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「エネルギー源」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エネルギー源」の関連用語

エネルギー源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エネルギー源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエネルギー資源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの太陽 (改訂履歴)、火 (改訂履歴)、Candidatus Desulforudis audaxviator (改訂履歴)、発電所 (改訂履歴)、フィンランドのエネルギー (改訂履歴)、エネルギー資源 (改訂履歴)、日本のエネルギー資源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS