ニコンとは? わかりやすく解説

ニコン 【Nikon】


ニコン

名前 Nikon

ニコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 15:14 UTC 版)

株式会社ニコン: Nikon Corporation)は、日本光学機器メーカー。カメラデジタルカメラ双眼鏡望遠鏡顕微鏡ステッパーメガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会[3] および三菱広報委員会[4] の会員企業である[5][6]


注釈

  1. ^ 『明るい暗箱』p.29 によれば、アメリカ人が先入観なく「Nikon」を読むと「ナイコン」(アメリカ: [ˈnkɒn])となることは検討中から承知だったという。
  2. ^ 「ナイコン」と発音されている例は『僕のコダクローム』や、近年ではニコンD300のCMなどで確認できる。
  3. ^ 旧・フジノン

出典

  1. ^ コーポレート・ガバナンス体制 - 株式会社ニコン
  2. ^ 株主総会招集通知 2021年1月6日閲覧
  3. ^ 三菱金曜会”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。
  4. ^ 三菱広報委員会の活動”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。
  5. ^ 三菱グループに「落ちこぼれ企業」続出、最強エリート集団の大ピンチ”. 週刊ダイヤモンド公式サイト. 2021年7月15日閲覧。
  6. ^ 三菱広報委員会の加盟会社”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。
  7. ^ Presidente Fidel Castro obsequia cámara fotográfica a niño cubano humillado por empresa Nikon より(スペイン語)。
  8. ^ 株式会社ニコンの本社移転に関するお知らせ,株式会社ニコン,2014年8月11日
  9. ^ 2017年に迎える創立100周年を記念し、「ニコンミュージアム」を10月17日にオープン,株式会社ニコン,2015年10月1日
  10. ^ [1]
  11. ^ 希望退職者の結果に関するお知らせ
  12. ^ デジタルカメラの発売に関するお知らせとお詫び
  13. ^ プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ
  14. ^ http://www.nikon.co.jp/news/2017/1030_01_j.pdf
  15. ^ 半年経っても品薄続く ニコン「D850」ヒットの背景
  16. ^ ニコン、2018年3月期の連結決算は大幅増益、一眼レフカメラ「D850」が好調
  17. ^ 株式会社インプレス (2019年8月21日). “ニコンダイレクトストアの全店が閉店 御殿場、三田、木更津の実店舗” (日本語). デジカメ Watch. 2021年4月1日閲覧。
  18. ^ ニコン、タイにカメラ生産を集約 海外で2000人削減” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月6日閲覧。
  19. ^ ニコン、一眼レフ開発停止 ミラーレスに集中(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年7月13日閲覧。
  20. ^ 構造改革の実施に関するお知らせ - 20161108_1_j.pdf 株式会社ニコン
  21. ^ カメラ以上に苦境の半導体装置。ニコン復活の切り札はあるか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社”. ニュースイッチ Newswitch. 2020年12月1日閲覧。
  22. ^ ニコン、カメラ3位転落の苦悩” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月6日閲覧。
  23. ^ 報道資料:ニコン、NASAからデジタル一眼レフカメラ「ニコンD5」を53台受注”. 2020年9月6日閲覧。
  24. ^ 報道資料:ニコンの最新機材が国際宇宙ステーション(ISS)ロシア区画へ デジタル一眼レフカメラ「D3S」「D3X」およびNIKKOR(ニッコール)レンズなどを新たに受注”. 2020年9月6日閲覧。
  25. ^ 宇宙ではどんなカメラを使っているのですか?”. 2020年9月6日閲覧。
  26. ^ 隆, 湯之上. “半導体装置市場、報じられない地殻変動…カギ握る台湾TSMCの動向、中国市場の挙動不審” (日本語). Business Journal. 2021年3月6日閲覧。
  27. ^ ニコン、インテルから開発費 次世代半導体装置で: 日本経済新聞
  28. ^ ニコン、リストラ着手に潜むIntelリスク: 日本経済新聞
  29. ^ G450Cが語った450mmウェハ対応プロセスの開発状況(2) 450mmウェハ対応の製造装置はどこまで開発が進んでいるのか | TECH+ マイナビニュース
  30. ^ ニコン徳成CFO「全4部門の黒字化 必達目標」: 日本経済新聞
  31. ^ 【SPIE】 ニコンEUV1がSeleteで稼動,30nmを解像 日経クロステック(xTECH)
  32. ^ 【SPIE】ニコン,Intelに納入予定のEUV露光装置のアルファ機の開発状況を紹介 《訂正あり》 日経クロステック(xTECH)
  33. ^ ニコン次期社長 牛田 一雄氏 (61)”. 日本経済新聞 (2014年5月17日). 2020年12月1日閲覧。
  34. ^ ニコン利益半減、いったい何があったのか 東洋経済オンライン
  35. ^ ライジングチャイナ、岐路に立つFPD業界(3) 日本勢が大活躍するFPD製造装置市場” (日本語). マイナビニュース (2019年10月25日). 2020年11月25日閲覧。


「ニコン」の続きの解説一覧

ニコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 02:39 UTC 版)

ライカマウントレンズの一覧」の記事における「ニコン」の解説

日本光学工業(現ニコン)がニッカカメラ用に製造したレンズブランドは「ニッコール」(Nikkor )。 WニッコールC2.5cmF4(1953年発売) - トポゴン型4群4アタッチメントはφ34.5mmねじ込み設計者東秀夫。 WニッコールC2.8cmF3.5 - 4群6日沖宗弘は「中心部開放から使え、少し絞れいく分目だライツのズマロン35ミリF3.5や、オールドコンタックスIIIa用ビオゴン35ミリF2.8等に肉薄する性能」としている。 WニッコールC3.5cmF1.8(1956年9月発売) - 発売当時世界最高速35mmレンズであった変形クセノター型の5群7構成設計者東秀夫。 Wニッコール3.5cmF2.5(1952年発売) - Sマウント光学系共通の4群6で、後に一部改良しニコノス用として使用された。設計者東秀夫。 WニッコールC3.5cmF3.5(1948年発売) - 3群4設計者村上三郎ニッコールN5cmF1.1(1956年2月発売) - 6群9アタッチメントはφ62mmねじ込み。このスペックとしては帝国光学工業ズノー5cmF1.1に続いて二番目設計者村上三郎ニッコールSC5cmF1.4 - ゾナーデッドコピーであった5cmF1.5を改良しF1.4の表示をしたのは当時世界最高速ですなわち世界初。しかし発売当初はF1.5そのままで誤差範囲内」と発売したという。3群7構成。ダブルヘリコイドになっており0.9m=3.3ftまで距離計連動、さらに距離計連動ながら0.46m=1.5ftまで近接できる。アタッチメントはφ43mmねじ込みニッコールSC5cmF1.5(1949年発売) - 光学系1942年頃までに設計されレントゲン用を流用した3群7設計者村上三郎ニッコールHC5cmF2(1946年発売) - 3群6ゾナ−型。スクリューマウント。ダブルヘリコイドになっており0.9m=3.3ftまで距離計連動、さらに距離計連動ながら0.46m=1.5ftまで近接できる。 ニッコールH5cmF2 - 光学系はハンザキヤノン用として1935年頃に設計され流用設計者村上三郎ガラス製造軌道に乗る1948年までに、硝材の在庫払底により何度か設計変更している。5cmF2には沈胴型もあるが珍品ニッコールQC5cmF3.5(1945年発売) - 沈胴。エルマー型。スクリューマウント光学系はハンザキヤノン用として1935年頃に設計され流用設計者村上三郎ニッコールQC5cmF3.5(1945年発売) - 固定鏡胴スクリューマウント。ダブルヘリコイドになっており0.9m=3.3ftまで距離計連動、さらに距離計連動ながら0.46m=1.5ftまで近接できる。 マイクロニッコール5cmF3.5 - 4群5構成ニッコールPC8.5cmF2(1948年発売) - スクリューマウント設計者村上三郎ニッコールPC10.5cmF2.5 - スクリューマウント光学系はSマウント用と共通の3群5であり、後にほぼそのままFマウント流用された。アタッチメントはφ52mmねじ込みニッコール13.5cmF3.5 - スクリューマウント。3群4アタッチメントはφ43mmねじ込みレンズ鏡胴部分はSマウントエクサクタマウント共通であり、ヘリコイドから後ろ交換すればどのカメラにも使用できた。 ニッコール13.5cmF4(1947年発売) - スクリューマウント。3群4アタッチメントはφ40.5mmねじ込み設計者村上三郎

※この「ニコン」の解説は、「ライカマウントレンズの一覧」の解説の一部です。
「ニコン」を含む「ライカマウントレンズの一覧」の記事については、「ライカマウントレンズの一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニコン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ニコン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ニコン」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニコンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのライカマウントレンズの一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS