不定期とは? わかりやすく解説

ふ‐ていき【不定期】

読み方:ふていき

[名・形動日時期限一定していないこと。また、そのさま。「―な(の)刊行物」「―便」


定期

(不定期 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/24 03:33 UTC 版)

定期(ていき)




「定期」の続きの解説一覧

不定期(ゲストコメンテーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:22 UTC 版)

スッキリ (テレビ番組)」の記事における「不定期(ゲストコメンテーター)」の解説

松田須藤の2名は主に水曜日。他は、曜日不定河瀬直美松田紀子須藤理彩ナヲマキシマム ザ ホルモン)、よしひろまさみち和田彩花三上大進

※この「不定期(ゲストコメンテーター)」の解説は、「スッキリ (テレビ番組)」の解説の一部です。
「不定期(ゲストコメンテーター)」を含む「スッキリ (テレビ番組)」の記事については、「スッキリ (テレビ番組)」の概要を参照ください。


不定期(ゲスト解説者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:16 UTC 版)

RCCカープナイター」の記事における「不定期(ゲスト解説者)」の解説

川口和久1999年 - 2010年2015年 - 、TBSテレビ2010年・2015年以降は衛星波のみ〕や、2018年からCBCラジオDeNA対中日戦、文化放送ニッポン放送RKBラジオHBCラジオ向け裏送りDAZN2019年まで)とJ SPORTS広島戦にも出演2017年までTBSラジオ解説者2008年からTBSテレビ・ラジオからの派遣扱いで、2015年解説復帰後は在京球団2018年以降は主にDeNA主催ゲームのTBSラジオからの裏送りや、TBSラジオ・ニッポン放送文化放送いずれかの協力によるRCC自社制作時に出演TBS兼任解説者については、ナイター原則としてJRN向けとなる月・火2010年以降土・日一部カードのみ)のみの出演となっていた(水 - 金テレビ中継JRN各局の裏送り中継出演)が、曜日毎のネットワーク区分が緩いナイターオフ編成時の開幕カード消化試合デーゲームでは一部例外があった。TBSラジオ野球中継から撤退した2018年は、事実上DeNA主催土・日ゲームのTBSラジオからの裏送りまたはTBSラジオ協力による自社制作と、交流戦での平日西武主催ニッポン放送協力による自社制作限定されるとなった。また土・日曜デーゲームRFラジオ日本協力による自社制作時は同局から解説者リポーター派遣されることがあるRCC制作中継には基本的に安仁屋・山崎・天谷登場するその他の解説者はRCCテレビ中継ある時など、解説者足りない時の出演する。また2019年は、裏送り中継での安仁屋の出演減少し2020年以降の裏送りは、山崎・天谷とビジター地元局(主に対中日戦でのCBCラジオ)の解説者のみが出演している。 最低限人数賄っているためか、ホームゲーム地上波テレビ中継での2人解説相当数あるCBCMBSRKBHBC異なり、テレビ・ラジオともに2人上で解説は、RCCによるイベント企画がテレビ・ラジオ番組および球場内で行われるオープン戦最終戦の『祭り』や、優勝決定試合テレビで新井貴浩やその他TBSおよび系列局解説者加藤伸一岩本勉など)が出演する時などで散発的に行われる程度である。現場復帰相次いで自社解説者2人となった年は、テレビ中継重なった場合中心に裏送りとなるライン解説者ビジター側の系列局からの派遣賄ったり、場合によっては裏送り分の制作自体ビジター系列局在京キー局委託することがあった。また、テレビ中継全国放送となった場合には、テレビ中継の方解説者TBSテレビからの派遣賄って対応する例もあり、この場合広島OB出演皆無となることもあった。

※この「不定期(ゲスト解説者)」の解説は、「RCCカープナイター」の解説の一部です。
「不定期(ゲスト解説者)」を含む「RCCカープナイター」の記事については、「RCCカープナイター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不定期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「不定期」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不定期」の関連用語

不定期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不定期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの定期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスッキリ (テレビ番組) (改訂履歴)、RCCカープナイター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS