光学機器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 機器 > 光学機器の意味・解説 

光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 14:00 UTC 版)

光学機器(こうがくきき、英語: optical equipment[1]optical instrument[2])とは、の作用や性質を利用した機器の総称である。レンズミラープリズムなどで構成され、光の直進や屈折反射干渉などを利用する器械で、視覚に絡んだものや計測機器のようなものが多い。


  1. ^ 文部省日本天文学会編『学術用語集 天文学編』日本学術振興会、1994年、増訂版。ISBN 4-8181-9404-2[リンク切れ]
  2. ^ 文部省、日本分光学会編『学術用語集 分光学編培風館、1999年、増訂版。ISBN 4-563-04567-5


「光学機器」の続きの解説一覧

光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:59 UTC 版)

カーボンナノチューブ」の記事における「光学機器」の解説

電場をかけると5員環から電子放出されるためFED平面蛍光管冷陰極管カソード陰極デバイスへの応用研究されている。また、X線の発生としての研究進められている。スーパーグロースCVD法用いて二層カーボンナノチューブディスプレイ用の電極基板上に直接成長させることによって均一な電子放出特性を示すこれによりFED一種であるカーボンナノチューブディスプレイへの応用期待されるナノチューブ繊維スーパーグロースCVD法用いてブラシ状に構造化する事で反射率0.045%という世界で最も優れた灰色体(黒い物質)を作り出す事ができる。この物質カーボンナノチューブ黒体呼ばれている。 ナノオーダー1次元物質故、原子間力顕微鏡探針やナノピンセットなどにも応用期待されるCNT探針用いた光ディスクのナノピット形状測定など将来の100GB以上のナノ光ディスクへの応用考えられている。

※この「光学機器」の解説は、「カーボンナノチューブ」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「カーボンナノチューブ」の記事については、「カーボンナノチューブ」の概要を参照ください。


光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 08:49 UTC 版)

フレネルレンズ」の記事における「光学機器」の解説

簡易な拡大鏡などに使用されるこの種のものは無色透明なプラスチックアクリル樹脂ポリスチレンポリカーボネートなど)を同心円状の溝を持つ薄板形成することにより、平板なカードの様形状ありながらレンズ役割を果たすようになっていることが多い。近年断面を非球面とすることで、同心円状の溝を目立たなく、像を明るくしている製品がある。 レフレックスカメラ一眼レフ二眼レフ)のファインダーにおいてフォーカシングスクリーンすりガラス面など)の付近に置かれるフィールドレンズとしても、厚さ重さ減らすためにフレネルレンズ用いられる事が多い。ただし、単純なフレネルレンズ用いられることは少なく通常同一面上に用途に合わせた他の光学部品形成した複雑なパターンを持っている。例えば、オートフォーカスでない一眼レフカメラ典型的なものでは、目視でのピント合わせ容易にするため、スクリーン中央に一対スプリットプリズムとそれを囲むマイクロプリズム面とが配置されそれ以外画面周辺部フレネルレンズとされるオートフォーカスの場合にはプリズム面が無い場合が多い。

※この「光学機器」の解説は、「フレネルレンズ」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「フレネルレンズ」の記事については、「フレネルレンズ」の概要を参照ください。


光学機器(Optics)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/13 04:34 UTC 版)

M14 DMR」の記事における「光学機器(Optics)」の解説

GG&G Armament Arizona社、もしくはSmith Enterprise製のMIL-STD-1913 ピカティニー・レール搭載し互換性のある光学機器を取り付けることができる。これによりスコープ画像装置搭載できる

※この「光学機器(Optics)」の解説は、「M14 DMR」の解説の一部です。
「光学機器(Optics)」を含む「M14 DMR」の記事については、「M14 DMR」の概要を参照ください。


光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:10 UTC 版)

興和」の記事における「光学機器」の解説

左:プロミナー観光用望遠鏡、右:てれぼーくん(秋田市タワーセリオン」にて) コーワ「プロミナー」現行製品で「プロミナー」ブランド使われているのはスポッティングスコープで、バードウォッチング世界では人気のブランドだが、以前はカメラレンズ映画上映レンズなどにも使われており、これらも高性能レンズ代名詞として高い評価得ていた。2014年2月マイクロフォーサーズシステム規格賛同し同年9月に「プロミナー」ブランドマイクロフォーサーズマウント対応単焦点レンズ発売眼底カメラ眼圧計など、眼科メガネ店用光学機器トプコンカール・ツァイスニコンとともによく使われている。深視力検査機「ビジョンテスター」は運転免許センターでも使われている。 LED照明機器 てれぼーくん(観光用テレビ望遠鏡かつて製造していた製品 カメラ詳細は「興和のカメラ製品一覧を参照 かつては一般向けカメラ製造しておりカロワイド、カロテレ、コーワSWコーワSET-R、コーワシックスなどカメラ愛好家からは今日でも評価の高いカメラ製造していた。 プラネタリウム興和前身である興服産業株式会社興和光器製作所がかつて興和プラネタリウムとして製造し1959年愛知県蒲郡市にあった三谷プラネタリウム1号機納品されている。2号機浜松市児童会館納品されたが、1986年閉館後浜松科学館移設展示されており、現存するのはこの1台のみである。製作されプラネタリウムはこの2台のみで、1号機1970年三谷プラネタリウム閉館後2号機部品取りとして使用された。 測距儀65式66cm測距儀として海上自衛隊各艦艇に採用されていた。

※この「光学機器」の解説は、「興和」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「興和」の記事については、「興和」の概要を参照ください。


光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:13 UTC 版)

京セラ」の記事における「光学機器」の解説

銀塩カメラデジタルカメラ京セラカメラ事業進出したきっかけは、長野県にあった株式会社ヤシカ経営破綻1975年会社更生法を申請)し、その後日商岩井太陽神戸銀行資金援助を受けて製造続けていたが、自力で再建困難な状況進んだことから1983年再建スポンサーとして京セラ名乗り出て、その年10月、「京セラ1:ヤシカ13」の比率により、京セラ吸収合併し、その中でヤシカ社が展開していた下記のブランド京セラブランド譲受を受けて展開していた。2005年事業撤退ヤシカその後香港企業ブランド名買い取り、現在も香港メーカーとして展開を続け日本にも輸入されている。 コンタックス京セラ(高級カメラブランド) ヤシカ海外向け低価格カメラブランド)

※この「光学機器」の解説は、「京セラ」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「京セラ」の記事については、「京セラ」の概要を参照ください。


光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/14 20:56 UTC 版)

NuSTAR」の記事における「光学機器」の解説

NuSTARは、133個ずつの同心殻で構成され2つの斜入射焦点光学機器を搭載するNuSTARの光学機器には、Pt/SiCとW/Siの多層コーティング施されこれにより反射性79 keVまで上がった。 光学機器は、ゴダード宇宙センター製造された。ゴダード宇宙センターでは、210μm曲がりやすいガラスシートオーブン熱し正確に磨いた円筒形水晶製の心棒適切な半径固定しデンマーク工科大学グループコーティング行ったその後コロンビア大学ネヴィス研究所で、グラファイトスペーサー用いてエポキシ樹脂とともにガラス固定することで殻を円錐形組み立てた合計で4680の鏡用いられ1枚ごとに5つスペーサー用いられた。エポキシ樹脂硬化24時間要するので、1つの殻の組立て1日要し1つの光学機器の組立てに4ヵ月要した。 鏡の期待される点広がり関数43秒であり、焦点面上に2mmのサイズとなる。これは、チャンドラによって達成されたより長い波長解像度よりも2桁低いが、硬X線としては例のないほどの良い解像度であった。 光学機器の焦点距離は10.15mであったため、長いマスト先端に取付けられた。光学機器と焦点面を常に正確な相対位置に保つためにレーザー測距装置用いられるこれによって露光最中に光学機器と焦点面位置関係がずれたとしても、検出され1つ1つ光子空の正確な位置マッピングすることができるようになった

※この「光学機器」の解説は、「NuSTAR」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「NuSTAR」の記事については、「NuSTAR」の概要を参照ください。


光学機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 15:02 UTC 版)

光学」の記事における「光学機器」の解説

詳細は「光学機器」を参照 望遠鏡光学顕微鏡カメラなどは光学機器の例。

※この「光学機器」の解説は、「光学」の解説の一部です。
「光学機器」を含む「光学」の記事については、「光学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「光学機器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「光学機器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



光学機器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光学機器」の関連用語

光学機器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



光学機器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光学機器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカーボンナノチューブ (改訂履歴)、フレネルレンズ (改訂履歴)、M14 DMR (改訂履歴)、興和 (改訂履歴)、京セラ (改訂履歴)、NuSTAR (改訂履歴)、光学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS