倖田來未とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 倖田來未の意味・解説 

倖田 來未

倖田來未の画像 倖田來未の画像
芸名倖田 來未
芸名フリガナこうだ くみ
性別女性
生年月日1982/11/13
星座さそり座
干支戌年
血液型A
出身京都府
URLhttp://rhythmzone.net/koda/
プロフィール2000年、「TAKE BACK」にて全米デビュー。全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録同年日本デビュー。以降シングルCD精力的リリース2005年2006年発表したアルバム200突破CDのほかにも、写真集『MAROC』やフォトエッセイ『倖田式』をや発表するなど、多岐にわたり幅広い活動を行っている。また、ベストジーニスト賞ネイルクイーンアーティスト部門」の連続受賞殿堂入りを果たしている。
代表作品1年2014
代表作品1CDアルバムKoda Kumi Driving Hit's 6
代表作品2年2014
代表作品2CDアルバムBon Voyage
代表作品3年2013
代表作品3CDシングルDreaming Now!
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

倖田來未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 02:21 UTC 版)

倖田 來未(こうだ くみ、1982年11月13日 - )は、日本の女性歌手rhythm zone所属。京都市伏見区出身。身長154cm。出生名は神田 來未子(こうだ くみこ)。同じく歌手のmisonoは実妹である。夫はBACK-ONのボーカルKENJI03。愛称はくぅちゃん。レコード会社はavex trax内のレーベルrhythm zone




注釈

  1. ^ 「來」の文字は常用漢字外かつ旧字体であるため。
  2. ^ a b c ファンクラブ限定盤も含む。
  3. ^ レンタル限定の為、市販での流通販売は行われていない。
  4. ^ 3万枚生産限定盤
  5. ^ a b c d e f g h i 5万枚生産限定盤
  6. ^ a b c 完全生産限定盤
  7. ^ a b c d e f ファンクラブ限定盤
  8. ^ a b c d e ファンクラブ限定盤の為、カウント集計はされない。
  9. ^ a b c d mu-mo shop・ライブ会場限定発売
  10. ^ 当初は延期という流れになっていたが、4月に入っても感染拡大が一気に増した事やスケジュールの都合上の目処が立たず結局、中止となった。
  11. ^ 「キューティーハニー」「Butterfly」のメドレー。
  12. ^ 「Lick me ♥」「It's all Love!」のメドレー。
  13. ^ 「好きで、好きで、好きで。」「Lollipop」のメドレー。

出典

  1. ^ “倖田來未、インスタに写り込んだ「現在の本名」に驚きの声相次ぐ”. しらべぇ (株式会社NEWSY). (2019年12月23日). https://sirabee.com/2019/12/23/20162222789/ 2021年1月2日閲覧。 
  2. ^ True, Chris. Kumi Koda | Biography & History - オールミュージック. 2021年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c 出嶌孝次 (2015年4月6日). “倖田來未がデビューから15年の間に生み出したオリジナル作11枚を一気におさらい!”. Mikiki. タワーレコード. 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ 倖田來未に会う!オリ・黒木、2年目誓い「始球式に来てほしい」 イザ! 産経デジタル 2018年1月14日
  5. ^ a b c d ゲストは倖田來未さん!「新堂本兄弟」#238”. フジテレビ (2006年3月12日). 2013年8月13日閲覧。
  6. ^ a b 2006年8月3日放送『うたばんSP』より。[信頼性要検証]
  7. ^ 「エイベックス松浦社長が暴露、倖田來未は落選だった!?」(オリコン)。
  8. ^ a b 自著『倖田式 Kumi Koda Style Book』(マガジンハウス)より。
  9. ^ a b 「羊水腐る発言 倖田來未のニューアルバムがオリコン1位」 Archived 2008年8月28日, at the Wayback Machine. MSN産経ニュース. (2008年2月5日8時33分)。
  10. ^ a b 「倖田來未4ヶ月振りテレビ復帰 Mステ出演 終始朗らか」 Archived 2008年11月22日, at the Wayback Machine.、産経ニュース. (2008年5月31日)。
  11. ^ 「倖田來未×misono、待望の姉妹ユニット 」 Archived 2009年2月23日, at the Wayback Machine.、産経ニュース. (2009年2月20日)。
  12. ^ 倖田來未、ミュージックDVD首位で“ソロ3冠” ORICON STYLE. (2010年10月13日)。
  13. ^ 倖田來未×セブン-イレブンのコラボ商品、好調につき販売延長 - BARKS ニュース
  14. ^ 倖田來未、“世界初”の360°バーチャルリアリティMVにロンドンっ子が大熱狂”. マイナビニュース (2014年9月25日). 2014年10月9日閲覧。
  15. ^ 倖田來未 ファーギー新曲MVにアジアの著名人代表として友情出演”. billboard JAPAN (2014年11月28日). 2014年12月20日閲覧。
  16. ^ 倖田來未 15周年突入で難易度Sクラスの挑戦 更なる革命劇“暴れ回りそうな予感””. billboard JAPAN (2014年12月10日). 2015年1月8日閲覧。
  17. ^ ステラ」(2017年5月8日GW特別合併号)「うたコン!好調の背景には!舞台裏の名場面集」47頁
  18. ^ a b c 倖田來未 (2015年3月19日). デビュー15周年の倖田來未「何回も辞めようと思った」. インタビュアー:若松正子. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/47770/ 2015年4月1日閲覧。 
  19. ^ 倖田來未 (2012年12月26日). 『恋しくて』インタビューSpecial. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/454# 2014年12月20日閲覧。 
  20. ^ a b 倖田來未 (2005年9月21日). 『BEST〜first things〜』インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/special/detail/462 2015年1月8日閲覧。 
  21. ^ CDTV900回記念 もう一度見たい ゲストライブ”. COUNT DOWN TV. TVでた蔵, 株式会社ワイヤーアクション (2011年). 2014年12月20日閲覧。
  22. ^ 「ニッポン放送 倖田來未のオールナイトニッポン での発言に関しましてのお詫び」 Archived 2008年6月25日, at the Wayback Machine.(倖田來未公式ウェブサイト)。
  23. ^ 「倖田來未 羊水腐る発言で広告主がサイト休止」 Archived 2008年2月4日, at the Wayback Machine. MSN産経ニュース. (2008年2月2日15時16分)。
  24. ^ 「倖田来未 羊水発言で一部CMが中止」(nikkansports.com、2008年2月5日6時27分)。
  25. ^ スーパーニュース フジテレビ. (2008年2月7日)。
  26. ^ 「言葉遣いよくなかった 羊水発言 涙ながらに謝罪 倖田來未会見詳報」 Archived 2008年10月11日, at the Wayback Machine. MSN産経ニュース. (2008年2月7日18時8分)。
  27. ^ “「夜な夜な電話でも語り合う仲」 倖田來未、“同期”氷川きよしとの2ショットに「美人2人だと思った」と反響”. ねとらぼ. (2018年10月19日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1810/19/news093.html 
  28. ^ 倖田來未×misono」名義。
  29. ^ globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「倖田來未」の関連用語

倖田來未のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



倖田來未のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの倖田來未 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS