美弥るりかとは?

美弥るりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/12 05:25 UTC 版)

美弥 るりか(みや るりか、9月12日[1] - )は、日本アーティスト。元宝塚歌劇団月組2番手スター[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 美弥るりかプロフィール美弥るりかオフィシャルウェブサイト
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、46頁。ISBN978-4-86649-089-2。
  3. ^ a b c d e f g h i 役柄に共感 私も主人公も暴走機関車/美弥るりか日刊スポーツ
  4. ^ a b c 7年間の思いぶつける!!/美弥るりかプレシャス!宝塚
  5. ^ a b c 男役17年、感謝の思い胸に有終の美/美弥るりか日刊スポーツ
  6. ^ a b c d 宝塚2番手では異例 月組・美弥るりか サヨナラショーで涙「宝塚に恋してきました」デイリースポーツ
  7. ^ a b 宝塚歌劇のフランス大革命もの上演史に、新たに刻まれた美弥るりかの単独初主演作 ミュージカル『瑠璃色の刻』宝塚ジャーナル
  8. ^ 美弥るりか「アンナ・カレーニナ」主役の青年将校演じる月組スター 生きる喜び、鎧脱ぎ全身で毎日新聞
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 「波瀾爆笑!?我が人生 美弥るりか」『宝塚GRAPH』2011年4月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、94-96頁。
  10. ^ a b c 広報「古河」No.68(2011年5月1日号)”. 茨城県古河市. 2013年6月26日閲覧。
  11. ^ a b 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、42-43頁。ISBN 978-4-484-12512-1
  12. ^ 「MY FIRST...」『宝塚GRAPH』2011年10月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、105頁。
  13. ^ 体調不良により8/20~8/23は休演。マール代役は壱城あずさが、アジス代役は大輝真琴が務めた。
  14. ^ 体調不良により9/22~9/26まで休演。代役は月城かなとが務めた
  15. ^ Rurika Miya 1st Live”. 東京メトロポリタンテレビジョン. 2020年6月12日閲覧。
  16. ^ 美弥るりかの宝塚退団後初ライブ 大阪で追加公演決定”. 学研プラス (2019年8月29日). 2020年6月12日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美弥るりか」の関連用語

美弥るりかのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



美弥るりかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美弥るりか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS