ひよるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ひよるの意味・解説 

ひ‐よ・る【日和る】

[動ラ五]名詞「ひより(日和)」の動詞化日和見1をする。また一般に、積極的にかわらない傍観する。「—・って体制側につく」「—・ってないで少しは手伝え」


ひ‐よ・る【日和】

〔自ラ五〕 (「ひより(日和)」の動詞化した語) 日和見的な態度をとる。また、一般に、物事積極的に関わろうとしないで傍観する。

恍惚の人(1972)〈有吉佐和子一六「少し暴れすぎたもんだから今は日和(ヒヨ)っちゃってやっぱり卒業はしたいって考えてるんです」


ひよる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 10:07 UTC 版)

動詞

日和・る(ひよ・る)

  1. 日和見ひよりみした態度を取る。形勢をうかがって容易態度変える
    (「日和見」が動詞化したもの。)
  2. ひるむ怖じ気づく。
    (「ひ弱になる」を縮めた言葉から転じたもの。)

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひよる」の関連用語

ひよるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひよるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのひよる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS